M&Aニュース

トヨタ自動車(7203)とNTT(9432)、スマートシティ実現をめざし資本業務提携

トヨタ自動車株式会社(7203)と日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、両社間で価値観を共有し社会の発展をめざすコアなパートナーとして、住民のニーズに応じて進化し続けるスマートシティの実現をめざし、スマートシティビジネスの事業化が可能な長期的かつ継続的な協業関係を構築することを目的として、業務資本提携に関する合意書を締結した。

トヨタ自動車は、NTTが実施する第三者割当による自己株式の処分により、NTTの普通株式80,775,400株を取得する。
取得価額は、約2,000億円。発行済株式総数に対する所有割合は、約2.07%となる。

NTTは、トヨタ自動車が実施する第三者割当による自己株式の処分により、トヨタ自動車の普通株式29,730,900株を取得する。
取得価額は約2,000 億円。発行済株式総数に対する所有割合約 0.90%となる

輸送用機械・部品製造業界のM&A

本提携により、両社は、ヒト・クルマ・イエ、また住民・企業・自治体等に係る生活、ビジネス及びインフラ・公共サービス等の全ての領域への価値提供を行う「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築し、先行ケースとして、まずは静岡県裾野市東富士エリア(Woven City)と東京都港区品川エリアにて実装し、その後連鎖的に他都市へ展開を図る。
今後、スマートシティの競争力向上による更なる成長とともに、持続可能な社会の発展を目指す。

●今後のスケジュール
株式取得日 2020年4月9日

この記事に関連するタグ

「資本業務提携」に関連するM&Aニュース

IoT事業等を展開するACCESS、NTT社と「IOWN構想の実現」を目的とした業務提携締結へ

株式会社ACCESS(4813)は、日本電信電話株式会社(9432、NTT社)との間で、NTT社が推進する「IOWN構想の実現」を目的とした業務提携を行うことを決定した。ACCESSは、IoT事業、電子出版事業、ネットワーク事業を展開している。NTT社は、移動通信、地域通信、長距離・国際通信およびデータ通信事業等を行っている。本提携により、ACCESSは、NTT社とIOWN構想の実現を目的として、

スズキとダイハツ、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」に参画

スズキ株式会社(7269)、ダイハツ工業株式会社(大阪府池田市)は、商用事業プロジェクト「CommercialJapanPartnership」に参画することを決定した。参画にあたり、スズキとダイハツは、トヨタ自動車株式会社(7203)が保有するCommercialJapanPartnershipTechnologies株式会社(東京都文京区、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジー

トヨタ自動車の子会社、自動運転モビリティのための高精度地図等の次世代道路情報解析を行うCARMERAを買収へ

トヨタ自動車株式会社(7203)の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(東京都中央区)は、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析を行っているCARMERA,Inc.(アメリカ・ニューヨーク州、CARMERA)の買収に合意した。本件に伴い、CARMERAのチームはウーブン・プラネットの事業会社であるウーブン・アルファ株式会社の自動地図生成プラットフォ

NTTドコモ、SMBC日興証券、お金のデザイン、資産運用サービス拡充に向けて基本合意契約締結

日本電信電話株式会社(9432)のグループ会社の株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316)のグループ会社のSMBC日興証券株式会社(東京都千代田区)、株式会社お金のデザイン(東京都港区)の2社と、各社の保有するビジネス基盤や知見を組み合わせ、「長期・分散・積立」を基本とした資産運用サービス拡充に向けた協業の検討に合意し、基本合意契約を締結し

NTTグループとNEC、5Gを活用した企業向けソリューション開発の共創活動を開始

日本電信電話株式会社(9432、NTT)、株式会社NTTデータ(9613)、日本電気株式会社(6701、NEC)は、グローバル市場において、5Gを活用した企業向けソリューションの共創活動を開始する。本件では、NTTは協業の全体調整・支援、NTTデータは企業向け5G活用システムのインテグレーション、NECは企業向け5G活用システムに求められる技術・製品・ソリューションの提供を行う。NTTは、NTTグ

トヨタ自動車の子会社、米国リフトの自動運転部門であるLevel 5を買収

トヨタ自動車株式会社(7203、トヨタ)の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(東京都中央区、ウーブン・プラネット)は、Lyft,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、リフト)の自動運転部門であるLevel5を買収することに合意した。取得価額は、約5.5億米ドル。トヨタは、自動車の生産・販売を主な事業としている。ウーブン・プラネットは、グループ全体に対する戦略的意思決定、パートナー

NTTドコモ、食のイノベーションとして事業展開するグッドイートカンパニーと資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)のグループ株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社グッドイートカンパニー(東京都渋谷区)と資本提携契約を締結し、グッドイートカンパニーからの第三者割当増資の引き受けにより普通株式を取得することについて合意した。取得割合は、51%。NTTは、持株会社であり、グループ企業の事業を多方面に展開している。ドコモは、通信事業、スマートライフ事業、ケー

NTTコムウェア、「mobiAgent」や「mobiVoice」等の顧客サポート業務支援を行うモビルスと資本業務提携締結

日本電信電話株式会社(9432、NTT)の子会社エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区、NTTコムウェア)は、モビルス株式会社(東京都品川区)と第三者割当増資の引き受け、資本業務提携契約を締結した。所有割合は、10%となる。NTTコムウェアは、情報通信システムおよび情報通信システムに関わるソフトウェア各種装置の開発、製作、運用、保守およびそれらの受託等を行っている。モビルスは、人工知能と

NTT(9432)、東京センチュリー(8439)と資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、東京センチュリー株式会社(8439)との資本業務提携に合意した。NTTグループの金融中核会社であるNTTファイナンスが新たに設立する新会社NTT・TCリース株式会社に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化する。また、NTTは東京センチュリーの

トヨタ自動車(7203)とSUBARU(7270)、業務資本提携へ 追加出資によりSUBARUを関連会社化

トヨタ自動車(7203)とSUBARU(7270)は、業務資本提携に合意した。トヨタは、SUBARU株式を2019年3月31日現在の議決権3.17%から、20%に達するまで取得する。これによりSUBARUはトヨタの関連会社となる。SUBARUは、トヨタによるSUBARU株式の取得に要した金額と同額に相当する株式を取得する(ただし取得価額の上限は800億円)。取得方法はいずれも市場買付けおよび、また

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード