M&Aニュース

事業承継セミナー

LINEヤフー、完全子会社の松田酒店を吸収合併へ

更新日:

LINE ヤフー株式会社(4689)は、2024 年 3 月 1 日を効力発生日として、完全子会社である有限会社松田酒店(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。
LINE ヤフーを吸収合併存続会社、松田酒店を吸収合併消滅会社とする吸収合併方式で松田酒店は解散する。

LINEヤフーは、インターネット広告事業、イーコマース事業及び会員サービス事業などの展開並びにグループ会社の経営管理業務などを行う。
松田酒店は、酒類の販売などを行う。

LINEヤフーグループは、コマース事業の一体的かつ効果的な事業展開を図ることおよび、経営の効率化と経営資源の最大活用を図ることを目的として、本合併を決定した。

・今後の予定
合併契約締結日(各社) 2023 年 12 月6日
合併効力発生日 2024 年 3 月 1 日

本合併は、松田酒店が保有する一般酒類小売業免許をLINEヤフーが承継などすることについて、関係官公庁等の許認可、承認など(酒税法および酒類行政関係法令等解釈通達第9条第1項関連14に定める取扱いによる場合を含む。)を得ていることを停止条件として、効力が発生する。

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

Zホールディングスに関連するM&Aニュース

LINEヤフー、子会社のネットラストを吸収合併

LINEヤフー株式会社(4689)は、2024年2月27日付の取締役会において、2024年5月1日を効力発生日として、完全子会社である株式会社ネットラスト(東京都千代田区)を吸収合併することを決議した。LINEヤフーを吸収合併存続会社、ネットラストを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式であり、ネットラストは解散する。【本合併の目的】ネットラストは「Yahoo!ショッピング」を始めとする弊社ECサービ

LINEヤフー、連結子会社GYAOを吸収合併へ

LINEヤフー株式会社(4689)は、完全子会社である株式会社GYAO(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。LINEヤフーを吸収合併存続会社、GYAOを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式であり、GYAOは解散する。LINEヤフーは、インターネット広告事業、イーコマース事業及び会員サービス事業などの展開並びにグループ会社の経営管理等を行っている。GYAOは、インターネットを利用したコンテン

ZホールディングスとLINEおよびヤフーが合併へ

Zホールディングス株式会社(4689)は、完全子会社であるLINE株式会社(東京都新宿区)およびヤフー株式会社(東京都千代田区)の3社を中心とした合併を決定した。LINEは、モバイルメッセンジャー・アプリケーション「LINE」を軸としたサービスを展開している。ヤフーは、イーコマース、会員サービス、広告等インターネット上で多数のサービスを展開している。Zホールディングスは、2021年3月のLINEと

LINE、経営統合の一環でZホールディングスへのTOBを開始

LINE株式会社は、Zホールディングス株式会社(4689)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。本公開買付価格は、1株当たり348円。応募株券等の総数が買付予定数の下限(2,125,366,950株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付け等を行わない。応募株券等の総数が買付予定数の上限(2,125,366,950株)を超える場合は、その超える部分の全部又は一部の買付け等は行わない

LINE(3938)、ソフトバンク(9434)の連結子会社であるZホールディングス(4689)と資本提携、基本合意書締結

LINE(3938)は、ソフトバンク(9434)の連結子会社であるZホールディングス(4689、ZHD)と、両社グループの経営統合について、資本提携に関する基本合意書を締結することを決定した。LINEは、国内8,200万人のユーザー基盤を有するコミュニケーションプラットフォームを展開している。ZHDグループは、「ユーザーの生活を!するほど便利に」のスローガンを掲げている。またヤフーは完全子会社であ

この記事に関連するタグ

「吸収合併」に関連するコラム

合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A全般
合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A(MergersandAcquisitions)は企業の合併・買収のことであり、「Mergers」が今回ご紹介する合併を指します。本記事では合併の概要や買収との違い、メリット・デメリット、必要な手続きなどについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合併とは合併とは

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード