日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

PKSHA Technology(3993)、SPCを通じて駐車場機器製造販売会社・アイドラの全株式取得

PKSHA Technology(3993)は、設立した特別目的会社(SPC)を通じて、株式会社アイドラ(東京都新宿区)の全株式を取得することを決定した。
取得価額は2,802百万円。

PKSHA Technologyグループは、機械学習・深層学習技術を用いて、各種ソフトウエア・ハードウエアを知能化する技術の研究開発と社会実装を行っている。現在、顧客企業のソフトウエア・各種ハードウエア端末向けにアルゴリズムモジュールを組み込むライセンス事業と、アルゴリズムモジュールを組み合わせることで自社ソフトウエアを構築し、販売するライセンス事業の2つの販売形態で展開している。

アイドラは、駐車場機器の製造販売および駐車場運営受託事業を展開している。事業を通じて、日本全国にIoT機器を10万台以上配置し、リアル空間のデータをクラウドに繋げてきた。

本件M&Aにより、PKSHA Technologyグループは、IoT 端末による情報収集から顧客への製品・サービス提供までのバリューチェーンを垂直統合することで、自社グループの提供するアルゴリズムの付加価値の最大化を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2019年7月5日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。