M&Aニュース

宝ホールディングス(2531)、オーストラリアの日本食材卸売会社ニッポンフード社を子会社化

宝ホールディングス(2531)の連結子会社である宝酒造株式会社は、Nippon Food Supplies Company Pty Ltd.(オーストラリア、ニッポンフード社)の実施する第三者割当増資を引受けることを決定した。
議決権所有割合は51.0%となり、ニッポンフード社は宝HDの連結子会社となる。

食品製造業界のM&A

宝HDは、2020年を実現目標とする長期経営ビジョンにおいて、「欧米をはじめとする世界での日本食材卸網構築」を重点戦略に掲げる。
宝HDグループの中核を担う宝酒造は、2010年より、フランス、イギリス、スペインおよびポーランド、ポルトガル、米国において日本食材卸事業を行う企業を傘下に加え、同事業のネットワーク拡大に取り組んでいる。

ニッポンフード社は、オーストラリア有数の日本食材卸売会社。

本件により、宝HDは、アジア・オセアニア地域への進出を実現し、日本食材卸事業の更なる拡大ならびに企業価値の向上を図る。

●今後のスケジュール
第三者割当増資払込日 平成29年1月17日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。