M&Aニュース

フィスコ(3807)傘下のSJI(2315)、海外のシステム開発事業会社保有の香港の中間持株会社の全株式譲渡

フィスコ(3807)傘下のSJI(2315)は、連結子会社であるSJ Asia Pacific Limited(SJAP)が100%保有する恒星信息(香港)有限公司(SJI-HK)の株式譲渡を決定した。
株式の譲渡価額は概算2百万円(フィー込)。加えてSJAPが保有するSJI-HKグループに対する債権約1,259百万円もゼロ価値として譲渡する。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

本件により、SJI-HKならびにその100%子会社である福建聯迪資訊科技有限公司(LDZX)および聯迪恒星電子科技(上海)有限公司(LDSH)はフィスコの連結子会社から除外される。

SJI-HKは、中間持株会社であり、既に売却済みである海外のシステム開発事業子会社などを所有していた。
LDZXはSJI-HKの子会社であり、かつて中国でソフト、ハード、ネット通信製品の技術開発、SI、IT関連コンサルタントなどを手掛けていたが、現在事業は行っていない。LDSHもまた、LDZX同様にSJI-HKの子会社であり、中国子会社の統括・管理を行っていたが、既に中国における事業子会社は売却済みであり、その役目を終えている。

本件により、SJIは、中国における事業子会社の整理を進める。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

CAICA(2315)、子会社eワラント証券、取引システム開発・運営のCryptionより事業譲渡

CAICA(2315)の子会社eワラント証券(東京都目黒区)は、株式会社Cryption(東京都港区)との間で、Cryptionの事業を譲り受けることを目的とした事業譲渡契約を締結した。Cryptionは、インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した各種情報提供サービス、情報収集サービス、広告・宣伝に関する業務及び代理業務、これらに附帯関連する一切の事業の譲渡する。CAICAは、情報サ

CAICA(2315)、子会社のアイスタディ(2345)がネクスグループ(6634)よりソフトウェア開発企業のイーフロンティアの株式取得、連結子会社化へ

株式会社CAICA(2315)の子会社アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社イーフロンティア(東京都港区)の株式の一部を株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は、80百万円。議決権所有割合は、99.9%となる。CAICAの子会社アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売など、企業および個人のスキルアップに貢

アイスタディ(2345)、フィスコ(3807)連結子会社の第三者割当増資を引き受け、資本業務提携

アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社フィスコ(3807)の連結子会社である株式会社フィスコ経済研究所(東京都港区)の第三者割当増資を引き受けることを決定した。アイスタディは、創業から21年eラーニング専業で、自己のスキルアップを効率的に行えるコンテンツ開発のノウハウから計200を超えるeラーニングコンテンツを法人、個人ともに提供している。また、iStudyAcademyでは、先端技術を習得

カイカ(2315)、システム開発子会社ネクス・ソリューションズの全株式を實業之日本社に譲渡

カイカ(2315)は、連結子会社である株式会社ネクス・ソリューションズ(東京都港区)の全株式を株式会社實業之日本社(大阪府岸和田市)に譲渡することを決定した。譲渡価額は650百万円。カイカグループは、ブロックチェーン関連のシステム開発や仮想通貨交換所システム開発などフィンテック分野への経営資源の集中を図っている。ネクス・ソリューションズは、西日本において地域の金融・流通・通信・製造業等の顧客からシ

フィスコ(3807)、ネクスグループの一部株式をデジタルアセットファンド及び實業之日本社へ譲渡

フィスコ(3807)は、保有する株式会社ネクスグループ(岩手県花巻市)の株式の一部を投資事業有限責任組合デジタルアセットファンド(東京都港区)及び株式会社實業之日本社(大阪府岸和田市)へ譲渡することを決定した。譲渡価額はデジタルアセットファンドに対しては579,531,000円、實業之日本社に対しては386,354,000円。ネクスグループへの議決権所有割合は48.51%から19.96%となり、ネ

カイカ(2315)、美術品登録サービス事業展開のレジストアートと資本業務提携

カイカ(2315)は、株式会社レジストアート(大阪府岸和田市)との間で、資本業務提携を行うことおよびレジストアートが実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。取得価額は37,575,000円。株式所有割合は18.4%となる。レジストアートは、ブロックチェーン上に芸術作品を登録し、会員向けに作品の検索・照合・販売サービスを行うプラットフォームのシステム構築に取り組んでいる。本件により、カイカ

カイカ(2315)、業務提携先のテリロジーの一部株式を取得

カイカ(2315)は、株式会社テリロジー(東京都千代田区)の株式の一部を株式会社シークエッジ・ジャパン・ホールディングス(大阪府岸和田市)より取得することを決定した。取得価額は275,854,200円、議決権所有割合は4.9%となる。カイカとテリロジーは、平成29年1月に業務提携契約し、ブロックチェーン技術を活用した、より高度なセキュリティ製品の共同開発および両社の顧客への提案活動の面で主に提携し

カイカ(2315)、eワラント3社の支配権取得へ

カイカ(2315)は、eワラント証券株式会社(東京都千代田区)、EWARRANTINTERNATIONALLTD.(ケイマン諸島、EWI)及びEWARRANTFUNDLTD.(ケイマン諸島、EWF)の株主との間で、eワラント証券、EWI及びEWFの3社(eワラント3社)の支配権の取得に関して独占交渉を開始することについて、基本合意書の締結を決定した。カイカは、現在、フィンテック関連ビジネスを戦略的

カイカ(2315)、アイスタディ(2345)と資本業務提携

カイカ(2315)は、ブイキューブ(3681)連結子会社であるアイスタディ(2345)との間で、資本業務提携を決定した。カイカはアイスタディ株式を既存株主のイーフロンティアから取得し、アイスタディに対する議決権所有割合は12.07%となる。取得価額は344,640,000円。本件に併せてアイスタディは、ネクスグループ(6634)連結子会社のイーフロンティアとの資本提携を解消する。カイカは、金融業を

フィスコ(3807)、仮想通貨投資を行うヴァルカン・クリプト・カレンシー・フィナンシャル・プロダクツを連結子会社化

フィスコ(3807)は、株式会社ヴァルカン・クリプト・カレンシー・フィナンシャル・プロダクツ(大阪府岸和田市、ヴァルカン)の発行済株式の一部を取得し連結子会社化することを決定した。取得価額は141百万円。所有割合は99.85%となる。ヴァルカンは、直近期において、仮想通貨に関する投資により収益を上げている。本件M&Aにより、フィスコは、グループのノウハウやリソースを相互に利用することにより、グルー

「クロスボーダー・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード