M&Aニュース

日立化成(4217)、アメリカの再生医療用細胞の受託製造PCT社を完全子会社化

日立化成(4217)は、米国Caladrius Biosciences, Inc. (NASDAQ: CLBS、以下カラドリウス社)との間で、カラドリウス社の子会社で再生医療用細胞を受託製造する米国のPCT, LLC, a Caladrius Company(以下、PCT)の持分80.1%を、日立化成の100%子会社である日立化成アメリカが取得する契約の締結を決定した。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

取得価額は約87億円。これにより日立化成アメリカの所有割合は19.9%から100%となる。

日立化成グループは、遺伝子診断、再生医療事業へ新規に参入することを重点施策としている。

日立化成グループは、本件持分取得により、PCTのブランド力、製造拠点、販売網等のリソースを取り込むことで、日本だけではなく、欧米を含むグローバルで再生医療用細胞の受託製造事業を展開していく。

●今後のスケジュール
持分取得完了 2017年5月中

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。