M&Aニュース

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ、中央ビルト工業(1971)と資本業務提携、第三者割当増資引受けへ

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)と中央ビルト工業(1971)は、資本業務提携契約を締結した。

旭化成ホームズは、中央ビルト工業株式を保有するアルインコ(5933)よりその一部である4,600,000株を取得し、また中央ビルト工業の第三者割当増資にて発行される普通株式3,100,000株を全額引受ける。発行済株式数に対する所有割合は32.37%となる。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

中央ビルト工業は、仮設足場製造のリーディングカンパニー。

旭化成ホームズグループより住宅用鉄骨部材の製造受託を請け負っている。

本件M&Aにより、旭化成ホームズは、相互の事業基盤を有効に活用し、関東地区における住宅用鉄骨部材の生産体制の強化ならびに金属加工事業の事業分野におけるノウハウの共有によるコストダウンを実現することで、将来の成長に向けた競争力強化を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡及び増資引受期日 平成29年3月3日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

旭化成グループの旭化成ホームズ、米国アリゾナ州で戸建住宅工事事業を行う3社を買収

旭化成(3407)のグループ旭化成ホームズ株式会社(東京都千代田区)は、米国子会社を通じて、AustinElectricServices,LLC、AustinConcrete&StoneLLC、AustinHVACLLC(アメリカ・アリゾナ州、以下3社をAustin社)を買収することを決定し、全持分を取得する契約を締結した。旭化成は、マテリアル領域、住宅領域、ヘルスケア領域と3つの事業領域を展開し

旭化成(3407)子会社の旭化成ホームズ、シマダリビングパートナーズと資本業務提携

旭化成(3407)の子会社旭化成ホームズ株式会社は、シマダリビングパートナーズ株式会社(東京都渋谷区)の株式を取得する契約を締結し、当該株式の取得を完了した。取得割合は、30%となる。旭化成ホームズは、将来に向けた成長の柱の一つとしてシニア事業の拡充を掲げており、特に健常期~フレイル(虚弱)期にあたるシニア層向けの安心賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」の提供に注力し、2020年3月末

旭化成(3407)の子会社Sage Automotive Interiors,Inc.、米国Adient社より自動車内装ファブリック事業を買収

旭化成株式会社(3407)の子会社SageAutomotiveInteriors,Inc.(米国サウスカロライナ州、Sage社)は、欧州自動車市場における事業拡大と基盤強化を目的に、Adientplc(米国ミシガン州、Adient社)の自動車内装ファブリック事業をで買収する契約を締結した。取得価額は、約188億円。SageAutomotiveInteriors,Inc.は、米国を中心に、自動車内装

旭化成(3407)グループの旭化成ホームズ、米国のプレハブ建築部材メーカー・Erickson社を買収

旭化成(3407)100%子会社の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)は、米国子会社を通じてEricksonFramingOperationsLLC(米国・アリゾナ州、Erickson社)を買収することを決定し、Erickson社を100%保有するEricksonFramingHoldingsLLCとの間で契約締結した。旭化成ホームズは、戸建住宅「ヘーベルハウス」の建築請負事業を中心とする既存事

旭化成(3407)、米国の自動車内装材メーカー・セージ社を買収

旭化成(3407)は、SageAutomotiveInteriors,Inc.(米国サウスカロライナ州、セージ社)を買収することについて、セージ社を100%保有するClearlakeSageHoldings,LLC(米国デラウェア州)との間で合意した。買収価額は約791億円。旭化成は、マテリアル領域の重点分野の1つとして自動車分野向け事業の拡大を図っており、領域内横断で「自動車メーカーおよび部品メ

「株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード