コラム

2022年の事例からみる食品卸売業界のM&Aと今後の展望

下平 健正

株式会社日本M&Aセンター/業種特化2部 食品業界専門グループ

業界別M&A
更新日:

⽬次

[表示]


株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの下平 健正です。
当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。
今回は下平が「2022年の事例からみる食品卸売業界のM&Aと今後の展望」というテーマでお伝えします。

2022年の食品卸売業界M&A事例

まず初めに、2022年の食品卸売業界のM&Aを代表する事例をご紹介します。

【売:外食】日本ピザハット・コーポレーション×【買:食品卸】ヤマエグループホールディングス(2022年8月)

ヤマエグループホールディングスは、福岡に本社を置き、総合流通業を行う売上5000億円を超える企業です。一般加工食品や菓子、酒類、冷凍食品はもちろん、飼料や畜産物、水産物など幅広い商品の流通を手掛けています。

日本ピザハット・コーポレーションは、お馴染みの「ピザハット」を全国で約500店舗展開し、ドミノピザやピザーラに次ぐ業界第3位の規模を持つ企業です。
投資ファンドのエンデバー・ユナイテッドから全株式を取得する形で、買収を実施しました。

ヤマエグループホールディングスは、主に九州を基盤としていますが、小売り分野などのM&Aを行うことによる事業の全国拡大と、ピザハットの買収で知名度を上げ、今後のM&Aの加速に繋げていこうという狙いかと思われます。

中期経営計画でも、M&Aによる新規事業分野への参入を掲げており、今後もさらにM&Aを加速していくものと思われます。小麦を扱った卸売業を行っていることから、シナジーも見込まれます。ヤマエグループホールディングスは、フードサービス事業への着手は初めてであり、どう相乗効果を引き出していくかが注目のポイントです。

【売:青果物卸】神果神戸青果×【買:精米卸】神明(神明ホールディングス)(2022年12月)

神明ホールディングスは、1902年創業で精米卸売業を行う神明に始まり、今では川上から川下まで幅広く事業を展開する企業です。

神果神戸青果株式会社は、神戸市場本場、明石市場、尼崎市場を拠点として青果物の卸売業を行う企業です。卸売業者の企業が同業を譲受ける少ない事例の中の1つです。

集荷や物流を活用でき、それに伴う取扱数量の増加、取引高の拡大など、卸売業者のM&A件数は少ないですが、シナジーが相応に見込まれることは容易に想像できます。

2022年の事例からみる食品卸売業界のM&A

卸売業界において「仲介役」として介在価値を発揮できるかというテーマは、卸売業の永遠のテーマであると言われています。

一昔前は、情報のキャッチアップの早さへの希少性が高く、そこにマージンを乗せて商売を行うなどの介在価値がありました。しかし現代は、インターネットの普及に伴い、情報のキャッチアップが一般化しているため、マージンを乗せられず売上が低迷したり、取引先が川上の業者との直取引を行ったために中抜きされてしまったり、という話はよく聞きます。

一方で卸売業界のM&Aは、「仲介役」であるため、手を組む業種の選択肢の幅が広いとも言えます。同じ卸売業で未開拓地域の会社を買収する「面を取っていく」方法や、自社で製造機能を持ち付加価値を上げていく方法、より拡販する機能を持つために小売業と手を組むなど、方法は様々です。

出典:農林水産省「国内外における農産物流通等の状況に関する調査について」より日本M&Aセンターにて作成

レコフM&Aデータベースによると、1996年1月1日から2022年12月31日までの間に、食品卸売業の企業が譲渡した件数は94件、譲受けた件数は97件と公表されています。

他業種と比較してみると、食品製造業の企業が譲渡した件数は1112件、譲受けた件数は994件であり、外食の譲渡した企業の数は635件、譲受けた企業の数は522件であることから、食品卸売業界のM&A件数は比較的に少ないことがわかります。件数が比較的少ないのは、市場規模によるものが大きいと思いますが、一方で、着目すべきは「卸売業同士のM&A件数が少ない」という事実です。

出典:レコフM&Aデータベースより日本M&Aセンターが作成
(1996年1月1日から2022年12月31日)(食品, スーパー, 外食、買収・事業譲渡(営業譲渡)にて抽出)

食品卸売業の会社は、食品製造または外食の企業を譲受けるケースがほとんど

1996年1月1日から2022年12月31日までの間に、食品卸売業の企業が譲受けた97件(公表ベース)のうち、約10%(9件)を西原商会、7件をアルビス、5件を神戸物産、5件を神明ホールディングス、4件をスターゼン、その他、複数回譲受けた企業が、5社と、複数回買収した企業が全体の40%弱を占めます。

上記に名を挙げた神戸物産までの3社が行うM&Aの中で、食品卸売業の企業を買収しているという事例は極めて少ないことがわかります(下記表を参照)。


出典:レコフM&Aデータベースより日本M&Aセンターが作成
(1996年1月1日から2022年12月31日)(食品, スーパー, 外食、買収・事業譲渡(営業譲渡)にて抽出)

公表されている97件を見ても、卸売業界の企業を譲受けるというケースはほとんどありませんでした。また、食品製造業や食品加工業を行う企業を買収するというケースが多いこともわかります。卸売業として、いかに介在価値を獲得していくかということを考えたときに、自社で製造機能を持つということがトレンドとなっています。


出典:レコフM&Aデータベースより日本M&Aセンターが作成
(1996年1月1日から2022年12月31日)(食品, スーパー, 外食、買収・事業譲渡(営業譲渡)にて抽出)

食品卸売業の会社が、食品製造業の企業を買収した事例として、2017年に起きたマルキュー食品(売:食品製造業)とニチモウ(買:生鮮魚介卸売)の資本提携をあげたいと思います。

ニチモウ株式会社は、日本を代表する水産物の専門商社です。マルキュー食品は、福岡で辛子明太子やたらこを製造販売する企業です。ニチモウグループの販売体制の増強が狙いと考えられています。

ニチモウグループは水産商社としての卸売機能のみならず、国内外の委託工場先で製品加工を行い、日本国内に広く展開しています。また水産系の食品のみならず、海上機械資材の販売や、漁網・漁具・各種ネットの販売、研究開発など、保有する機能は多岐にわたり、卸売業者としての介在価値が高い企業だと考えます。

まとめ

2022年の事例をもとに食品卸売業界のM&Aについて分析してきました。食品卸売業の会社が同業の会社を買うというケースは少なく、製造機能や加工機能を保有することが主流であることがわかりました。

「食品卸売業者としての機能を如何に増やせるか」が今後さらに重要になってくると考えます。これを機に我々と共にディスカッションを深め、M&Aを活用頂くきっかけにして頂けますと幸いです。

食品業界のM&Aへのご関心、ご質問、ご相談などございましたら、お問い合わせフォームにてお問い合わせを頂ければ幸甚です。
買収のための譲渡案件のご紹介や、株式譲渡の無料相談を行います。
また、上場に向けた無料相談も行っております。お気軽にご相談ください。

著者

下平 健正

下平しもたい 健正けんせい

株式会社日本M&Aセンター/業種特化2部 食品業界専門グループ

青森県生まれ、早稲田大学文化構想学部卒業後、新卒で日本M&Aセンターに入社。外食・食品業界専門チームにて、企業の存続と発展に向けたМ&A支援に携わる。近年はスーパーマーケットのM&A業務に注力。

この記事に関連するタグ

「食品業界」に関連するコラム

物流業界2024年問題と食品業界

業界別M&A
物流業界2024年問題と食品業界

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は水上が「物流業界2024年問題と食品業界」についてお伝えします。@cv_button物流業界の2024年問題とは?2024年問題とは、働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する問題のことです。トラックドライバ

2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向

業界別M&A
2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向

日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は高橋が「2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向」についてお伝えします。「外食・飲食業界M&ADATABOOK2024」について「外食・飲食業界M&ADATABOOK2024」は、食品業界専門グループが作成した、当社で“初”の外食・飲食業界に特化したМ&A事例を分析した資料となります。近年

中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT

業界別M&A
中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT

当コラムは日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は白鳥が「中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT」についてお伝えします。私がこれまで外食の経営者様にお伝えしてきた3つのケースを、読者(あなた)を49歳の外食企業の社長と仮定して、私がM&Aコンサルタントとしてお伝えしていきます。気軽にお読みいただけますと幸いです。@c

2024年世界情勢の変化が食品業界M&Aに与える影響

業界別M&A
2024年世界情勢の変化が食品業界M&Aに与える影響

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は江藤が「2024年の世界情勢が食品業界M&Aに与える影響に」についてお伝えします。@cv_button2024年は世界の情勢が大きく変わる年2024年は、1月に実施された台湾の総統、立法委員(国会議員)選挙に始まり、3月にはロシア大統領選挙、7月には東京都知事選、9月には岸田総理の自民党総裁任期満

食品業界の異業種M&A|異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現

業界別M&A
食品業界の異業種M&A|異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現

株式会社日本M&Aセンター食品業界専門グループの勝又俊です。当コラムは日本M&Aセンター食品業界専門グループのメンバーが業界最新情報を執筆しております。今回は勝又が「食品業界の”異業種”M&A」というテーマでお伝えします。@cv_button異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現異業種M&Aとは本コラムのテーマである「異業種M&A」とは、言葉の通り、異業種同士による資本提携を指します。これは

2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望

業界別M&A
2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望

日本М&Aセンター食品業界支援グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は「2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望」について解説します。@cv_button2023年の外食業界振り返り「コロナ禍で日本人の食習慣が変わった」と言われるように、外食大手から中堅企業まで軒並み影響を受けた近年の日本の外食産業。インバウン

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース