M&Aニュース

アエリア(3758)、株式交換によりリベル・エンタテインメントを子会社化

株式会社アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社リベル・エンタテインメントを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、両社間で株式交換契約を締結した。リベルの普通株式1株に対して、アエリアの株式4,161株を割当て交付する。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

リベルは、ソーシャルゲーム及びコンシューマーゲームの受託開発を行っている。
アエリアは、スマートフォン、タブレット等のモバイルコンテンツの開発事業ならびにオンラインゲームの配信・運営事業を行っている。
本件リベルとの企画、開発、運営における資源の相互活用により、両社の強みを生かした新しいゲームの制作、成長が見込まれる海外市場や新しいゲームプラットフォームを見据えた事業展開を行うことで、さらなる成長の実現を目指す。

●今後のスケジュール
株式交換の予定日(効力発生日) 平成27年6月1日

この記事に関連するタグ

「株式交換」に関連するM&Aニュース

アエリア(3758)、不動産プラットフォームを展開しているインベストオンラインを子会社化

アエリア(3758)は、株式会社インベストオンライン(東京都新宿区)の一部株式を連結子会社である株式会社アエリア投資弐号(東京都港区)を通じて取得し、インベストオンラインを連結子会社とすることを決定した。議決権所有割合は80.0%となる。取得価額は600百万円。アエリアグループは、コア事業と位置付けるITサービス事業について安定した収益基盤をもち、コンテンツ事業においても、スマートフォン・タブレッ

アエリア(3758)、株式交換によりキャラクターコンテンツ企画・販売のGG7を完全子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社GG7(東京都渋谷区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。アエリアグループは、ITサービス事業を主軸に、モバイルコンテンツの開発事業及び配信・運営を手掛けるコンテンツ事業を展開している。GG7は、主にアニメやゲーム等のキャラクターコンテンツに関する商品の企画・製作を行い、自社が運営する店

アエリア(3758)、モバイルゲーム配信のゼノバースを子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社ゼノバース(東京都港区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。ゼノバースは、MAJORLTD.(タークス・カイコス諸島)グループのゲーム事業の事業譲受を目的とし、アエリアの元取締役が代表取締役となり外部協力者を中心とした投資家等による事業譲受に係る資本提供を基に設立された日本国内の法人。M

アエリア(3758)、ソーシャルゲームアプリ企画・開発のエイタロウソフトを株式交換により完全子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社エイタロウソフト(東京都港区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。エイタロウソフト普通株式1株に対して、アエリア株式1.22株を割当て交付する。アエリアグループは、ITサービス事業を主軸に、モバイルコンテンツの開発事業及び配信・運営を行うコンテンツ事業を展開している。エイタロウソフトは、

アエリア(3758)、不動産販売事業展開のImpressionを株式交換により完全子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社Impression(東京都品川区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。アエリアグループは、主力事業であるITサービス事業を軸に、コンテンツ事業においてスマートフォン・タブレット等のモバイルコンテンツの開発事業及び配信・運営事業を展開している。Impressionは、投資用不動産の販売を

アエリア(3758)、オンラインゲーム企画・開発のサクラゲートを株式交換により完全子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社サクラゲート(東京都豊島区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。サクラゲート普通株式1株に対して、アエリア株式53株を割当て交付する。アエリアグループは、主力事業であるITサービス事業を軸に、コンテンツ事業においてスマートフォン・タブレット等のモバイルコンテンツの開発事業及び配信・運営事

アエリア(3758)、ソーシャルゲームアプリ開発会社のグッドビジョンを株式交換により完全子会社化

アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社グッドビジョン(東京都中央区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。グッドビジョン普通株式1株に対して、アエリア株式48株を割当て交付する。アエリアグループは、主力事業であるITサービス事業を軸に、コンテンツ事業においてスマートフォン・タブレット等のモバイルコンテンツの開発事業及び配信・運

アエリア(3758)、株式交換により女性向けコンテンツ事業のアスガルドを完全子会社化

株式会社アエリア(3758)は、アエリアを株式交換完全親会社、株式会社アスガルド(東京都千代田区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定した。アスガルドの普通株式1株に対して、アエリアの株式854.038株を割当て交付する。アエリアは、スマートフォン、タブレット等のモバイルコンテンツの開発事業並びに、MMORPGなどのオンラインゲームの配信・運営事業を行っている。アスガルドは、「hon

「株式交換」に関連するコラム

買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

M&A全般
日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

中堅中小企業M&Aにおける株式交換スキームの活用状況日本M&Aセンターでは、上場企業が買い手となるM&A案件の成約を数多く支援している。そのうち株式交換スキームを用いたのは、2013年度で4件、その以前3年間で1件であったことを考えれば、株式交換スキームがここにきて注目を浴びてきていることがわかる。成約には至らなかったが、交渉過程で株式交換スキームを検討するケースは数多い。この背景には、やはり金庫

企業買収における金庫株の戦略的活用

M&A全般
企業買収における金庫株の戦略的活用

2001年に本格的に金庫株が解禁されて以来およそ13年が経過。積極的な事業投資の方向性が定まらない企業では、持ち合い解消の受け皿、自社株の買い支え、株主還元施策の一環といった、“余剰”キャッシュの消極的な活用方法の一つとしてこの制度が利用されてきた。一方で、アベノミクスの効果等による株式市場の活性化もあって、いまや様々な経緯で積みあがった金庫株は全体で16兆円と、上場株式の時価総額430兆円と比較

M&Aにおける株式交換活用のメリットと法的規制のポイント

M&A法務
M&Aにおける株式交換活用のメリットと法的規制のポイント

株式交換の仕組み株式交換とは、既存の会社間において100%親子関係を構築する組織再編手法であり、100%子会社(完全子会社)となる会社の発行済株式の全部を100%親会社(完全親会社)となる会社に取得させる行為をいう。すなわち、株式交換により、完全子会社となる会社の株主が有する全ての株式が完全親会社となる会社に移転し、それと引換えに、当該株主には完全親会社となる会社の株式等の財産が交付されることにな

株式交換を利用したM&A事例~コムシスHD

M&A全般
株式交換を利用したM&A事例~コムシスHD

コムシスHDの概要コムシスホールディングス株式会社(コムシスHD)は、日本最大の電気通信工事会社である。戦後、日本のライフライン構築が急務となり、全国を網羅する電気通信工事会社の設立が必要となった。そこで当時の経済界を代表するリーダー達が発起人となり設立されたのがコムシスHDである(日本通信建設株式会社として発足)。1951年、日本初の通信事業者である日本電信電話公社(現NTTグループ)設立の1年

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード