日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

コラム

本当の意味での事業承継サービスとは?

「“当社はM&Aで売却できる可能性がある”とわかったので、心置きなく経営も事業承継も検討できるようになりました」

これは私が開催している座談会でいただいたお客様からの言葉です。
このオーナー経営者は、座談会に参加する前までは、経営においても事業承継においても、いつもアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状況にあったそうです。
どちらにも振り切ることができず悶々としている状況では、事業承継の判断も遅くなっていきます。

この言葉こそ、本当にあるべき事業承継サービスの姿を表していると、気付かされました。

会社の成長と事業承継に係るコストを天秤にかけて悩んでいても・・・

この経営者様の状況をもう少し詳しくいうと、
・事業承継について、ご子息との明確な意思確認をしていない
・会社は子供に継がせたいが、断られるのが怖くて意思確認を先延ばしにしていた
・経営者として会社を成長させたいが、成長し続けることで事業承継のコスト負担が重くなるのではないかと気にかけていた
というものでした。

座談会を通じて“M&Aができる=会社は確実に承継できる”という事実に気付いたことで、この状況が打開されたそうです。

最後の座談会を終えた時、

「事業承継の可能性がわかったので、ブレーキを外して成長へのアクセルを全開で踏み切ることができるようになり、残りの経営者人生も楽しめるようになりました。
断られるのが怖くて、事業承継について話し合うことを避けてきてしまった息子とも、これからの成長ビジョンも含め会社の将来について話し合うことができました」

と笑顔で語ってくれました。


全ての道が見えるからこそ、心置きなく経営に邁進できる

事業承継の方向性の検討が、納得する事業承継につながる

これまでの事業承継に関する支援サービスは、事業承継の方向性が見えてきた後の実行支援に重きが置かれてきたように思います。

「そもそも、事業承継の全体像を知る機会はあったのか?」
「事業承継のすべての選択肢を自社に照らし合わせて検討する機会はあったのか?」
「事業承継後の経営者の新しい人生を考える機会はあったのか?」

など、事業承継の“方向性そのものを検討する”サービスはありませんでした。

しかし、前回もお伝えしたように、納得する事業承継のためには“事業承継のすべての選択肢を検討のテーブルに乗せる”ことが重要です。
そうして十分な納得感のもと、実行に移していくことがスムーズな事業承継につながります。

私たちは、長年M&Aに携わってきた経験をもとに、事業承継の方向性そのものを検討することに重きを置いたサービスを展開しています。
一人でも多くの経営者様に、「あの時の選択は正しかった」と思っていただくために、「ワンストップ事業承継座談会」を毎月開催しております。
ぜひ、本座談会を通じて、あなたなりの“納得する事業承継”を導き出してください。

写真:長坂 道広
日本M&Aセンター
営業支援部長
長坂 道広

プロフィール

日本M&Aセンター 営業支援部長
長坂 道広(ながさか・みちひろ)

創業期の日本M&Aセンターに入社。未上場企業のM&Aという日本で未開拓だった市場で25年間M&A仲介に携わる。
日本M&Aセンターの上場も経験するが、M&Aだけではなく、関係者が喜べるあらゆる承継手法を提供できるよう、2016年日本M&Aセンターと青山財産ネットワークスの協力により「株式会社事業承継ナビゲーター」を設立。代表取締役副社長就任。

コラム

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。