M&Aニュース

ヤマトHD、連結子会社ヤマトシステム開発及びヤマトWebソリューションズと吸収合併へ

ヤマトホールディングス株式会社(9064)は、ヤマトシステム開発株式会社(東京都江東区)とヤマトWebソリューションズ株式会社(東京都中央区)と合併することを決定した。

ヤマトHDは、連結子会社であるヤマトシステム開発を吸収合併存続会社とし、ヤマトWebソリューションズを吸収合併消滅会社とする合併を行う。

ヤマトHDは、持株会社。

ヤマトシステム開発は、コンピュータ利用システムの研究・開発・情報の提供及びコンサルティング業務、情報処理の受託・コンピュータシステムの運営管理などを行っている。

ヤマトWebソリューションズは、労働者派遣事業、有料職業紹介事業、コンピュータ利用システムの研究・開発・情報の提供およびコンサルティング業務を行っている。

本件により、ヤマトHDは、IT領域における専門人材の最適配置と経営資源のさらなる活用を進め、事業の成長力を強化させ、顧客の暮らしをより豊かにするサービスをさらに提供していく。

・今後のスケジュール
合併日 2022年4月1日

トラック物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ヤマトホールディングスに関連するM&Aニュース

アートコーポレーション、ヤマトホールディングス傘下のヤマトホームコンビニエンスの株式取得、子会社化へ

アートコーポレーション株式会社(⼤阪府⼤阪市、アート)とヤマトホールディングス株式会社(9064、YHD)は、YHD傘下のヤマトホームコンビニエンス株式会社(東京都中央区、YHC)の発行済普通株式の51%をアートに譲渡することに合意し、株式譲渡契約を締結した。アートは、引越事業、国内物流事業、保育事業、住宅関連事業、物販事業、輸入車販売事業を展開している。YHDは、「宅急便」など各種輸送に関わる事

芙蓉総合リース(8424)、ヤマトHD(9064)の子会社でトラック流通サポートサービス会社の株式取得、子会社化

芙蓉総合リース株式会社(8424、芙蓉GL)とヤマトホールディングス株式会社(9064、ヤマトHD)は、ヤマトHDの完全子会社であるヤマトリース株式会社(東京都豊島区)の発行済普通株式を芙蓉GLに譲渡し、芙蓉GLとヤマトHDの共同事業とすることについて合意し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は、約36億円。取得割合は、60%となる。芙蓉GLは、総合リース会社として、提案型のソリューションビジネスを

ヤマトHD(9064)、マレーシアのクロスボーダー陸上幹線輸送会社を買収

ヤマトHD(9064)傘下のYAMATOASIAPTE.LTD.(シンガポール、YA)は、マレーシアを本拠地とするOTLグループと、グループの3社の株式およびベトナム事業の取得について合意した。株式取得の対象はCKETransportAgencySdn.Bhd.(マレーシア、CKE)とOverlandTotalLogisticServices(M)Sdn.Bhd.(マレーシア、OTL(MY))およ

この記事に関連するタグ

「吸収合併」に関連するコラム

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード