コラム

【サーチャーに聞く】サーチファンド・ジャパンのサーチャー第一号 大屋 貴司氏

広報室だより

⽬次

[表示]

アメリカで1980年代に誕生したサーチファンドが日本でも黎明期を迎えています。日本M&Aセンターと日本政策投資銀行、キャリアインキュベーションが出資して2020年にサーチファンド・ジャパンが設立されました。サーチファンドとは、経営者を志す人材(サーチャー)と後継者不足に悩む企業をファンドがつなぐ第三者承継の新しい形です。起業と出世以外の第三の経営者へのステップとなり、後継者不在のオーナー社長にとっては“後継者の顔が見える”事業承継として期待されています。2021年5月からサーチファンド・ジャパン初の専任サーチャーとなった大屋貴司氏にお話を伺いました。

写真:大屋貴司氏

経営者と企業との出会いがモチベーション

サーチャーとして全国のオーナー社長との面談や企業探しの日々を送っている大屋氏。約半年間の活動期間を振り返り、「経営者を目指している多くの人々から興味を持ってもらえています。継ぎたいニーズは確実にあります」と語ります。ただ一方で、「オーナー社長さんからは『サーチファンドって何ですか』と質問され、認知獲得のため仕組みを繰り返し説明している状況です。ただ何よりオーナー社長さんとお会いできる機会が大変ありがたいと感じています」と手ごたえと課題を分析します。これまでの活動では最終合意には至らなかったものの、事業承継に向けた交渉も経験し、「オーナー様の第一候補にはならなくても複数の選択肢のうちに入れてもらえたことは次につながります」と、一歩ずつ着実に進んでいます。

日本でサーチファンドを広めるために

大屋氏は事業会社やコンサルティング会社、広告会社で多様なキャリアを歩んできました。
機械部品メーカーでは営業や商品開発、海外拠点の立ち上げなどビジネス全般の実務を経験し、コンサルティング会社では経営幹部として出向し、外食チェーンや運送会社で業績改善の成功体験を積み重ねてきました。その中で、「全国には素晴らしい中小企業がたくさんあり、それぞれの地域で経済と雇用を支えています。自分も今までの経験を活かして、経営者としてもっと踏み込んで貢献していきたい」と、新しいサーチャーとして挑戦を決断しました。単なる個人の自己実現だけではなく、「日本にサーチファンドを根付かせるためにも私が実績を残すことが重要だと考えています」と、高い使命感がサーチャー活動の原動力になっています。

現場第一主義で企業を成長に導く

ビジネスパーソンとして常に現場、現物、現実を直視する経営手法の「三現主義」を心掛けてきたという大屋氏。年商80億円の中堅外食チェーンに経営幹部として出向した際には、店舗内のオペレーション改善に取り組み、マーケティングで新たなターゲット層にアプローチするといった取り組みを進めました。その結果、企業は赤字体質から脱却し、最高益を出すなど業績は回復しました。「会議室にこもって考えることよりも、現場を見て回って仲間と手足を動かすことを大切にしてきました」と強調します。サーチファンド・ジャパンの公募で数百人のサーチャー候補から選ばれた実績と人柄のほか、新しいサーチャーという職業を日本に広めるようとする熱い思いも持ち合わせています。「今までのキャリアで培ってきた経験を活かせて、さらなる成長の可能性を秘めた企業と一緒に成長していきたいです」と大屋氏。後継者不足に悩む経営者に向けて「第三者承継をお考えで、お目当ての候補が現れていない経営者の方に是非ともお声掛けいただきたいです。顔の見える関係を築き、安心して後継者に選んでもらえる提案活動をしていきます」と、これからも全国を奔走します。

プロフィール

大屋貴司(おおや・たかし)

大屋おおや 貴司たかし

サーチファンド・ジャパン

1976年生まれ、山梨県出身。東京大学卒業。大手広告会社を経て、機械部品メーカーとコンサルティング会社で勤務。外食チェーンと運送会社の経営に参画し、業績回復に尽力。2021年5月からサーチファンド・ジャパンの専任サーチャーとして活動中。

