M&Aニュース

成長戦略セミナー

椿本チエイン、マテハン事業拡大に向けインドの合弁会社を完全子会社化

更新日:

株式会社椿本チエイン(6371)は、連結子会社である株式会社椿本バルクシステム(大阪府豊中市)の子会社として、「Tsubaki Conveyor Systems India Private Limited」(社名登録申請中)(インド・マハラシュトラ州)を発足した。

椿本チエインは、産業用チェーンの製造事業を行っている。機械部品から自動化システムへと事業領域を拡大し、グローバルにビジネスを展開している。

連結子会社の椿本バルクシステムは、ばらもの(粉・粒体)搬送コンベヤと付属機器の製作納入、その他事業を展開している。

Tsubaki Conveyor Systems India Private Limitedは、粉粒体搬送システム、自動車業界向け搬送システム、各種マテリアルハンドリングシステムのエンジニアリング、製造・販売を行っていく。

椿本チエインは、主力のセメント業界向けや自動車業界向け搬送システムに加え、バイオマスをはじめ様々な業界の粉粒体搬送システムの販売に注力させ、幅広いソリューション提供体制の強化を図る。
また、インド市場でのマテハン事業拡大およびつばきブランドの浸透をさらに図る。

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

業務用・産業用機械製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、業務用・産業用機械製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

椿本チエインに関連するM&Aニュース

椿本チエインとEAGLYSが資本業務提携を強化

株式会社椿本チエイン(6371)は、EAGLYS株式会社(東京都渋谷区)の第三者割当増資を引き受け、2021年2月の出資に続く追加資本提携を実施した。椿本チエインは、各種動力伝動装置、および同付属品の製造・販売等を行っている。EAGLYSは、データセキュリティ/データ利活用支援/AI設計・開発の事業を展開している。今回の出資を通じて、両社の技術・知見を結集し、物流変革に向けた「AI画像認識技術」の

椿本チエイン、連結子会社の椿本カスタムチエンを完全子会社化へ

株式会社椿本チエイン(6371)は、連結子会社の株式会社椿本カスタムチエン(大阪府大東市)を完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、同日付で株式交換契約を締結した。椿本チエインを株式交換完全親会社、椿本カスタムチエンを株式交換完全子会社とする株式交換方式。椿本チエインは、各種動力伝動装置、および同付属品の製造・販売等を行っている。椿本カスタムチエンは、小形コンベヤチェーンおよび特殊チェーンの製

椿本チエイン、米子会社を通じて回転伝達部品製造のATR Salesを買収

株式会社椿本チエイン(6371)は、連結完全子会社であるU.S.TSUBAKIHOLDINGS,INC.を通じて、ATRSales,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州)の株式を取得し、完全子会社化した。椿本チエインは、動力伝動用、搬送用チェーン等の製造販売を行うチェーン事業、モーションコントロール事業、モビリティ事業、マテハン事業などを展開している。ATRSalesは、フレキシブルカップリング(

この記事に関連するタグ

「子会社・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード