M&Aニュース

NTTデータ(9613)、シャープ(6753)組み込みソフトウエア開発子会社の一部株式を譲受け

NTTデータ(9613)は、シャープ(6753)の完全子会社であるシャープビジネスソリューション株式会社(千葉市、SBS社)が保有するシャープビジネスコンピュータソフトウェア株式会社(大阪市、SBC社)の株式の一部を譲り受けることについて合意した。
また併せてNTTデータとシャープは、SBC社の運営について提携することを決定した。
譲受け価額は2,445百万円。NTTデータによる議決権所有割合は80%となる。
SBC社は、本件後「株式会社 NTT データ SBC」(仮称)へと社名を変更する予定。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

SBC社は、シャープグループにおいて、スマートフォンやデジタル複合機向けなどの組込みソフトウェア開発やグループ向けの人材派遣事業などを行っている。

NTTデータは、組み込みソフトウエア開発を成長領域として捉え、グループ会社を中心に組み込みソフトウエア開発を軸としたビジネスに積極的に取り組んできた。

本件により、シャープは、NTTデータ社の有するIoT分野、車載ソフトウェア分野でのシステム構築力を活用してIoT関連事業の強化を図る。
NTTデータは、SBCの技術力やノウハウを活用したIoT事業等のデジタルビジネスについて、今後シャープグループと検討を進める。

●今後のスケジュール
株式譲渡日 平成29年1月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。