M&Aニュース

TIS、ブロックチェーン技術を用いて貿易金融プラットフォームを展開するシンガポール企業と資本業務提携

TISインテックグループ(東京都新宿区)のTIS株式会社(東京都新宿区)は、ブロックチェーン技術を用いて貿易金融プラットフォームを展開するシンガポールのContour Pte. Ltd.(シンガポール、Contour)と資本・業務提携した。

TISおよびグループは、ITによるクラウドサービス、アウトソーシング、海外事業を展開している。

Contourは、世界の有力銀行によって設立、貿易金融の有力なプラットフォームを提供。
これまで課題とされていた貿易金融の紙による非効率な業務を、セキュアでシームレスなデータフローのプラットフォームでデジタル化し、業務の効率化実現を目指している。

本提携により、TISおよびグループは、Contourのサービスやマーケットの拡充を支援するとともに、Contourのプラットフォームを通してそのノウハウや業務知識を獲得し、日本向けのインテグレーションパートナーとして、銀行や企業でのContourプラットフォームの導入支援やコンサルティングを実現していく。
また、プラットフォーム導入支援サービスの日本展開も図る。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

TISに関連するM&Aニュース

TIS、交通決済ソリューション提供のインドネシアAino Indonesiaに追加出資

TIS株式会社(東京都新宿区)は、PTAinoIndonesia(インドネシア・ジョクジャカルタ、AINO)に追加出資し、持分法適用会社化した。TISインテックグループは、システム・インテグレーション、システム開発、アウトソーシング、コンサルティング、クラウドサービスを中心に事業展開している総合IT企業。AINOは、インドネシアの国立ガジャマダ大学発のスタートアップ企業。バス高速輸送システム「Tr

TIS、プリペイド式Visaカードを提供するULTRAの株式取得、連結子会社化

TISインテックグループのTIS株式会社(3626)は、株式会社ULTRA(東京都新宿区)の株式を取得し、連結子会社化した。TISインテックグループは、システム・インテグレーション、システム開発、アウトソーシング、コンサルティング、クラウドサービスを中心に事業展開している総合IT企業。ULTRAは、クレジットカードを作らない若年層を対象とした、年齢制限なく審査なしで誰でも持てるプリペイド式Visa

TISグループ、中国のブロックチェーン技術開発 杭州趣鏈科技有限会社と資本業務提携

TISインテックグループのTIS株式会社(3626)は、中国のブロックチェーン技術分野でトップクラスの杭州趣鏈科技有限会社(HangzhouQulianTechnologyCo.,Ltd.、中国浙江省杭州市、Hyperchain)と資本・業務提携を行った。TISは、金融包摂、スマートシティ、エネルギー、ヘルスケアと事業を展開している。Hyperchainは、金融・公共など各業界へコンソーシアム型ブ

TIS、金融・決済関連の事業開発を行うインフキュリオンと資本業務提携

TISインテックグループのTIS株式会社(3626、東京都新宿区)は、株式会社インフキュリオン(東京都千代田区)と資本業務提携を行うことを決定した。TISインテックグループおよびTISは、コンサルティング、システム・インテグレーション、システム開発、クラウドサービス、アウトソーシング、海外事業など事業を展開している。インフキュリオンは、金融・決済領域を中心とした事業開発を行っている。「BaaS(B

TIS、金融領域におけるAI/データ分析に強みを持つセカンドサイトと資本業務提携

TISインテックグループのTIS株式会社(3626)は、セカンドサイト株式会社(東京都中央区)と資本・業務提携することを決定した。TISは、ビジネスを支える基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、さらにはシステムの基盤となるプラットフォームまで、幅広い業界・分野でITサービスを提供する総合ITサービス企業。TISインテックグループを5つのブランドサイトとして事業を展開している。セカンド

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード