コラム

【書籍発売】M&Aを通じて全国の物流をつなぐ!年間400社と面談する著者が今伝えたいこと

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター 業種特化事業部 物流業界専門グループ 山本夢人・宮川智安は、物流業界にフォーカスした書籍『The Story[物流業界編] 業界を勝ち抜くために知っておきたい秘密 業界動向・業界再編・M&A』を、2022年6月22日に発売しました。

本著は、物流業界専門のM&Aコンサルタントとしての実績を有する2人だからこそまとめることのできた一冊。物流業界の動向や業界再編の現状、M&Aで押さえておきたい業界特有の論点に加えて、具体的なM&Aの進め方についてもわかりやすく解説しています。発売にあたり、著者代表の山本夢人に出版の背景や物流業界への思いを聞きました。

日本M&Aセンター 業種特化事業部 物流業界専門グループ 山本夢人・宮川智安

業界の動きと自社を比較することで、新たな発見や気づきも

山本)私や共著の宮川が所属する日本M&Aセンター 業種特化事業部 物流業界専門グループは、物流業界専門のM&Aコンサルタントが6名所属し一人当たり年間400社の物流企業にアプローチしています。その約7割が売上1~10億円未満、トラック保有台数10~100台の中小・中堅企業で、置かれている状況もさまざまです。本著は、そうした日々の活動の中でオーナーから見聞きした実情や、業界専門のM&Aコンサルタントとしてのこれまで培ってきた知見をベースに、今オーナーに伝えたい情報を凝縮。私たちが日々感じている「この業界をもっとよくしていきたい」という思いが詰まった1冊となりました。

事業承継を検討されているオーナーはもちろん、事業を引き継いだ若い経営者の方にお読みいただくうえでも業界の歴史や流れを体系的に把握できるという点で有効に活用いただけると思います。長年企業を率いてきたオーナーの皆様には、ぜひ業界全体と自社の歩みを照らし合わせながら読んでいただきたいですね。業界における自社のポジションを再確認したり、自社のこれまでの成長スピードを他社事例と比較してみたりすることで、新たな発見や気づきを得られるはずです。

「2024年問題」への対策は今がラストチャンス

このタイミングでの発刊にあたって意識したのが、働き方改革で時間外労働の上限規制などが適用される「2024年問題」への対策です。オーナーとの面談の中でも、2024年問題に何らかのアクションをしないといけないとは思いつつも、計画的に進められていないという声をよく耳にします。

その一つの解決策としてM&Aの活用は有効といえますが、M&Aを考え始めてからすぐにお相手が見つかるとも限りません。となると、まさに今考え始めないといけないタイミングであり、本著においても詳しく解説しています。

多くのオーナーが現在、後継者不在、慢性的な人材不足や長時間労働などのコンプライアンス、新規取引先の開拓や新拠点の確保などの課題を抱えていらっしゃいます。ただ、実情としてはその課題を緻密に考えて施策を検討するところまで手が回っていないと感じることも多いんです。本著では、実際にM&Aでそれらを克服したケースや、さらなる成長を果たした事例を多数盛り込んでいます。世の中の成長の波に乗って自社も成長できた時代を突っ走ってきたからこそ、本著が一度立ち止まって考えるきっかけになればうれしい限りです。

社員一人一人が誇りを持ち、自慢できる業界に

私たち物流業界専門グループでは、M&Aコンサルタントが国家資格の「運行管理者資格」を取得するなど、業界特有のルールや慣習への理解を深め、チームとして業界ならではの論点に対応できる点が、他のM&A仲介会社との差別化のポイントです。また、物流業界のM&Aのポイントとなる「拠点」確保の視点から考えると、当社のもつ全国に広がるネットワークも圧倒的な強みであるといえるでしょう。

私も共著の宮川も、数多くの物流企業のオーナーとの出会いを通じて業界の可能性に魅せられ、M&Aを通じて業界全体を明るくしていきたいという強い思いを持って日々の業務に取り組んでいます。実は宮川は実家が水産卸業で、父親がトラックで配達しているのを見て育ってきたからこそ、業界への思い入れも人一倍。当社550名超のM&Aコンサルタントの中でもトラックのことを語らせたら彼に勝るものはいないですし、本書でも言及しているフィジカルインターネットなど物流業界の将来の構想にも精通しています。

「物流は日本経済の血液」と称され、欠かせない存在である一方で、それが当たり前のものとされています。私たちはこの尊い業界がもっと尊敬されるべきだと思っています。物流業界専門コンサルタントとして、物流業界のプレゼンスがもっと向上し、そこで働く一人一人が誇りを持ち、家族に自慢できるような業界にしていきたい。この本がその一助になることを願っていますし、私自身もコンサルタントとしてその思いを持ち続けていきたいと思います。

【書籍概要】「業種特化型」だからこそのリアルな情報満載!

「2024年問題」「物流業界団塊の世代の後継者不在問題」「排ガス規制・EV化」…今日本の物流業界は過渡期にあります。時代とともに主要な物流インフラの変化とともに進化を続けてきました。

『The Story[物流業界編]』は、物流業界の「歴史」を追い、物流業界の「今」を再度分析し、「未来」の在り方を考える一冊。トラックの幹線輸送がフィジカルインターネットというインフラへと昇華していくストーリーを解説します。

業界が変化する中で、必ず発生するM&Aには正しい知識が必要です。業界専門のM&Aプロフェッショナルが解説する、物流業界M&Aの成功方法とは。

『The Story[物流業界編]』紹介ページ・ご購入はこちら

【会場参加で書籍贈呈】7月13日に書籍発売記念セミナーを開催!

2022年7月13日15時より、書籍発売記念セミナー「2030年に飛躍する企業になるための物流経営セミナー 〜2024年問題のその先へ〜」を東京会場およびオンラインにて開催!

セミナーは2部構成。第1部では「物流業界の各専門家によるパネルディスカッション」と題して、物流業界専門メディア(株式会社物流ニッポン新聞社 記者 佐々木 健様)、物流コンサル(船井総研ロジ株式会社 取締役 赤峰 誠司様)、物流大手事業会社(ナオヨシ株式会社 代表取締役社長 井ノ瀬 広和様)の視点から徹底解説。最新のトピックスについて、専門家のリアルな見解をお届けします。そして第2部では、著者である山本夢人が物流業界M&Aのリアルな現状を解説します。

会場参加者限定で書籍『The Story[物流業界編]』をプレゼントいたします。ぜひこの機会にご参加ください!

この記事に関連するタグ

「書籍」に関連するコラム

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

海外M&A
中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。日本M&AセンターがASEANM&Aのノウハウを紹介書籍『ASEANM&A時代の幕開け中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら中堅・中小企業こそ、M&AによってASEA

【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

海外M&A
【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

日本M&Aセンター海外事業部マレーシア駐在員事務所所長の尾島です。この12月、M&A業界初となる「中堅・中小企業向け」海外M&Aのノウハウを詰め込んだ書籍「ASEANM&Aの幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く-」を上梓します。日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。日本M&Aセンターは、中堅・中小企

【新刊のお知らせ】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

M&A全般
【新刊のお知らせ】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

日本M&Aセンター上席執行役員業界再編部長の渡部です。今月、自身で3冊目となる業界再編の本を東洋経済新報社から上梓いたします。【3/20発売】M&A思考が日本を強くする~JapanASNo.1をもう一度~JapanASNo.1をもう一度皆さんは、「ジャパンアズナンバーワン」(1979年)というエズラ・F・ヴォーゲルのベストセラーを読んだことがありますか?私の好きな本の一つです。戦後、日本の人口が増

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース