コラム

【徹底解説】東京プロマーケット上場企業の実例が満載の新書籍を発売

雨森 良治

プロフィール

雨森良治

株式会社日本M&Aセンター 上席執行役員 成長戦略事業部長/ 株式会社ネクストナビ 代表取締役社長

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

「東京プロマーケット」上場のリアルがわかるケーススタディがまとめられています。日本経済新聞出版から2023年11月8日に書籍「今こそ『東京プロマーケット上場』 ~売上10億円を超えたら取り組む中小企業の新・成長戦略~」が出版されました。日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部にとって、2年半ぶりの新作で多くの上場企業の実例が盛り込まれています。著者の日本M&Aセンター上席執行役員で成長戦略事業部長の雨森良治さんに書籍に込めた想いを伺いました。

著者雨森

東京プロマーケット(TOKYO PRO Market)は東京証券取引所が運営するプロ投資家向けの市場で、ほかの市場とは異なり機動性と柔軟性が高い上場制度が魅力です。近年、全国の中小企業が相次いで上場しており注目度No.1の株式市場です。2023年11月末時点で84社が上場しており、日本M&Aセンターは上場を支援するJ-Adviserとしてこれまで20社以上を上場に導いています。

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部にとって、2年半ぶりの新作になりますね。

1 冊目は世の中に東京プロマーケットを解説する本がなかったため市場の入門書的な立ち位置でしたが、2冊目の本作では、実際に東京プロマーケット上場で成長する企業の実例を取り入れ、企業の上場への歩みや上場後の様子など臨場感溢れる仕上がりとなっております。当社とお付き合いのある上場会社を中心に5社をピックアップ、いずれも東京以外の企業で、当社が進める地方創生のカタチを体現している日本M&Aセンターらしい一冊になりました。

2019年に当社が東京プロマーケット上場支援に参入してから、東京プロマーケットの認知度は飛躍的に上昇しました。以前より、実際に上場した会社の経営者に上場効果や会社の変化・成長の様子を聞きたいという声を多くの方々から頂いておりました。そのご要望に応えるため、上場企業の社長の生の声を聞いてまとめた一冊で、企画から出版まで1 年を費やした自信作です。

書籍のポイントや工夫した点を教えてください。

東京プロマーケットの本でありながら、企業の成長戦略をテーマにしたことです。東京プロマーケット上場を果たすことで、買収戦略を連続して進めるもよし、売却戦略で上場会社やPEファンドと連携するもよし、ステップアップで一般市場へのIPOを果たすもよし、とまさにこの市場が成長戦略の起点になる点を強調しています。

実際に、2023年に東京プロマーケットでは、4社がステップアップして一般市場に鞍替えしました。プライム上場企業に好条件で買収された会社もありました。今後、企業にとって東京プロマーケットを含め上場しているか上場してないかで、取引上や人材採用上などに大きな差が出てくると考えています。そういうことも踏まえて、東京プロマーケット上場を成長戦略の一丁目一番地として紹介しています。

どんな方に読んでほしいですか。

東京プロマーケットでは上場にあたり数値基準がありません。基準がない分、企業にとって上場の目安が分かりにくい面もあったかもしれません。タイトルに「売上10億円を超えたら取り組む中小企業の新・成長戦略」と入れることで、あえて読者のターゲット層を絞っています。まずは、年商10億円を自力で超えよう、そこから見えてくる成長戦略があります。上場は間違いなくその後押しになるとのメッセージとなります。また将来M&Aによる売却を検討している経営者にも読んでいただきたいですね。また、東京プロマーケットの裾野を広げるためにも、新規上場を支援するIPOコンサルや士業の先生方などにも、チェックしてほしい一冊です。

東京プロマーケットは東証内で最もポテンシャルのある市場です。市場の拡大とともにこの市場に上場する企業がさらに成長することを願って、これからも伴走を続けていきます。税抜き1,500円、全168ページ。