サーチファンド・ジャパン

この記事に関連するタグ

「ファンド」に関連するコラム

当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

M&A全般
当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

日本M&Aセンターは、PE(プライベート・エクイティ)ファンドとのM&A仲介の専門家集団として2014年にファンド部を起ち上げました。PEファンドとのM&Aにおいては国内随一の実績を持つファンド部が今回、当社初のファンド関連書籍『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』を発売しました。著者代表としてファンド部部長の能登雄太、宮森智基、萩原駿也に読みどころを聞きしました。(写真左から、宮森

【第4回】日本におけるサーチファンドの現状と展望#4 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

M&A全般
【第4回】日本におけるサーチファンドの現状と展望#4 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

アメリカでは30年以上の歴史と、300件以上の実績のあるサーチファンド。日本でも注目が高まりつつあるが、未だ例が少ない。日本においてサーチファンドは浸透するのだろうか?そのためには何が必要なのだろうか?日本経済への解決策としてのサーチファンドまず、日本経済を取り巻く課題に対してサーチファンドが解決策となりうる余地は大きく、日本とサーチファンドの相性は非常に良いと思う。中小企業庁によると、2025年

【第3回】サーチファンドのM&Aで花開く中小企業#3 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

M&A全般
【第3回】サーチファンドのM&Aで花開く中小企業#3 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

「自分の会社は優秀なサーチャーに魅力的に映るのだろうか?事業承継を検討してもらえるのだろうか?」(中小企業オーナー視点)「M&Aを目指すとして、どんな企業の経営者を目指せるのだろうか?」(サーチャー視点)ファンドであっても事業会社であっても、M&Aを検討する時には当然、業界・地域・規模などの投資基準やターゲットがある。サーチファンドがM&Aの対象とする/できる投資ターゲットはどのような企業なのだろ

【第2回】サーチャーはどんな人?成功の条件#2 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

M&A全般
【第2回】サーチャーはどんな人?成功の条件#2 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

「サーチファンドをやるには、どんな経験やスキルが必要ですか?」私への相談でよく聞かれる質問の一つである。アメリカのサーチャーのバックグラウンドアメリカのサーチファンドに関する調査によると、黎明期から現在に至るまで、サーチャーの約8割がビジネススクール卒業生で、年齢的には30歳台が中心である。またサーチャーのバックグランドとしては、2002年以前のサーチファンドでは、コンサルティングファームや投資銀

【第1回】サーチファンドとは#1 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

M&A全般
【第1回】サーチファンドとは#1 個人が主役のM&A「サーチファンド」という新しい事業承継の形

サーチファンド(SearchFund)という言葉をご存じだろうか?サーチファンドとは、個人版M&Aファンドとも呼ばれる企業投資の仕組みの一つ。一般的なM&Aファンドでは、実績のある運用会社が投資家からまとまった資金(通常、少なくとも数十億円以上)を預かったのち、複数の企業にM&A投資を行う。一方サーチファンドでは、活動を行う主役は個人だ。経営者を目指す優秀な個人が、有望なM&A候補企業を探す(=サ

「それでも、あいつに任せたいんだ・・・」継がせたい社長の切なる想い

事業承継
「それでも、あいつに任せたいんだ・・・」継がせたい社長の切なる想い

数か月前、ある製造業のオーナー社長にお会いしてきました。最近は日に日に寒くなってきていますが、まだその頃は夏真っ盛りで、連日真夏日を記録していました。面談のきっかけになったのは、社長からの1本の電話でした。「やっぱり、これからもう一度、自分の手でモノをつくりたい。前にも伝えたとおり、自分には子供がいない。だから、後は専務に任せたいと考えている。でも、専務はまだ若い。着手した第3工場の建設も彼だけで

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース