M&Aニュース

その他サービス業界のM&Aニュース一覧

長大、eVTOL(空飛ぶクルマ)に関連するプラットフォームサプライヤーのエアモビリティと資本業務提携

株式会社長大(9624)は、エアモビリティ株式会社(東京都新宿区)が行った第三者割当による新株の発行を新たに引き受け、資本業務提携を開始することを決定した。長大は、コンサルタント事業、サービスプロバイダ事業、プロダクツ事業、社会基盤事業、社会創生事業、鉄道計画事業を展開している。エアモビリティは、空の移動革命に向けた官民協議会」の一員でもあり「空飛ぶクルマ」の実現に向け、eVTOL(空飛ぶクルマ)

長大、飲酒運転防止IoTシステム「“R”call System」等を開発するエフェクトの全株式取得、完全子会社化

株式会社長大(9624)は、株式会社エフェクト(福岡県福岡市)の全株式を株式譲渡により取得し、完全子会社化することを決定した。長大は、コンサルタント事業、サービスプロバイダ事業、プロダクツ事業を展開している。エフェクトは、家電・電機・通信分野における組込みソフトウェアの開発、AI関連技術の受注・自社開発、およびデータ解析業務を行っている。飲酒運転防止IoTシステム「“R”callSystem」、自

長大、モバイル決済サービスを取り込んだ統合プラットフォーム事業等を行うイーグルペイと資本業務提携

株式会社長大(9624)は、イーグルペイ株式会社(東京都新宿区)への出資を実施し、資本業務提携を開始することを決定した。長大は、イーグルペイが実施した第三者割当増資を引受け、イーグルペイ発行済株式総数の9.7%の株式を取得する。長大は、建設コンサルタントとして、インフラ整備の側面から社会の課題解決に取り組んでおり、コンサルティング、サービスプロバイダといった双方から事業を展開している。イーグルペイ

長大、システム開発事業を展開するニックスと資本業務提携

株式会社長大(9624)は、株式会社ニックス(東京都渋谷区)への出資を実施し、資本業務提携を開始することを決定した。長大は、コンサルタント事業(構造事業、社会基盤事業、社会創生事業、鉄道計画事業)、サービスプロバイダ事業、プロダクツ事業を展開している。ニックスは、システム設計支援、WEBソリューションの開発およびインターネット・イントラネット構築支援、企業データベース構築支援(データベース構築コン

エプコ、クラウド型の顧客・需給管理システム「ENESAP」事業をソフトバンク子会社に譲渡へ

株式会社エプコ(2311)は、ソフトバンク株式会社(9434)の子会社SBパワー株式会社(東京都港区)に対して、ENESAP事業を譲渡することを決定した。譲渡価格は、320百万円。エプコは、デザインテック事業、ハウスマネジメント事業、およびシステム開発を行っている。ENESAP事業では、電力小売りの自由化に伴い家庭向け電力小売市場に参入した小売電気事業者に対して、業務効率向上を支援するクラウド型の

ERIホールディングス、建築物確認検査事業などを展開するサッコウケンの全株式取得、子会社化へ

ERIホールディングス株式会社(6083)は、株式会社サッコウケン(北海道札幌市)の株式を取得し子会社化するため、譲渡契約を締結することを決定した。ERIホールディングスは、子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する業務を行っている。サッコウケンは、建築基準法における指定確認検査機関に関する業務などの確認検査事業や、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく新築住宅及び既存住宅の性能評価

ジャパンベストレスキューシステム、「ドクター・ホームネット」運営の日本PCサービスと資本業務提携へ

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(2453)は、日本PCサービス株式会社(6025)が実施する第三者割当増資の引受を行うとともに、資本業務提携契約を締結した。本件増資引受に伴い、日本PCサービスはジャパンベストレスキューシステムの持分法適用関連会社となる。発行価額は、1株につき1,918円、総額99,927,800円。議決権所有割合は、19.67%から22.08%となる。ジャパンベストレス

日本PCサービス(6025)、家庭用インターネット光回線システムの販売事業ネクストラインの全株式取得、子会社化

日本PCサービス株式会社(6025)は、株式会社ネクストライン(東京都新宿区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、200,000千円。日本PCサービスは、パソコンの総合サービスを展開している。ネクストラインは、家庭用インターネット光回線システムの販売等の電気通信事業を展開している。本件M&Aにより、日本PCサービスは、パソコン等の修理や設置に家庭を訪問した際や、日本PCサービス

E・Jホールディングス、九州で建設コンサルティング事業展開のシグマホールディングスの全株式取得

E・Jホールディングス(2153)は、株式会社アイ・デベロップ・コンサルタンツ(福岡市)の発行済全株式を保有する株式会社シグマホールディングス(同市)の全株式を取得することに合意し、株式譲渡契約を決定した。取得価額は概算55百万円。アイ・デベロップ・コンサルタンツは、九州北部及び西部地域を中心に20年の業歴をもつ建設コンサルタント。本件M&Aにより、E・Jホールディングスは、九州地域における事業基

ERIホールディングス(6083)、非破壊検査に強みを持つ構造総合技術研究所の全株式取得、子会社化

ERIホールディングス(6083)は、株式会社構造総合技術研究所(東大阪市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ERIHDグループは、「建築分野の第三者検査機関のリーディングカンパニー」を目指し、進行中の中期経営計画において「新成長事業・新規分野事業への投資」を戦略として掲げている。構造総合技術研究所は、非破壊検査業務に強みを持ち、主に建築物・構築物の検査・診断を行っている。本件M&Aに

応用地質(9755)、シンガポールの土木・建築関連会社2社を買収へ

応用地質(9755)は、FongConsultPte,Ltd.社(シンガポール、F社)及びFCInspectionPte.Ltd.社(シンガポール、FCI社)の株式を取得し、子会社化することを決定した。2社株式の取得価額は概算で413百万円で、それぞれに対する議決権所有割合は51%となる。F社は、シンガポールにおいて、設計・設計審査・施工管理などのコンサルタント事業を展開している。FCI社は、同国

地盤ネットHD(6072)グループ、首都圏で住宅設計・施工事業展開のジャパンホームより全事業譲り受け

地盤ネットホールディングス(6072)は、連結子会社の地盤ネット株式会社(東京都中央区)がジャパンホーム株式会社(東京都港区)との間で、同社の事業再生への支援ならびに事業譲渡契約を締結し、ジャパンホームの全事業を譲り受けることを決定した。地盤ネットは、地盤解析専門会社として、地盤の調査・解析・補償サービス、地盤調査機の開発販売、フランチャイズ事業を行っている。昨年からは、地震時の地盤の揺れやすさを

ERI HD(6083)、住宅性能評価センターを子会社化へ

ERIホールディングス(6083)は、株式会社住宅性能評価センター(東京都新宿区)の株式を取得し子会社化するため、譲渡契約の締結を決定した。本件は、住宅性能評価センターの代表取締役である田野邉幸裕氏が、住宅性能評価センターの大株主である株式会社TANOBEが保有する960株以外の株式の取りまとめを行い、ERIHDに譲渡する。取りまとめた株式数が373株以下となった場合、最終的にERIHDが議決権の

ACKグループ(2498)傘下のオリエンタルコンサルタンツ、神奈川県開成町の酒蔵・瀬戸酒造店の全株式取得

ACKグループ(2498)傘下の株式会社オリエンタルコンサルタンツは、株式会社瀬戸酒造店の全株式を取得して子会社化した。瀬戸酒造店は、慶応元年に創業した酒蔵で、最盛期には600石を製造していたが、杜氏をはじめとする蔵人を集めることが難しくなり、1980年に自家醸造を断念していた。オリエンタルコンサルタンツは、神奈川県開成町の地域活性化の取り組みの一環として、本件を行った。本件M&Aにより、瀬戸酒造

建設技術研究所(9621)、英国の建設コンサルティング会社Waterman Group PlcをTOB

建設技術研究所(9621)は、WatermanGroupPlc(英国ロンドン)の発行済株式および発行予定株式を対象とした公開買付け(TOB)の実施を決定した。WatermanGroupPlc取締役会は賛同の意見を表明している。買付け比率の下限は50.1%で、上限は設けていない。WatermanGroupPlcは、英国の中堅エンジニア・コンサルティング会社。構造設計及び設備設計を含むビルディング関連

ERIホールディングス(6083)、建築ソフトウェア開発のイーピーエーシステムを子会社化へ

ERIホールディングス(6083)は、株式会社イーピーエーシステム(東京都渋谷区)の全株式取得・子会社化を決定し、同社株主との間で基本合意に達した。イーピーエーシステムおよびその兄弟会社である株式会社ゲンバアイ(東京都渋谷区)は、建築分野に関するソフトウェア開発を主な事業として展開している。なお、ゲンバアイ社は本件にあたりイーピーエーシステムに吸収合併される予定。本件により、ERIホールディングス

日本PCサービス(6025)、有明電子サービス及びテクニカル九州を完全子会社化

日本PCサービス株式会社(6025)は、有限会社有明電子サービス(熊本市)及びテクニカル九州株式会社(熊本市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。日本PCサービスは、パソコン・タブレット端末・デジタル家電等のネットワーク対応機器に関する設定設置やトラブルに関して、訪問・電話でのサポートサービス事業を行っている。有限会社有明電子サービス及びテクニカル九州株式会社は、熊本県を中心に

日本PCサービス(6025)、シンガポールのV SYSTEM社を連結子会社化

日本PCサービス株式会社(6025)は、シンガポールのVSYSTEMPTELTDの株式を取得し、連結子会社化することについて決定した。取得価額は概算12百万円(フィー込)で、議決権所有割合は51.0%となる。日本PCサービスは、パソコンやタブレット端末、デジタル家電等のネットワーク対応機器に関する設定設置やトラブルに対し、訪問または電話で対応、解決するサポートサービス事業を展開している。VSYST

ユニチカ(3103)、連結子会社3社の株式を建設技術研究所(9621)クロスキャット(2307)等に譲渡

ユニチカ株式会社(3103)は、連結子会社の株式会社ユニチカ環境技術センターの全株式を株式会社建設技術研究所(9621)に、ダイアボンド工業株式会社保有全株式をオート化学工業株式会社に、ユニチカ情報システム株式会社の全株式を株式会社クロスキャット(2307)に譲渡することを決定した。ユニチカは経営資源の選択と集中を図る。建設技術研究所は、ユニチカ環境技術センター子会社化により土壌、大気、水質等様々

その他サービス業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード