コラム

<FUTURE特別対談> 業界再編につながる、戦略に基づく能動的M&Aの取組み(プロアクティブサーチ活用)事例

M&A全般

⽬次

[表示]

二輪自動車アフターパーツ業界の活性化と勝ち残りのために― 戦略的なグループ化を決断した両経営トップ

戦略に基づく能動的M&Aを支援する日本M&Aセンターのコンサルティングサービス「プロアクティブ・サーチ」を実際に活用し、2017年10月に双方にとってWin-WinのM&Aを実現された株式会社デイトナ(JASDAQ上場)と株式会社ダートフリークの両トップに、決断の背景や当時の協議・交渉の状況、M&Aの有効性について語っていただいた。

(インタビュー : 日本M&Aセンター 企業戦略部 西川大介、永井智也)

(左)株式会社デイトナ(JASDAQ上場)代表取締役 社長 織田 哲司 様
(右)株式会社ダートフリーク 代表取締役 諸橋 勉 様

譲受け企業

株式会社デイトナ(JASDAQ上場)

  • 創業:昭和47年(1972年)

  • 事業内容:二輪アフターパーツ企画開発・卸売・小売
    (いずれも主としてオンロードバイク)

  • 本社:静岡県周智郡

  • 従業員数:138名 (本件実行前の連結ベース)

  • 売上高:約60億円 (本件実行前の連結ベース)

譲渡企業

株式会社ダートフリーク

  • 創業:平成元年(1989年)

  • 事業内容:二輪アフターパーツ企画開発・卸売・小売
    (いずれも主としてオフロードバイク)

  • 本社:愛知県瀬戸市

  • 従業員数:46名

  • 売上高:約20億円

国内は縮小、 鍵は成長する世界市場

両社の業界についてと、将来の展望を教えてください。

諸橋 われわれの属する二輪アフターパーツ業界は、ウェアにせよ部品にせよ、バイクが売れないことには売れないため、バイク業界の動向に依存しております。国内市場に関しては創業当時から縮小する一方です。 織田 国内のお客様の多くは50代の男性です。リターンライダーと言われる方々で、昔バイクに乗っていた方が子育てを終えて自身の時間に余裕ができ、趣味として再開する方が多くいらっしゃいます。 諸橋 世界的に見ると東南アジアや南米が伸びており、世界的には拡大傾向にあります。このあたりが今後我々の成長に関わってくると思います。

同業買収による単なる売上拡大は意味がない

織田社長へ伺います。今回取り組まれた、事業戦略に基づくプロアクティブサーチについてお聞かせください。

織田 市場がなかなか成長しない中、自社としては成長スピードを速める必要があったため、M&Aという経営戦略を検討しました。しかし、単なる同業との資本業務提携による売上の増加といったM&Aは考えていませんでした。両社にシナジーが見込まれるパートナーとなりうる企業をじっくりと選定した結果、ダートフリーク社にお声がけをさせていただきました。

ダートフリーク社のどのようなところに魅力を感じられましたか。

織田 我々の業界を大きく分けると、オンロード市場とオフロード市場に分類できます。当社はオンロード市場中心ですが、ダートフリーク社はオフロード市場において圧倒的なシェアを持っております。両社の領域と商品が重ならないものの、販売先は重なるところもあり、提携によるシナジーは明確でした。また、展開している商品から、優れた製造拠点をもっていることが見て取れましたので、この点も魅力的でした。

諸橋社長とダートフリーク社のオフロードバイク

諸橋社長とダートフリーク社のオフロードバイク

市場の住み分けが明確、「面白そう」だと思った

諸橋社長へお聞きします。デイトナ社から資本提携の打診を受けられた当初どのように感じられましたか。

諸橋 日本M&Aセンターを通じてご提案をいただきましたが、業界ではよく知ったデイトナ社からの提案であり、もともと市場も住み分けができていたため、面白そうだな、と感じました。実は、M&Aの提案については今回で2度目であり、デイトナ社からお話をいただく少し前に、他の企業からご提案を頂いておりました。本格的に検討をしたのは今回が始めてでしたが、そのこともあってM&Aについてはネット等で少しずつ研究をしておりました。

両社ご面談を重ねていく中で、両社の事業について、また企業文化について、どのように感じられましたか。

織田 諸橋社長はモノ作りが好きな人で、まじめで誠実なお人柄だと思いました。さすが創業者だけのことはあります。旺盛なチャレンジ精神と断固とした決断力を強く感じました。 諸橋 自分は業界関係者と深い交流をしてこなかったので、自分オリジナルの方法で経営をしてきた自負がありました。しかし、織田社長とお話をして、自分よりも早く同じような経営のしかたをしていた会社があったのかと驚きました。経営陣の皆様はすばらしい方々ばかりであり、不思議と初めて会った気がしませんでした。 織田 社内環境は、聞くほど酷似していて驚きましたね。 諸橋 はい、両社がバイクのテストコースを持っているところまで、一緒でした。 織田 両社の違いは、上場しているかどうか程度。管理面についてのみ上場企業レベルへの引き上げが必要でしたので、一緒に頑張らせていただく、という気持ちで取り組みました。

取引先や社員等、M&Aの開示をした際の反応はいかがでしたでしょうか。

諸橋 取引先については、きちんと説明し問題ありませんでした。社員については、「社長の身に何かあったら…」と思っていた社員も多かったので、安心してくれたようでした。

段階を追ってPMIを実行
すでに現場レベルでの連携もスタート

M&A後のPMIの取組み状況はいかがでしょうか。

織田 本案件を一緒にやってきて両社の状況をよく理解している日本M&AセンターのPMI支援室に入っていただき順調に進んでおります。ダートフリーク社には一時的に負担をかけてしまっておりますが、あまりストレスをかけないようにという気持ちのもと進めております。当社も管理部門に余剰人員がいるわけではないので、正直思った以上に大変ではあるものの、管理部門の責任者が自ら週に何度もダートフリークに行き、非常に頑張ってくれています。まずは、決算・事業計画・管理会計と段階を追って整備したいと思っています。 諸橋 デイトナ管理部の責任者の方に週に2回きていただいており、非常に助かっています。また、両社の現場のことで言うと、どちらの社員もバイクという趣味を仕事にしている方の集まりなので、意気投合できています。担当者レベルでの交流がすでに活発になされており、次々と新たな取組みが各所で企画されている状況です。

シナジーがわかりやすく良い組み合わせ
結果を出していくことが楽しみ

今回のM&Aを振り返ってご感想をお聞かせください。

諸橋 自分でいうのもなんですが、“いい組み合わせ”だと思っています。事業承継については40代のころから、もやもやと考えてきました。これが解決したため、今はやるべきことが明確になり、すっきりした気持ちで両社の将来に向けて頑張っています。 織田 両社の組み合わせをみると、事業も、人も、文化も、シナジーが非常にわかりやすく、今後結果を出していくのが非常に楽しみです。両社のチャレンジする文化をこれからも大切にしていきたいです。

<M&A成功事例インタビュー>

戦略的なグループ化を目指すPMIが、社員のレベルアップにつながる

写真:織田 哲司 様

織田オダ 哲司テツジ 様

株式会社デイトナ(JASDAQ上場) 代表取締役 社長

平成2年に株式会社デイトナ入社後、商品開発、テスト、設計関連、新ジャンル商品の開発を主体とし新商品開発に情熱を傾ける。平成6年 研究開発部長、平成23年 取締役 国内二輪事業部長、平成24年 取締役 二輪事業部長。平成28年より代表取締役 社長。

写真:諸橋 勉 様

諸橋モロハシ 勉ツトム 様

株式会社ダートフリーク 代表取締役

建築設備会社・ゼネコンを経て平成2年に株式会社ダートフリークを創業。趣味が嵩じての異業種起業で既存の業界との関連・制約が無かったため、当初より貿易や自社商品の開発等、独自路線を歩み現在に至る。M&A後も代表取締役を継続。1級建築士。

広報誌「Future」 vol.13

Future vol.13

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.13」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

永井 智也

永井ながい 智也ともや

日本M&Aセンター企業戦略部

岡山大学卒業後、日本M&Aセンター入社。上場企業を中心とし、戦略的な買収や、選択と集中による子会社の売却など、M&Aアドバイザーとして活躍中。

この記事に関連するタグ

「広報誌・成長戦略」に関連するコラム

M&A成功に必要な戦略と中期経営計画

M&A全般
M&A成功に必要な戦略と中期経営計画

企業において、『中期経営計画』は極めて重要なものだ。「この企業を取り巻く環境は、どうなっているのか?」、「その環境を踏まえて、この企業を5年後にどのようにしたいのか?」、「在るべき姿にする為のアクションプランはどのようなものか?」を明確にするのが『中期経営計画』である。また、『中期経営計画』は、自社の成長にとって不足する経営資源を確認する役割も持つ。オーガニックな『自助努力』によって計画した成長を

M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

企業評価
M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

売り手と買い手双方が納得できる適正価格未上場会社のM&Aは活況を呈しており、マーケットが形成されつつある。そんな中、一層のM&Aの普及に関しては、M&Aにおける取引価格決定の透明化・円滑化が大きな課題のひとつとなっている。一般的に“価格”と“価値”は異なると言われている。日本公認会計士協会が公表している企業価値評価ガイドラインによると、「価格とは、売り手と買い手の間で決定された値段である。それに対

戦略的M&AにおけるPMIの優先順位

PMI
戦略的M&AにおけるPMIの優先順位

売り手と買い手がともに成長するPMIPMIとは「PostMergerIntegration(合併後の統合)」の略語である。そのためPMIは「買い手目線」で語られることが多いが、「統合」や「吸収」という視点だけでPMIを進めていくことはできない。「戦略的M&A」においては、売り手企業の良さを活かす、従業員のモチベーションを高める、といったことが両社の成長に必要不可欠な要素となるためだ。我々は、PMI

戦略に基づく能動的M&Aアプローチ

M&A全般
戦略に基づく能動的M&Aアプローチ

~待ちの姿勢を脱し、自らチャンスを掴みに行く「攻めの企業買収」へ~企業買収を検討する企業にとって、譲渡企業との「出会い」は以下の類型に分類できる。(1)元々取引のあった企業で、事業内容や事業規模等をよく理解している企業とのM&A(2)M&A仲介会社やコンサルティング会社、金融機関などから案件を持ち込まれる「受け身」のM&A(3)自社の戦略・方針に基づく探索・調査を行い、相手企業に「能動的」に働きか

“戦略的なM&A”で自社の成長を実現する

M&A全般
“戦略的なM&A”で自社の成長を実現する

IR活動の充実・強化を背景に、多くの上場企業が、中期経営計画を策定し投資家に向けて企業の事業方針や成長戦略を公表している。成長戦略は、自社リソースのみに基づく成長戦略(オーガニック成長)と他社リソース活用に基づく成長戦略(M&A・アライアンス戦略)に分類することができる。2017年に公表された上場企業各社の資料を見ると、中期計画達成や成長戦略実現の手段としてM&A・アライアンス戦略の活用を示してい

ROE向上と企業戦略

企業評価
ROE向上と企業戦略

ROE向上は利益率向上で日本企業のROEは世界と比較すると相対的に低い。実際、伊藤レポートに記載されているみさき投資株式会社の分析によると、全産業の2012年暦年ベースで米国企業のROEが22.6%であるのに対して、日本企業は5.3%となっている。この低いROEを高めるためには、大きく2つの方向性がある。一つは分母である自己資本を圧縮すること、すなわち財務レバレッジを高めることである。もう一つは分

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース