M&Aニュース

三菱重工業(7011)グループと神戸発動機(6016)、舶用ディーゼルエンジン事業を統合へ

三菱重工業(7011)と完全子会社である三菱重工舶用機械エンジン株式会社、および神戸発動機(6016)は、三菱重工舶用機械エンジンおよび神戸発動機の舶用ディーゼルエンジン事業の事業統合に向けた具体的検討を進めることについて基本合意書を締結した。

業務用・産業用機械製造業界のM&A

三菱重工業は、独自技術による自主開発舶用ディーゼルエンジンを1955年に初出荷して以来、60年にわたり開発・設計・ライセンス・製造・販売・サービス一貫体制で提供する国内唯一のエンジンライセンスを保有するエンジンメーカー。
三菱重工舶用機械エンジンは、2013年10月に発足して以降、開発・設計・ライセンスおよびアフターサービスに特化し、事業を展開してきた。

神戸発動機は、自主開発舶用ディーゼルエンジン製造の専業メーカーで、1957年から三菱重工との間で技術提携契約を締結している。
また、3社は、従来からのライセンサーの関係により、事業面での相互補完を行ってきた。

本件により、三菱重工業と三菱重工舶用機械エンジンおよび神戸発動機は、ライセンサー事業(開発・設計・サービス)とライセンシー事業(製造・販売・サービス)の垂直統合を行い、機動的かつ柔軟な事業運営体制を確立することで、持続的な成長を目指す。

●今後のスケジュール
最終契約書締結日 平成29年2月上旬
事業統合日 平成29年4月

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。