コラム

親任せにしていませんか? ~継ぐ側こそ、知識が必要~

事業承継

⽬次

[表示]

先日、ある3姉妹にお会いしてきました。 「本当にうちは、女系なんです。」 そう笑っておっしゃったのは、社長を務めているご次女でした。 「曽祖父が創業して、娘婿である父が継ぎ、私は3代目です。」 お父様が倒れられたとき、お姉様はすでに海外で仕事をされていたので、ご次女である社長が跡を継いだそうです。 「幸い、いまのところ事業は順調にいっているんです。」 「でも、ちょっと恥ずかしい話でもあるんですけど、家族内でちょっと問題があって・・・。」 最初は遠慮がちでしたが、こちらからいろいろ質問すると、問題が明らかになってきました。 ・お父様は数年前に他界 ・会長にはお母様が残っている ・株式の半分は3姉妹が持っているが、残りの半分はお母様が所有 ・そのお母様に認知症の予兆が見え始めた 「このまま会社を継ぐにしても、誰かに任せるにしても、母の株式は早めにどうにかしなければ、と思っているんですが、株価とか、それにかかる税金とか、全然分からなくて。」 「私達、どうしたらいいんでしょう・・・。」

経営は順調だが、株式の相続対策は…?

継ぐ側だからこそ、考えなければならない

3姉妹は40代、お母様は70代。 いまの日本に一番多い世代ではないでしょうか。 人生100年と言われていますが、健康寿命を考えると、相続や事業承継を本気で考えなければならない世代です。 でも、それを親任せにしている方が多いような気がします。 しかし、それでいいのでしょうか? きちんと準備しておかなかったときに困るのは、“継ぐ側”のほうです。 当社のセミナーや勉強会にいらっしゃるのは、親世代の方々がほとんどです。 でも、私は、“継ぐ側”の方々にもっと勉強してもらいたい、もっときちんと対策してもらいたい、と思っています。 なぜなら、困るのは“継ぐ側”だからです。

知っておくべき知識とは

会社を継ぐ場合でも継がない場合でも、相続は必ず発生します。 継ぐ場合には株式を相続することになります。 継がない場合には、株式を誰かに譲渡して結果として、現金や不動産などを相続することになります。 相続には税金がかかります。生前に贈与した場合にも税金がかかります。 どのタイミングで、どういう資産を受け取るか、によって税金は変わってきます。 株価の算定方法も税金も、相続の場合と誰かに譲渡する場合とでは全く異なります。 税金を支払うのは、継ぐ側です。 だからこそ、「どう継ぐのがベストなのか?」を考えていただきたいのです。??

長坂が副社長を務める「事業承継ナビゲーター」について詳しくはこちら

著者

長坂 道広

長坂ながさか 道広みちひろ

株式会社事業承継ナビゲーター代表取締役副社長

創業期の日本M&Aセンターに入社。未上場企業のM&Aという日本で未開拓だった市場で25年間M&A仲介に携わる。 日本M&Aセンターの上場も経験するが、M&Aだけではなく、関係者が喜べるあらゆる承継手法を提供できるよう、2016年日本M&Aセンターと青山財産ネットワークスの協力により「株式会社事業承継ナビゲーター」を設立。代表取締役副社長就任。

この記事に関連するタグ

「事業承継・家族・親族内承継」に関連するコラム

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思いますが、その参考にしていた

事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

事業承継
事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

経営者を引退するとき、事業承継は一族全員の問題になります会社の将来を真剣に考える中で事業承継を考えている経営者の方がまず行うべきことは「将来についてできるだけ早く家族と話し合う」ことです。事業承継とはこれは幹部社員や顧問の弁護士、公認会計士・税理士、関わりのある金融機関などよりも優先すべきことだと私は思います。というのも、驚くべきことに、そもそも、子どもが事業を継ぎたいのか、継ぎたくないのか、親と

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

会社も家庭も、縁の下の力持ち。社長の“奥様”にとっての事業承継とは?

事業承継
会社も家庭も、縁の下の力持ち。社長の“奥様”にとっての事業承継とは?

結婚後、なんとなく家業を手伝うようになってから、いつの間にか深く携わることになってしまい早何十年・・・という中小社長の奥様は多いのではないでしょうか。家事や子育て、時には介護をしながら経営者である夫を支えるのは、並大抵のことではありません。そんな忙しい日々を過ごす社長の奥様が、ある日突然、社長から「会社の事業承継を考えている」と相談されたら・・・。会社は後継者がいれば必ず事業承継を成功させられると

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース