レンゴー(3941)、重量物段ボール販売のトライウォール社を子会社化

レンゴー株式会社(3941)は、Tri-Wall Holdings Limited(英国領ケイマン諸島)の株式の100%を同社株主であるTri-Wall Asia Limited等より取得することを決定した。取得価額は約244億円。

紙・パルプ・紙加工品製造業界のM&A

レンゴーグループは、一般段ボールを中心に製紙、段ボール、紙器、重包装などの幅広い包装事業を展開している。

トライウォール社は、重量物段ボールの世界的なブランドである「Tri-Wall Pak®」、「Bi-Wall Pak®」等の商標権を有し、アジア、ヨーロッパの各国で事業を展開しているTri-Wallグループの持株会社。

レンゴーは、ビジネス領域が異なるトライウォール社を子会社化することにより、既存顧客への重量物段ボール製品の拡販、及びTri-Wallグループの顧客に一般段ボールなどのレンゴー製品販売など、製品ラインナップの拡充と段ボール事業の強化を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成28年10月31日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。