SJI(2315)、暗号通貨ソフトウェア提供テックビューロと資本業務提携

株式会社SJI(2315)は、テックビューロ株式会社(大阪市)との業務提携および、テックビューロが第三者割当増資により発行するA種優先株式を引き受けることについて決定した。
取得価額は49,950千円、普通株式およびA種優先株式の合計の所有割合は1.4%となる。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

テックビューロは日本とシリコンバレーのテクノロジービジネス経験者をチームに擁し、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発している。プライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」は、銀行における勘定システムに適用できることが証明されており、今後は金融関連以外の幅広いビジネス領域で実証実験の高いニーズが予想される。

SJIは、フィンテック分野のブロックチェーン技術に注目し、「mijin」の汎用化・製品化に向けて新たなシステム構築手法の確立を目指している。

SJIは、今後需要が見込まれる「mijin」を利用した実証実験に参加する企業に対する技術サポートを行うことでフィンテック分野を強化する。

●今後のスケジュール
第三者割当増資払込 平成28年5月31日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。