コラム

「中小企業庁」に関連する記事一覧

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

広報室だより

中小企業において増加するM&Aの効果を高めるために中小企業庁は現在、「中小PMIガイドライン(仮称)」の策定を進めています。PMIとはPostMergerIntegrationの略語でM&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aによる譲渡企業と譲受企業の相乗効果を発揮するためには円滑な統合プロセスが重要となります。ガイドライン策定には、M&A経験のある経営者やPMIを支援する実務者、学者らによる策

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

事業再構築補助金とは?公募要領や採択されるためのポイントをわかりやすく解説!

M&A全般

新型コロナウイルスは経済に大きく影響を及ぼし、多くの企業が売上の減少や遠のく客足に苦しんでいます。こうした状況を背景に、新しい分野に挑戦しようとする中小企業を支援するため、中小企業庁によって創設されたのが事業再構築補助金です。本記事では事業再構築補助金を活用できる場面、公募要件、申請時の注意点などを解説していきます。事業再構築補助金とは?事業再構築補助金とは、中小企業等が新たな分野へ進出するための

事業再構築補助金とは?公募要領や採択されるためのポイントをわかりやすく解説!

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

M&A全般

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

2017年版中小企業白書pickup2 -M&Aで相談した相手は?

調査データ

2017年4月21日、「2017年版中小企業白書」が中小企業庁より公表されました。第2章で「事業の承継」が大きく特集され、興味深いデータが多数紹介されています。中小企業庁「2017年版中小企業白書」全文「M&Aでの譲渡に関心のある企業の、承継に関する相談相手」に関する調査結果も出ています。1位は会計事務所59.1%、3位が取引金融機関42.3%となっています。事業の譲渡・売却・統合(M&A)に関心

2017年版中小企業白書pickup2 -M&Aで相談した相手は?

2017年版中小企業白書pickup1 -経営者が重視することは?

調査データ

2017年4月21日、「2017年版中小企業白書」が中小企業庁より公表されました。第2章で「事業の承継」が大きく特集され、興味深いデータが多数紹介されています。中小企業庁「2017年版中小企業白書」全文「従業員規模別に見た、事業を譲渡・売却・統合(M&A)する場合に重視すること」がその一つです。調査結果は以下の通りでした(白書より当社加工)。従業員規模別に見た、事業を譲渡・売却・統合(M&A)する

2017年版中小企業白書pickup1 -経営者が重視することは?

中小企業庁、「事業承継ガイドライン」対応の「事業承継マニュアル」を公表

事業承継

2017年4月10日、事業承継ガイドラインに対応する「経営者のための事業承継マニュアル」が中小企業庁より公表されました。[中小企業庁「経営者のための事業承継マニュアル」](http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170410shoukei.pdf)経営者のための事業承継マニュアル「事業承継ガイドライン」が中小企業庁により10年ぶりに改訂ビジュ

中小企業庁、「事業承継ガイドライン」対応の「事業承継マニュアル」を公表

「事業承継ガイドライン」が中小企業庁により10年ぶりに改訂

事業承継

事業承継協議会より2006年に発表された「事業承継ガイドライン」が10年ぶりに見直され、今月初旬に発表されました。事業承継に向けた早期・計画的な準備着?を促すなど、深刻化する後継者問題に対する政府の取り組みや方針が記載されています。中小企業庁「事業承継ガイドライン」を策定しました中小企業庁「事業承継ガイドライン」についてこの事業承継ガイドライン策定にあたって日本M&Aセンター上席執行役員の飯野が検

「事業承継ガイドライン」が中小企業庁により10年ぶりに改訂

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース