M&A用語集

吸収合併

読み
きゅうしゅうがっぺい
英語
Absorption-type Merger

吸収合併とは、合併の種類で、一方の法人格のみを残し、他方の法人格を消滅のうえ、合併により消滅する会社の権利義務の全部を、合併後存続する会社に承継させる手法。

このほかに、すべての法人格を消滅させ、合併により設立する会社に承継させる新設合併があるが、実務上はほとんど吸収合併が選択されている。

「吸収合併」の関連用語

「吸収合併」の関連コラム

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

令和3年3月1日に施工された「会社法の一部を改正する法律案」で新たに創設された株式交付制度は、令和3年税制大綱によれば株式を対価とするM&Aを促進することを目的としています。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いやM&Aで活用する場合のメリットや注意すべき点などについて、最新の情報を詳しく解説していきます。株式交付とは?株式交付は、会社法では「株式会社が他の株式会

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場合の取り

「吸収合併」に関連する学ぶコンテンツ

「吸収合併」の関連M&Aニュース

システムサポートの子会社アクロスソリューションズ、ブロックを合併へ

株式会社システムサポート(4396)は、連結子会社である株式会社アクロスソリューションズ(石川県金沢市)が、孫会社である株式会社ブロック(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。アクロスソリューションズを存続会社とする吸収合併方式で、ブロックは解散する。システムサポートは、ITに特化した専門家集団として、顧客企業の情報システムの企画や構築、運用のサポートを行っている。アクロスソリューションズ

きもの卸売の堀田丸正、和装小物卸売の子会社吉利を吸収合併へ

堀田丸正株式会社(8105)は、連結子会社である株式会社吉利(東京都中央区)を吸収合併することを決定した。堀田丸正を存続会社、吉利を消滅会社とする吸収合併方式。堀田丸正は、和装品、宝飾品、洋装品、寝装品及び意匠撚糸等の卸売販売を行っている。百貨店・専門店を中心にきものの卸売を展開している。吉利は、和装小物卸売販売を行っている。量販店・専門店を中心に和装小物の卸売を展開している。本件により、堀田丸正

トライト、⼈材事業を行う子会社トライトキャリアとウェルクス間にて経営統合

株式会社トライト(大阪府大阪市)は、完全子会社である株式会社トライトキャリア(大阪府大阪市)と株式会社ウェルクス(東京都台東区)を吸収合併することを決定した。トライトキャリアを存続会社とする吸収合併方式。トライトは、⼈材紹介・派遣サービス事業各社を統括している。トライトキャリアは、医療・福祉業界への⼈材紹介・派遣サービスを行っている。ウェルクスは、保育士、幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っ

プロルート丸光、紳士服小売を行う連結子会社サンマールを吸収合併へ

株式会社プロルート丸光(8256)は、連結子会社である株式会社サンマール(大阪市中央区)を吸収合併することを決定した。プロルート丸光を存続会社とする吸収合併方式で、サンマールは解散する。プロルート丸光は、各種衣料品、寝具・インテリア、服飾雑貨等の卸売り販売を行っている。サンマールは、「ケントハウス」ブランドを中心とした紳士服小売を行っている。本件により、プロルート丸光は、経営資源の集約と効率的な組

会員・保険サービスを展開するジャパンベストレスキューシステム、連結子会社2社を吸収合併へ

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(2453)は、連結子会社である株式会社アクトコール(東京都新宿区)および株式会社TSUNAGU(東京都新宿区)の吸収合併を決定した。ジャパンベストレスキューシステムを存続会社とし、アクトコールおよびTSUNAGUを消滅会社とする吸収合併。アクトコールおよびTSUNAGUは解散する。ジャパンベストレスキューシステムは、駆けつけ事業・会員事業・保険事業・リペア

大王製紙、連結子会社間で合併

大王製紙株式会社(3880)は、流通関連子会社である大王紙パルプ販売株式会社(東京都中央区)とエリエールビジネスサポート株式会社(東京都豊島区)の合併を決定した。大王紙パルプ販売を存続会社、エリエールビジネスサポートを消滅会社とする吸収合併方式。大王製紙グループは、紙・板紙製品および家庭紙製品の製造販売を主な事業内容とし、これに関連する原材料の調達、物流およびその他の事業活動を展開している。大王紙