M&Aニュース

ライトアップ、フューチャーリンクネットワークと資本業務提携

株式会社ライトアップ(6580)は、株式会社フューチャーリンクネットワーク(9241、FLN)との間で資本業務提携を行うことを決定した。

ライトアップは、フューチャーリンクネットワークの普通株式を8,200株、株式購入金額1,800万円の株式数または金額のいずれかを上限に、市場買付の方法により今後6か月以内を目処に取得する。

ライトアップは、クラウドソリューション事業およびコンテンツ事業を展開している。

FLNは、地域情報プラットフォーム「まいぷれ」の運営を行っている。

本提携により、下記施策の実現を推進。地域事業者に対してより深く経営支援を行っていく。
・まいぷれプラットフォーム利用店舗 17,580 店舗に対して、ライトアップが運営する補助金・助成金活用支援システム「JSaaS」を提供
・まいぷれプラットフォーム利用店舗に対し、ライトアップのノウハウを活用し補助金・助成金の活用および業務の DX 化をテーマにしたウェビナーを共同開催し、その経営を広範に支援
・ライトアップの顧客に対し、まいぷれプラットフォームの活用提案を実施

・今後のスケジュール
FLNの株式取得を開始 2022年1月17日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ライトアップに関連するM&Aニュース

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード