フォトシンス、野村不動産ホールディングスグループと資本業務提携締結、オフィスや他領域でのID統合やデータマネジメントを通じた空間のDXを加速

株式会社Photosynth(東京都港区、フォトシンス)は、野村不動産株式会社(東京都新宿区)との業務提携契約を締結、およびNREGイノベーション1号投資事業有限責任組合(野村不動産グループCVCファンド、運営者:NNコーポレートキャピタル)との資本提携を締結した。

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A

フォトシンスは、IoT関連機器の研究開発、「Akerun入退室管理システム」の開発・提供を行っている。

野村不動産は、マンション分譲事業、戸建分譲事業、投資・開発事業、ビルディング事業、建築・設計事業、資産運用事業等を展開している。

NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合は、事業課題の解決、成長分野を中心とした協業支援を注力領域としている。

本提携により、フォトシンスと野村不動産は、従来から推進する「H¹T」や「H¹O」におけるさらなる協業の拡大を進める。
また、野村不動産が展開するその他のオフィスブランドや住宅などでのスマートロックを軸としたDX検討を通して、不動産価値のさらなる向上を目指す。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。