KDDIとSwift、PPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けて業務提携締結

KDDI株式会社(9433)とSwift Navigation Inc.(アメリカ、Swift)は、高速移動に強くセンチメートル単位に対応したPPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けた業務提携契約を締結した。

通信業界のM&A

KDDIは、パーソナルセグメント、ビジネスセグメント、グローバルの分野で事業を展開している。

Swiftは、米国のGPSや日本の準天頂衛星システム(QZSS)など、複数の衛星信号を用いたリアルタイム測位に加えて、PPP-RTK方式のクラウド高精度測位サービス「SKYLARK」を全米で展開している。

本件により、KDDIとSwiftは、高度なモビリティ社会の実現に向け、多種多様な機器で利用可能な高精度位置測位サービスの展開を図る。
KDDIは、Swiftの高精度測位に対応する電子基準点を2021年12月までに全国に設置し、2022年春のサービス提供開始を目指す。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。