日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

競業避止義務

M&A法律用語

よみ
きょうぎょうひしぎむ
英語
duty not to compete

M&A後に売主が対象会社に関する競業行為を行い、買主に損失を与えることを避けるために、売主が負う競業禁止の義務のこと。M&Aにおける売主が、譲渡した事業のノウハウや人脈を利用して競業を行った場合、買主がM&Aの目的を果たせなくなるため、M&Aにおける契約書では売主に対して一定期間・範囲の競業避止義務条項を盛り込むことが一般的である。なお、事業譲渡の場合には会社法21条に明文規定があり、当事者間に何も合意がなければ20年の競業避止義務が発生する。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。

さらに検討を進めたい方は

セミナー メールマガジン