プロフィール

雨森 良治

雨森あめもり 良治よしはる

株式会社日本M&Aセンター 上席執行役員 成長戦略事業部長/ 株式会社ネクストナビ 代表取締役社長

西日本を中心に13年間M&Aを通じた事業承継の支援を行ってきた西日本を代表するM&Aプレーヤー。100件を超えるM&A成約実績を有する中で特に買い手企業のアドバイザーを務めるうちに、企業の成長戦略についてM&Aに続く支援ツールが必要であることを痛感。米国公認会計士(USCPA)ホルダーでもあることから非証券会社でも出来る上場支援を模索していたところ東証の新しい株式市場であるTOKYO PRO Marketに出会う。2019年7月に当社がJ-Adviser資格取得、2020年よりTPM上場推進の統括責任者として、全国の中小企業や会計事務所、金融機関向けにTPM上場啓蒙活動から上場準備支援活動に至るまで精力的にこなしている。現状50社程度の上場企業数だが、2030年には現マザーズ市場を上回る1,000社上場している成長市場に育てるべく様々なプロモーションを実施中。2023年4月より現職。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・経営資源」に関連するコラム

現地法人とは?海外支店や駐在員事務所との違い、メリットやデメリットを解説

経営・ビジネス
現地法人とは?海外支店や駐在員事務所との違い、メリットやデメリットを解説

少子高齢化に伴う人口減少が進み、国内市場は徐々に縮小しつつあります。この傾向は長期的に続くと考えられており、残念ながらいまだ有効な対策は打ち出せていません。こうした中、海外に新たな市場を求め進出する企業は増えています。ASEANをはじめ、近隣諸国には成長著しい市場が多く、この市場に事業拡大の活路を見出すためです。新たな販路を求めて海外進出を行う際に考えなければいけないのが、どのような形態でビジネス

【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

広報室だより
【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

「世界一のエンタメ企業」をビジョンに掲げ躍進を続けるGENDA。推進力の中心にM&A戦略があります。その狙いとは?日本M&Aセンターが発刊する広報誌「MAVITA」Vol.3で掲載した、M&Aを戦略の柱に躍進を続けるエンターテイメント企業GENDAの申真衣社長と、サーチファンドの仕組みを利用して経営者となり、事業承継後2年目にして売上高を2倍に伸ばしGENDAにグループインしたアレスカンパニーの大

著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

広報室だより
著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

日本M&Aセンターは、書籍『社長の決断から始まる企業の最高戦略M&A』を東洋経済新報社より発売しました。著者の柴田彰さんに、発刊の経緯と本書に込めた想いを聞きました。M&Aしかないとわかっていても、踏み出せない理由――本書は、経営者が押さえておくべき経営戦略の一つとして、M&Aの特に「譲渡」に特化した書籍です。なぜこのテーマで本を出そうと思われたのですか。日本には二つの大きな課題があります。一つ目

事業拡大とは?方法やメリット・デメリット、企業事例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
事業拡大とは?方法やメリット・デメリット、企業事例をわかりやすく解説

市場環境の変化に柔軟に対応し、事業拡大を計画・実行に移すことが、これからの企業経営に求められています。本記事では、事業拡大の方法やメリットやデメリット、成功するためのポイントを紹介します。事業拡大とは?事業拡大は、企業が市場や業界で成長するために行う戦略の一つです。これは、売上や利益を増やすために、新たな市場や顧客層に進出したり、既存の製品やサービスを拡大したりすることを意味します。事業拡大の方法

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

広報室だより
【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

日本M&Aセンターと全国の会計事務所で構成される日本M&A協会は2023年10月27日から29日に、「宮古島オータムツアー2023」を沖縄県の宮古島で開催しました。2022年に日本M&Aセンターにおいて顧問先をM&A成約に導いた全国の58事務所から計79人が参加。オータムツアーは成約事務所カンファレンスや懇親会、大自然を満喫する観光ツアーやゴルフコンペなど充実したプログラムが準備され、参加者はリゾ

「成長戦略・経営資源」に関連するM&Aニュース