日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

フィスコ(3807)、暗号通貨為替API提供のテックビューロと資本業務提携

株式会社フィスコ(3807)は、テックビューロ株式会社(大阪市)との業務提携および、テックビューロが第三者割当増資により発行する、普通株式に転換可能なA種優先株式の一部を引き受けることについて決定した。
取得価額は149,850千円、所有割合は4.40%となる。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

フィスコは、フィスコ・コインの設立、運営を皮切りに、仮想通貨に関わるあらゆるサービスをB2B/B2C両面においてワンストップで提供する仮想通貨プラットフォーマーとなることを目指している。
テックビューロは、ビットコインなどの暗号通貨を取り扱う為替APIの提供やビットコイン取引所を運営している。

フィスコは、上場企業の顧客基盤を活用し、テックビューロと共同して企業向け仮想通貨導入支援サービス提供等のシナジーを見込む。

●今後のスケジュール
第三者割当増資払込日 平成28年5月31日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。