コラム

15万超の集客 日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

日本M&Aセンターのノウハウやナレッジの全てを伝える創業30周年記念オンラインイベント「M&Aカンファレンス2021」が2021年11月5日に都内のホテルで開催されました。

日本経済の再興のために欠かせないM&Aと当社への注目度の高さを反映して、カンファレンスには15万件を超える申込総数があり、web配信だからこそできる一大イベントとなりました。

豪華財界人をお招きした全43セッションの講演は経営者やM&Aに関心を持つ全てのビジネスパーソンの期待に応える内容で、ウィズコロナ時代に対応した新しいオンラインイベントの可能性を示しました。

ニトリホールディングス 似鳥昭雄代表取締役会長による基調講演

基調講演

カンファレンスは34期連続で増収増益を達成し、M&Aによってホームセンター事業にも乗り出したニトリホールディングスの似鳥昭雄代表取締役会長による基調講演「ニトリの働き方」で幕開けしました。

インテリア業界で日本一となったニトリホールディングスは現在、世界一を目指して、多分野に進出し、ホームセンター事業やアパレル業界でも新風を吹かせています。プロ経営者としての地位を確立した似鳥会長本人から創業秘話と成長の要因、M&A戦略などを存分に語っていただきました。

ニトリホールディングス 似鳥昭雄代表取締役会長

日本型ブリッツスケール -日本M&Aセンター成長の軌跡-

日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓は、創業30年で時価総額1兆円2,000億円を突破した日本M&Aセンターの爆発的な成長(ブリッツスケール)を解説。ピー・アンド・イー・ディレクションズの島田直樹代表取締役との対談形式で、2006年の上場から続く急激な成長曲線の歩みを紹介し、11期連続で増収増益を果たした経営手腕を全国の経営者に向けて情報発信しました。

日本型ブリッツスケール -日本M&Aセンター成長の軌跡-

起業のススメ -起業のチャンスは誰にもある-

日本M&Aセンターの創業者で代表取締役会長の分林保弘は「起業のススメ~企業のチャンスは誰にもある」と題して、日本M&Aセンターを創業した経緯を紹介。自身が40代後半で創業した体験談から、誰でも起業するチャンスをあることを強調し、企業が成長するために必要な「収益性・安定性・成長性・社会性」が求められることを説きました。

起業のススメ -起業のチャンスは誰にもある-

テーマ別40講演

M&Aで成長する製造、IT、食品、物流など各業界の経営者も登壇し、カンファレンスに華を添えました。コンサルタントとのセッションではそれぞれ成長戦略型のM&Aの重要性を語り、事業承継型M&Aと並ぶ経営戦略としてM&Aの可能性を語っていだきました。M&A業界を知るためのセッションも企画され、今後のM&A業界の行く末も議論していただきました。

世界一のM&A総合企業を目指して

カンファレンスは日本M&Aセンターの創業30周年を記念して開催しました。2021年度を第2創業期と位置付ける当社は世界一のM&A総合企業を目指して、10月にはホールディングス化に移行しました。

後半の第二部では、今後10年、20年後を見据えた成長モデルを示すため次世代の経営を担う取締役ら7人がビジョン発表を行い、大手証券会社や地方金融機関など提携先とのさらなる関係強化と発展を願い、新たなステージでの再スタートを切りました。

この記事に関連するタグ

「日本M&Aセンター」に関連するコラム

【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

広報室だより
【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

15万人超を集客した「M&Aカンファレンス2021」において、日本M&Aセンター創業者で、現代表取締役会長の分林保弘が「起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある」と題して講演しました。1991年に中小企業の事業承継問題という社会課題にいち早く反応して、40代後半で脱サラして起業した経験と上場に導いた経営哲学を紹介し、「失敗を恐れず思い切って起業して、上場を目指してほしい」と語りました。社会問題や課

M&A成約件数がギネス世界記録に認定

広報室だより
M&A成約件数がギネス世界記録に認定

日本M&Aセンターが手掛けた2020年のM&A成約件数の783件がギネスワールドレコーズのギネス世界記録(TM)に認定されました。ギネスワールドレコーズ社によると、M&A関連の世界記録は初めてとなり、創業30周年を迎え、M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターの取り組みが世界に認められました。2021年10月13日に日本M&Aセンター本社で認定式が行われました。世界初と世

【お客様と従業員の健康を守る】日本M&Aセンターのコロナ感染症予防対策

広報室だより
【お客様と従業員の健康を守る】日本M&Aセンターのコロナ感染症予防対策

日本M&Aセンターは新型コロナウイルス感染症からお客様と従業員の健康を守るため、会社独自の衛生基準「MASAFETYCOMMITMENT(エムエーセーフティーコミットメント)」を定め、社内の感染予防対策を強化しました。コロナ禍で新様式を模索2020年春、国内でも一気に自粛ムードが広がった頃。日本M&Aセンターではお客様とのリモート面談の導入や地方サテライトオフィス開設など、いち早く感染症予防対策と

日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

広報室だより
日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

企業の社会的責任がより求められるなか、ESGへの取り組みが世界的にも進展しています。機関投資家が投資先を選ぶ上で、企業の財務情報だけではなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みなど非財務情報の重要性が年々高まっています。ESGインテグレーション(統合型)投資がトレンドとなっている昨今、2021年6月、うれしいニュースが舞い込んできました。ESGのグローバル基準を満たす日本企業を対象にした

国際女性デー(IWD)2021 「Ask Anna & Minako」 オンライン座談会開催レポート

広報室だより
国際女性デー(IWD)2021 「Ask Anna & Minako」 オンライン座談会開催レポート

2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された持続可能な開発目標(SDGs:SustainableDevelopmentGoals)。SDGsは、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。発展途上国、先進国に関わらず世界各国が取り組んでおり、日本でもSDGsの取り組みが官民に関わらず重要視され、積極的に推進されています。日本M&

テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

広報室だより
テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

2021年3月13日放映のテレビ埼玉「埼玉ビジネスウオッチ」で、当社と提携している武蔵野銀行の長堀頭取と当社代表三宅が対談の様子が紹介されました!撮影は、2021年2月にオープンした当社21階のオフィスにて行われました。番組では、埼玉県の事業承継やM&Aの現状、武蔵野銀行と当社との協業について語られました。今回は、当日三宅からお伝えした内容を中心に抜粋してご紹介いたします。深刻化する中小企業の「事

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース