日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

サントリー食品インターナショナル(2587)、グラクソ・スミスクライン ナイジェリア社の清涼飲料事業を譲受け

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587)は、グラクソ・スミスクライン ナイジェリア社(GlaxoSmithKline Consumer Nigeria Plc、以下「GSK ナイジェリア社」)の清涼飲料の事業基盤を譲受けることを決定した。譲受け価額は約70億円。

食品製造業界のM&A

サントリー食品は、2013年12月に英国GlaxoSmithKline plcから『Lucozade(ルコゼード)』『Ribena(ライビ-ナ)』の2飲料ブランドおよびその事業基盤を譲受けたが、ナイジェリアにおいては、サントリー食品インターナショナルとのライセンス契約に基づきGSK ナイジェリア社が同2ブランドの製造、販売を継続していた。

サントリー食品は、本件によりナイジェリアにおける2飲料ブランドの製造から販売を手掛け、ナイジェリアおよびアフリカ全体での事業強化を図る。

●今後のスケジュール
本件譲受け完了日 平成28年8月末

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。