日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

電算システム(3630)、ワークスアプリケーションズの第三者割当増資引き受けおよび資本業務提携へ

電算システム(3630)は、株式会社ワークスアプリケーションズ(東京都港区)との間で、ワークスアプリケーションズの発行する株式を第三者割当増資により取得することについて基本合意書を締結した。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A


出資金額の目途は1億円。持分比率は1%未満となる予定。

ワークスアプリケーションズは、人事、会計、SCMなどの基幹業務ソフトウェア(ERPパッケージ)の開発・販売・サポートを提供している。2015年には世界初の人工知能(AI)を活用したクラウド型ERPパッケージをリリースするなど、同業界のリーディングカンパニー。
電算システムは、これまで、ワークスアプリケーションズの提供する大手企業向けERPパッケージの導入および運用において、同社とパートナーシップを組んで取り組んできた。

本件により、電算システムは、ワークスアプリケーションズとの相互連携を強化し、AIおよびクラウドサービスを活用した高品質のERPパッケージの提供を推進していく方針。

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。