M&Aニュース

事業承継セミナー

シミックHD(2309)、連結子会社である中国のジェネリック医薬品許可取得支援業務の希米科(蘇州)医薬科技有限公司の全持分を譲渡

更新日:

シミックホールディングス株式会社(2309)は、連結子会社希米科(蘇州)医薬科技有限公司(中国・江蘇省、CPT)の株式の持分を、上海復星医薬産業発展有限公司(中国・上海市、FOSUN)に全て譲渡することを決定した。

シミックHDおよびグループは、1992年に日本で初めて医薬品開発支援事業を開始し、開発から製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を提供するとともに、ヘルスケア事業、診断薬やオーファンドラッグの自社での開発販売などを行っている。

CPTは、2017年に中国におけるジェネリック医薬品許可取得支援業務を行うことを目的として、連結子会社である希米科(北京)医薬科技有限公司(中国・北京市)とFOSUNとの合弁会社として設立。

シミックHDは、中国における遺伝子申請に関する届出制度の導入により、外資合弁企業による業務運営が困難になったことから、本件譲渡に至る。

医療関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

シミックホールディングスに関連するM&Aニュース

シミックホールディングス、浜松ファーマリサーチを子会社化へ

シミックホールディングス株式会社(2309)は、株式会社浜松ファーマリサーチ(静岡県浜松市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。シミックホールディングスは、グループにて医薬品開発支援事業を行う。浜松ファーマリサーチは、創薬候補物質の有効性を評価する、非臨床薬効薬理試験の受託を行っている。シミックファーマサイエンスと浜松ファーマリサーチとの連携により、シミックグループは、ヒトに近い抗体を持

シミックホールディングス、傘下企業間で合併へ

シミックホールディングス株式会社(2309)は、子会社のシミック株式会社(東京都港区)と、シミックの子会社であるシミック・シフトゼロ株式会社(東京都港区)が、2023年10月1日付で合併することを決定した。シミックを存続会社とする吸収合併方式で、シミック・シフトゼロは解散する。シミックホールディングスは、グループにて医薬品開発支援事業を行う。シミックは、CRO(医薬品開発支援)事業であるコンサルテ

大日本印刷、シミックCMOを子会社化へ

大日本印刷株式会社(7912)は、シミックホールディングス株式会社(2309)傘下のシミックCMO株式会社(東京都港区)の子会社化を決定した。大日本印刷はシミックCMOの50.1%の株式取得を通じて、シミックホールディングスと共同でシミックCMOを運営する。シミックホールディングスが49.9%の株式を引き続き保有することで、シミックCMOは両社の合弁会社となる予定。大日本印刷は、印刷・情報技術を基

シミックHD、てんかん支援プラットフォームのノックオンザドアを子会社化

シミックホールディングス株式会社(2309)は、ノックオンザドア株式会社(東京都新宿区)と資本業務提携契約を締結し、ノックオンザドアが実施する第三者割当増資による議決権付優先株式の引受および発行済の議決権付優先株式の譲受により株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、51.7%となる。シミックHDは、シミックグループの純粋持株会社。シミックグループは医薬品開発支援事業を行っている

シミックソリューションズ、医療情報プラットフォーム開発を行うオケイオスと資本業務提携締結

シミックホールディングス株式会社(2309)のグループ会社であるシミックソリューションズ株式会社(東京都港区)は、株式会社オケイオス(福岡県福岡市)と、資本業務提携を締結した。オケイオスが実施する第三者割当増資を引き受ける。シミックソリューションズは、人材紹介サービス・人材派遣サービス・委受託サービス(製薬事務)を展開している。オケイオスは、医療情報・健康情報に関わる情報サービス業を行っている。ブ

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード