M&Aニュース

イオン、キャンドゥとTOB、連結子会社化へ

イオン株式会社(8267)は、株式会社キャンドゥ(2698)の普通株式を金融商品取引法による公開買付けにより取得することを決定した。

買付価格は1株2,700円。買付予定数は5,936,100株で、買付予定数の下限は3,141,000株、上限は5,936,100株。

イオンは、小売、ディベロッパー、金融、サービス、およびそれに関連する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる当該会社の事業活動の管理を行い、グループ事業を展開している。

キャンドゥは、日用雑貨および加工食品を直営店舗にて販売する小売業ならびにフランチャイジーなどへの卸売事業を展開している。

本件によりイオンは、キャンドゥへ出店機会を提供し、キャンドゥの業績拡大を期待。またイオンの既存業態との組合せによる親和性が高いこと、キャンドゥにとっては、出店機会の増加によるコスト削減や新業態(イオンの運営する店舗の売場の一部を、キャンドゥへ運営委託する方式)の展開の加速が可能とみている。

・今後のスケジュール
公開買付期間 2021年10月15日~2021年11月24日
決済開始日 2021年11月29日

イオン・キャンドゥに関連するM&Aニュース

イオン、連結子会社ジーフットの種類株式発行による第三者割当増資引受けへ

イオン株式会社(8267)は、連結子会社である株式会社ジーフット(2686)が第三者割当増資により発行するA種種類株式を引受けることを決定した。引受価額は、1株につき1億円。第三者割当方式の方法で割り当てる。イオンは、小売、ディベロッパー、金融、サービス、およびそれに関連する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる当該会社の事業活動の管理を行っている。連結子会社ジーフットは、グループの運

フジ(8278)とイオン(8267)、資本業務提携 中国・四国エリアでの市場を強化へ

フジ(8278)とイオン(8267)は、資本業務提携について合意し、資本業務提携契約を締結した。イオンは、フジ発行済株式総数の最大15.0%を既存株主から相対で取得する。また、フジはイオン子会社・マックスバリュ西日本株式をイオンから取得する。株式数は未定。フジは、四国4県、広島県、山口県で96店舗をスーパーマーケットを展開している。イオンは、グループにおいて、地域密着型経営の実践による中国・四国エ

タカキュー(8166)、イオン(8267)100%子会社のダイエーよりビックサイズ紳士衣料専門店「グランバック」事業を承継へ

株式会社タカキュー(8166)は、イオン株式会社(8267)の100%子会社である株式会社ダイエー(神戸市)との間で、会社分割の方法により、ビックサイズの紳士衣料専門店「グランバック」事業の一部を承継することに関する基本合意書を締結することを決定した。タカキューを吸収分割承継会社、ダイエーを吸収分割会社とする会社分割を行い、本分割の対価として、タカキューはダイエーに現金を交付する予定。タカキューは

この記事に関連するタグ

「TOB・連結・子会社」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

M&A全般
TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

近年、ニトリホールディングスの島忠に対するTOB(2020年)、NTTのNTTドコモに対するTOB(2020年)など企業買収のニュースで「TOB」という言葉を耳にする機会が増えています。本記事では「TOBとは一体何か」「どういう時に用いられるのか」というTOBの概要から、買収側、対象企業側それぞれの視点によるメリット・デメリット、国内で行われた事例をわかりやすく解説していきます。(記事最終更新日:

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード