M&Aニュース

ビーグリー、日本テレビ放送網と資本業務提携契約締結、持分法適用関連会社化へ

株式会社ビーグリー(3981)は、日本テレビ放送網株式会社(東京都港区)による普通株式に対する公開買付けに関して、賛同の意見を表明するとともに、日本テレビ放送網と資本業務提携契約を締結することを決定した。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

買付け等の価格は、普通株式1株につき1,900円。
応募株券等の総数が買付予定数の下限(713,000 株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付け等を行わず、買付予定数の上限(1,514,900 株)以下の場合は、応募株券等の全部の買付けなどを行う。

ビーグリーは、コンテンツプロデュース事業を行っている。

日本テレビ放送網は、放送法による基幹放送事業および一般放送事業、メディア事業、その他放送に関連する事業を行っている。

本提携により、ビーグリーは、グループにおいて、コンテンツの価値を高め、メディアミックスを推進させることでコンテンツプロデュースカンパニーとしてのプレゼンス確立を目指す。

・今後のスケジュール
本公開買付けの開始 2021年11月15日
本公開買付けの終了 2021年12月23日
本公開買付けに係る決済の開始日 2021年12月29日
本第三者割当増資の払込期間 2021年12月24日~2022年2月28日

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・持分法適用関連会社化・TOB」に関連するM&Aニュース

日本テレビ放送網、EASY PRODUCTIONと資本業務提携、株式取得

日本テレビ(9404)グループである日本テレビ放送網株式会社(東京都港区)は、EASYPRODUCTION株式会社(東京都港区、イージープロダクション)の株式を取得、日本テレビグループの関連会社とし、同社のスマートプロダクションシステムを活用した資本業務提携を行うことを決定した。日本テレビ放送網は、放送法による基幹放送事業および一般放送事業、メディア事業、その他放送に関連する事業を展開している。イ

​日本テレビホールディングス(9404)グループ、タレントマネジメントやデジタルマーケティング事業展開のウィークデーの全株式取得へ

​日本テレビホールディングス(9404)グループの日本テレビ放送網株式会社(東京都港区)は、株式会社ウィークデー(東京都渋谷区)の株主との間で、ウィークデーの全株式を取得することに合意した。取得割合は約51.0%。ウィークデーは日本テレビ放送網の持分法適用会社となる。日本テレビHDグループは、中期経営計画において「総合コンテンツ企業への進化」を掲げ、インターネット領域においてSVOD事業「Hulu

日本管財(9728)、日本テレビグループの清掃会社・サンエイワークの西日本事業を取得へ

日本管財(9728)は、株式会社サンエイワーク(東京都中央区、SW)の関西支社及び九州営業所に係る事業を承継する新設会社株式会社サンエイワーク(大阪市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。SWは、日本テレビホールディングス(9404)傘下の株式会社日本テレビワーク24の100%子会社。関西支社及び九州営業所では、主に西日本で建物の清掃業務を中心に、病院向けのコンシェルジュ業務などを提供し

ビーグリー(3981)、小説投稿サービス展開のノベルバの全株式取得

ビーグリー(3981)は、株式会社ノベルバ(東京都目黒区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ビーグリーは、コミック配信サービス『まんが王国』を中核にクリエイターの創作物を配信するサービスやプロジェクトの提供を推進している。ノベルバは、小説投稿サービスにてライトノベル作品を扱うサービス「ノベルバ」を展開している。本件M&Aにより、ビーグリーは、事業領域を電子書籍全般へ拡大するとともに、『

日本テレビHD(9404)とオールアバウト(2454)、資本業務提携へ

日本テレビホールディングス(9404)の連結子会社である日本テレビ放送網株式会社(東京都港区)は、オールアバウト(2454)の普通株式3,385,000株(株式所有割合25.01%)を取得するとともに、両社間で資本業務提携を行うことに合意した。日本テレビ放送網は、オールアバウトの主要株主であるリクルートホールディングス(6098)及びヤフー(4689)から、それぞれが所有するオールアバウト株式の一

「資本業務提携・業務提携・持分法適用関連会社化・TOB」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

調剤薬局業界におけるM&A事例

M&A全般
調剤薬局業界におけるM&A事例

メディカルシステムネットワークとトータル・メディカルサービス両社の概要とM&Aの背景株式会社メディカルシステムネットワーク(以下、「メディシス社」という)は、札幌を本社とする調剤薬局事業を中核とする企業である。1999年創業と比較的若い企業であるが、282店舗を有する業界の準大手で東証一部に上場している。拠点である北海道では109店舗を有し圧倒的なドミナントエリアを形成しているとともに、関東や関西

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード