日本M&Aセンター

【2017年度版】日本M&Aセンターのマッチング実績

日本M&Aセンターがサポートさせていただく“最高のM&A”は、“お相手をつなぐ力”があってこそ。一言に“マッチング”と言っても、その幅は想像しづらいですよね。
お客様からの「具体的にどんなマッチングを行っているの?」という声について、実際に当社の成約実績を分析してみました。

譲渡企業の業種

グラフ_譲渡企業の業種

譲渡企業の業種に関して

  • サービス業が一番多く、34%を占めています。
  • 一番低いのは病院・医療関連サービス業ならびに調剤業で7%でした。

特定業種に偏りはなく、一番多いサービス業でも34%にとどまりました。
また、病院・医療関連サービス業ならびに調剤業については、専門知識が必要となるM&Aであることから、当社では別途専属チーム(病院医療/調剤)を編成してM&Aマッチングに取り組んでおります。
簡易企業評価シミュレーションをお試しいただいて「自分の会社はこの値段なのか」と一度思った方も、ぜひ当社の業種別専門チームに直接問い合わせてください。
業種別の蓄積されたノウハウを反映した価格をお伝えできます!

※業種は東京商工リサーチの3桁業種コード単位に基づいています。

日本M&Aセンターのマッチング実績

表_マッチング実績

マッチング実績を地域と業種で分析してみました。

  • 異業種マッチングの占める割合は約7割です。
  • 中小企業の場合、同業種で単なるコストダウンのためのM&Aは少なく、隣接業種・隣県などのシナジーが生まれる組み合わせがほとんどです。

当社はネットワークを駆使し、広域マッチングと同時に隣接業種マッチングも実現しています。
※地域は都道府県単位で集計しています。

最高のマッチングが最高のM&Aにつながる

当社は日本全国で事業展開するとともに、全ての案件に300名超のコンサルタントが「組み合わせの妙」を考え、最高のM&Aのためのマッチングを日々生み出しております。
「自分の会社を買いそうな相手は周りにいないから」という理由でM&Aをあきらめる前に、どうぞお気軽にお問い合わせください。

「まずは自社の値段を知りたい」方はこちら_簡易企業評価シミュレーション

※上記データは2017年度に成約した譲渡企業の情報をもとに集計したものです

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。