M&Aニュース

成長戦略セミナー

朝日放送グループホールディングス(9405)、ディー・エル・イー(3686)の第三者割当増資引受け、子会社化

更新日:

朝日放送グループホールディングス(9405)は、ディー・エル・イー(3686)が実施する第三者割当増資の引受けを行い、DLEを子会社化すること、並びに資本業務提携に関する契約の締結を決定した。

DLEは、第三者割当増資により、朝日放送グループHDを割当予定先として普通株式22,000,000株を発行する予定であり、朝日放送グループHDはその全てを引き受ける。議決権所有割合は51.97%となり、朝日放送グループHDはDLE親会社となる。

DLEの調達資金額は手取り概算額で2,752百万円となる。

DLEグループは、IPの新規開発、ソーシャル・キャラクター及び「TOKYO GIRLS COLLECTION」等のIPを活用したマーケティング・サービス、各種コンテンツの企画製作及びメディア展開プランの策定・実行までを統合的に手掛けるファスト・エンタテインメント事業を展開している。業績黒字化に向けて、自社IPの提案強化のための充当資金の確保を喫緊の課題としていた。

朝日放送グループHDは、総合コンテンツ企業化を目指しており、放送事業を基本としつつ、企業価値の向上に取り組んでいる。進行中の中期経営計画においては、IP獲得・マネタイズする仕組みの柱の1つとして、国内におけるコンテンツ企画の早急な強化を掲げている。

本提携により、朝日放送グループHDは、DLEグループのもつコンテンツの海外販売やプロモーション、共同プロジェクトの推進等を行うことで、総合コンテンツ企業化を推進する。

●今後のスケジュール
資本業務提携契約の締結日 令和元年5月10日
第三者割当増資に係る払込期日 令和元年5月29日

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

朝日放送グループホールディングス・ディー・エル・イーに関連するM&Aニュース

朝日放送グループHD、子会社のディー・エル・イーの一部株式を売却

朝日放送グループホールディングス株式会社(9405、以下「朝日放送グループHD」)は、2024年5月29日の取締役会において、同社におけるファスト・エンタテインメント事業の位置付けを見直し、同事業を手掛ける子会社である株式会社ディー・エル・イー(3686、以下「DLE」)の一部株式を売却することを決議した。なお、株式売却は発行済株式総数の2.0%を予定しており、保有株の比率は51.75%から49.

ディー・エル・イー、アマダナスポーツエンタテインメントを買収

株式会社ディー・エル・イー(3686)は、2024年4月24日開催の取締役会において、株式会社アマダナスポーツエンタテインメント(東京都新宿区、以下「ASE」)の株式を取得し、子会社とすることを決議した。ディー・エル・イーは、IP(知的財産権)を開発・取得し、そのIPを用いて人々にコンテンツやサービスを提供しているエンターテインメントカンパニー。ASEは、プロ・アマチュアスポーツクラブ及び大学等の

ABCファンライフ、女性向けアパレルブランドのEimを買収

朝日放送グループホールディングス株式会社(9405)の子会社であり、通販事業、テレビ番組制作を行う株式会社ABCファンライフ(大阪府大阪市、以下「AFL」)は、女性向けアパレルブランドのEC事業を手掛ける株式会社Eim(京都府京都市)の全発行株式を譲受する株式譲渡契約を締結した。AFLは、通信販売、広告代理店である。Eimは、婦人服等の企画、デザイン、販売を行う。株式取得の背景朝日放送グループHD

朝日放送グループHDの子会社ABCアニメーション、CGCGスタジオとの間で株式譲渡契約を締結

朝日放送グループホールディングス株式会社(9405)は、完全子会社である株式会社ABCアニメーション(東京都新宿区、以下アニメ社)にて、CGCGスタジオ株式会社(沖縄県沖縄市)のCG映像制作事業・モーションキャプチャー事業・ゲームコンテンツ開発事業の譲受を目的とした株式譲渡契約を締結した。朝日放送グループホールディングスは、テレビ・ラジオ・CSの放送事業、TV番組企画/制作、映像の保存/管理等を行

朝日放送グループHD、キャラクター・アニメ雑貨事業のゼロジーアクトの株式取得、子会社化

朝日放送グループホールディングス株式会社(9405)は、ゼロジーアクト株式会社(東京都台東区)の発行済株式の全てを取得し、完全子会社化することを決定した。同時に、株式会社SILVERLINK.およびゼロジーアクトの3社間で事業提携契約を締結する。朝日放送グループHDは、テレビ放送事業、ラジオ放送事業などを行うの事業会社の認定放送持株会社。放送・コンテンツ・ライフスタイルの3つの事業セグメントを強化

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

経営・ビジネス
資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

企業経営に不可欠な資金調達には様々な方法があります。どのように安全かつ効率的に資金を調達すれば良いのか、本記事では、資金調達の方法や具体例、リスクへの対応などわかりやすく解説します。日本M&Aセンターは、M&Aを通じて資金調達など様々な経営課題の解決を専門家チームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・経営のご相談はこちら資金調達とは?資金調達の意義と役割は以下のように

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

第三者割当増資とは?目的やメリットをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリットをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業が新たな株式を発行し、外部の投資家や他の企業に割り当てる資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら第三者割当増資とは第三者割当増資は、企業が新たな株式を

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード