M&Aニュース

オートバックスセブン、GROUNDと資本業務提携

株式会社オートバックスセブン(9832)が、 GROUND株式会社(東京都江東区)に資本参加、業務提携契約を締結した。

オートバックスセブンは、オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装など事業を展開している。

GROUNDは、物流領域における世界の最先端テクノロジーLogiTech®に基づく革新的ソリューションの提供を行い、物流施設統合管理・最適化システム『 GWES』を開発・運用している。

本提携により、オートバックスセブンは、GROUNDのノウハウを取り込むことから、物流DXによる物流課題の解決を目指す。

機械器具小売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

オートバックスセブン、ファトラスタイリングの株式取得、連結子会社化へ

株式会社オートバックスセブン(9832)は、カスタムコンプリートカーのデザイン設計・開発などを行う有限会社ファトラスタイリング(静岡県御殿場市)の株式を取得し、連結子会社とすることを決定した。取得割合は、70%となる。オートバックスセブンは、オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装などを行っている。ファトラスタイリングは、

オートバックスセブン、ホームセンターを運営するジョイフル本田の非連結子会社の全株式取得、完全子会社化へ

オートバックスセブン(9832)は、株式会社ジョイフル本田(3191)の非連結子会社である株式会社ジョイフル車検・タイヤセンター(千葉県印西市、ジョイフル車検)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。オートバックスセブンは、オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等の事業を展開している。ジョイフル本田は、ホームセ

オートバックスセブンの完全子会社オートバックス・ディーラーグループHD、TAインポートの全株式取得、完全子会社化へ

株式会社オートバックスセブン(9832)の完全子会社である株式会社オートバックス・ディーラーグループ・ホールディングス(東京都練馬区)は、株式会社TAインポート(栃木県宇都宮市)の全株式を取得し、完全子会社することを決定した。オートバックスセブンは、オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等の事業を展開している。オートバッ

オートバックスセブン(9832)、三重県で車検・整備、板金事業等を行っている高森自動車整備工業の全株式取得、子会社化

オートバックスセブン(9832)は、三重県において4拠点で車検・整備、板金事業等を行う高森自動車整備工業株式会社(三重県津市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。オートバックスセブングループは、「5ヵ年ローリングプラン2019」において、「次世代技術に対応する整備ネットワーク」構築の一環として、さまざまな施策を推進している。高森自動車整備工業は、自動車の車検・整備、板金事業等、自動車整備

オートバックスセブン(9832)、シンガポールの板金・塗装、整備工場運営会社SK AUTOMOBILE社の株式取得、子会社化

オートバックスセブン(9832)は、SKAUTOMOBILEPTE.LTD(シンガポール、SKAUTOMOBILE社)の株式を取得し、連結子会社化した。株式所有割合は63.0%となる。オートバックスセブンは、「5ヵ年ローリングプラン2019」において、「海外におけるアライアンスネットワーク」の構築に向け、さまざまな施策を推進している。SKAUTOMOBILEは、板金・塗装および整備工場を運営してい

オートバックスセブン(9832)、熊本でフランチャイズ8店舗展開のオートスターズの株式取得、子会社化

オートバックスセブン(9832)は、株式会社オートスターズ(熊本市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。株式所有割合は83.3%となる。オートバックスセブングループは、国内オートバックス事業の収益拡大を目指している。オートスターズは、オートバックスセブンのフランチャイズチェーン加盟法人であり、熊本県でオートバックス8店舗を経営している。本件M&Aにより、オートバックスセブングループは、店舗

オートバックスセブン(9832)、岐阜・長野・愛知でフランチャイズ7店舗展開のコクサイショパーズエイトの全株式取得

オートバックスセブン(9832)は、株式会社コクサイショパーズエイト(長野県飯田市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。コクサイショパーズエイトは、株式会社オートバックス美濃に商号変更する予定。オートバックスセブングループは、国内オートバックス事業の収益拡大を目指し、さまざまな施策を展開している。コクサイショパーズエイトは、オートバックスセブンのフランチャイズチェン加盟法人であり、岐阜県

オートバックスセブン(9832)、山形の連結子会社を新潟のフランチャイズチェン加盟法人に譲渡

オートバックスセブン(9832)は、連結子会社である株式会社オートバックス山形(山形市)の全株式を、フランチャイズチェン加盟法人(フランチャイジー)の株式会社シンボ(新潟市)に譲渡することを決定した。シンボは、カー用品店舗6店舗を運営している。オートバックス山形は7店舗を運営している。本件M&Aにより、オートバックスセブングループは、羽越エリアの店舗経営体制を最適化し、エリア内の競争力を強化させる

オートバックスセブン(9832)、テンプHD(2181)傘下の人材派遣会社サポート・エーの全株式取得

オートバックスセブン(9832)は、テンプホールディングス(2181)傘下のテンプスタッフ株式会社(東京都渋谷区)の子会社である株式会社サポート・エー(東京都渋谷区)の全株式を取得することを決定した。サポート・エーは「株式会社チェングロウス」に商号変更される予定。サポート・エーは、人材派遣事業、セールスプロモーション事業等を手掛けている。本件M&Aにより、オートバックスセブンは、車検・整備事業を含

オートバックスセブン(9832)、北海道の連結子会社を現地フランチャイズチェン加盟法人に譲渡

オートバックスセブン(9832)は、100%子会社である株式会社オートバックス北海道(札幌市)の全株式を、フランチャイズチェン加盟法人(フランチャイジー)の株式会社北日本オート用品(札幌市)に譲渡することを決定した。北日本オート用品は、カー用品店舗8店舗を運営している。オートバックス北海道は17店舗を運営している。本件M&Aにより、オートバックスセブングループは、北海道エリアの店舗経営体制を最適化

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード