M&Aニュース

業務用・産業用機械製造業界のM&Aニュース一覧

米投資会社、サン電子への買付価格を4,750円に引き上げ、TOB期間を8月5日まで延長

ヘバラ・ホールドコ・ツー・エル・ピー(米国デラウェア州、HebaraHoldcoⅡ,L.P.)は、サン電子株式会社(6736)の普通株式に対する公開買付け(TOB)を実施することを決定し、2024年6月10日より実施しているが、本公開買付けにおける買付条件等の変更を発表した。【変更箇所:太字】1.買付け等の価格、2.公開買付期間、3.決済の開始日、4.買付予定数の下限1.買付け等の価格(変更前)普

小田原エンジニアリング、子会社でコイル用巻線設備の開発・販売の多賀製作所を吸収合併

株式会社小田原エンジニアリング(6149)は、連結子会社である株式会社多賀製作所(神奈川県足柄上郡)を吸収合併することを決定した。小田原エンジニアリングを存続会社、多賀製作所を消滅会社とする吸収合併方式で、多賀製作所は効力発生日をもって解散する。小田原エンジニアリングは、モーター用巻線設備の開発、設計・製造、販売を行っている。多賀製作所は、コイル用巻線設備の開発、設計・製造、販売を行っている。目的

井関農機、英国子会社のPREMIUM TURF-CAREの株式を追加取得・完全子会社化へ

井関農機株式会社(6310)は、非連結子会社PREMIUMTURF-CARELIMITED(イングランド・サフォーク、以下「PTC社」)の株式を追加取得することを決定した。井関農機は、農業機械の総合専業メーカー。PTC社は、英国国内において、景観整備機械・農業機械等の販売を行っている。株式取得の理由井関農機は、欧州・北米・アジアをグローバル戦略における重点地域として海外事業展開している。欧州市場に

オルガノ、技術伝承AI提供支援・ナレッジ共有プラットフォーム開発のLIGHTzと資本業務提携

オルガノ株式会社(6368)は、2024年6月に株式会社LIGHTz(茨城県つくば市)との戦略的な資本業務提携を開始した。オルガノは、イオン交換樹脂、分離膜、活性炭等を使用する純水装置、排水処理装置の製造・販売等を行っている。LIGHTzは、スペシャリスト思考の「技術伝承AI」の提供と実務適用支援、「汎知化」技術を活用したナレッジ共有プラットフォームの開発を行っている。背景・目的水処理をはじめ、工

Photosynth、ギグワーカー活用の施設運営BPaaS事業を分社化

株式会社Photosynth(4379)は、ギグワーカープラットフォームを活用した施設運営BPaaS(BusinessProcessasaService)事業を、新設分割の方法により、Photosynthが新たに設立する新設分割設立会社(以下「新設会社」)に承継させることを決定した。Photosynthを分割会社、新設会社を承継会社とする簡易新設分割で、新設会社は100%子会社となる予定。Phot

オーエスジー、眼鏡・眼内レンズ向けダイヤモンド工具メーカーを傘下に持つオランダPrecision Tools Holdingを買収

オーエスジー株式会社(6136)の連結子会社であるOSGEuropeS.A.(ベルギー)が、PrecisionToolsHoldingB.V.(オランダ)の株式取得に係る株式譲渡契約を締結した。OSGEuropeS.A.及びPrecisionToolsHoldingB.V.は、持株会社。目的オーエスジーグループは、重要施策の1つとして、微細精密加工分野の拡大を掲げている。今回のM&Aは、顧客層の開

北沢産業、子会社で業務用厨房機器修理・保守の北沢キープサービスを吸収合併

北沢産業株式会社(9930)は、100%子会社である株式会社北沢キープサービス(埼玉県日高市)を吸収合併することを決定した。北沢産業を存続会社とする吸収合併方式で、北沢キープサービスは解散する。北沢産業は、業務用厨房機器・家具の販売を行っている。北沢キープサービスは、業務用厨房機器の修理・保守管理を行っている。合併の目的北沢産業グループの経営資源の集中・経営の効率化を図るため。合併の日程合併契約承

日立造船のスイス子会社Hitachi Zosen Inova AG、デンマークごみ焼却発電プラントアフターサービスなどのBabcock & Wilcox Renewable Serviceを子会社化

日立造船株式会社の100%子会社でHitachiZosenInovaAG(スイス、以下「Inova」)は、Babcock&WilcoxRenewableServiceA/S(デンマーク、以下「BWRS」)の株式をBabcock&WilcoxEnterprise,Inc.(米国オハイオ州)から取得し、子会社とした。Inovaは、ごみ焼却発電プラントなどの設計、建設、運営、保守を行っている。BWRSは

ジェイテクト、販売子会社のジェイテクトセールスと明和商工を合併へ

株式会社ジェイテクト(6473)の国内グループ会社であるジェイテクトセールス株式会社(大阪府大阪市)および明和商工株式会社(東京都中央区)の両社は、2024年10月1日付(予定)で合併することとなった。ジェイテクトは、ステアリングシステム、軸受、駆動部品、工作機械、電子制御機器などの製造・販売を行っている。ジェイテクトセールスは、軸受・機械機器および付属物品の販売、中古機械・部品の買取・販売等を行

ジェイテクト、軸受製造子会社のジェイテクトメタルワークスとタイホーを合併へ

株式会社ジェイテクト(6473)の国内グループ会社である株式会社ジェイテクトメタルワークス(徳島県小松島市)と株式会社タイホー(香川県東かがわ市)の両社は、2024年10月1日付(予定)で合併することとなった。ジェイテクトは、ステアリングシステム、軸受、駆動部品、工作機械、電子制御機器などの製造・販売を行っている。ジェイテクトメタルワークスは、各種ベアリング、その関連製品及びそれらの部品の製造・加

井関農機、連結子会社6社の合併を発表

井関農機株式会社(6310)は、連結子会社である国内販売会社6社による合併を実施し、株式会社ヰセキ関西中部(愛知県安城市)を存続会社とし、商号変更を行うことを決定した。井関農機は、農業機械の総合専業メーカー。合併する連結子会社(1)株式会社ヰセキ北海道(北海道札幌市)(2)株式会社ヰセキ東北(宮城県岩沼市)(3)株式会社ヰセキ関東甲信越(茨城県稲敷郡)(4)株式会社ヰセキ関西中部(愛知県安城市)(

フルヤ金属、子会社でナノ粒子製造・販売などのナノ・キューブ・ジャパンを吸収合併

株式会社フルヤ金属(7826)は、完全子会社である株式会社ナノ・キューブ・ジャパン(東京都豊島区)を吸収合併することを決定した。フルヤ金属を吸収合併存続会社とする吸収合併方式で、ナノ・キューブ・ジャパンは解散する。フルヤ金属は、工業用貴金属製品の製造及び販売を行っている。ナノ・キューブ・ジャパンは、マイクロ化学プロセスによるナノ粒子の製造、販売、受託開発を行っている。吸収合併の目的組織運営の効率化

ニプロ、医薬品事業の再編を発表

ニプロ株式会社(8086)は、連結子会社であるニプロESファーマ株式会社(大阪府摂津市)が有する医薬品製造販売承認をニプロが承継すること、および当該承継完了後に、連結子会社であるニプロファーマ株式会社(大阪府摂津市)を存続会社、ニプロESファーマを消滅会社とする吸収合併を行うことを決定した。ニプロは、医療機器事業、医薬事業、ファーマパッケージング事業、再生医療事業を行っている。ニプロESファーマは

MTG、パッケージツアーなどのジェイエスティを株式交換により完全子会社化

株式会社MTG(7806)は、株式会社ジェイエスティ(愛知県名古屋市)と株式交換を行うことを決定し、ジェイエスティとの間で株式交換契約を締結した。MTGを株式交換完全親会社、ジェイエスティを株式交換完全子会社とする株式交換方法。MTGは、美容機器の企画開発・製造、化粧品、医薬部外品の企画開発・製造等を行っている。ジェイエスティは、国内、海外旅行のパッケージツアーオーダーメイドツアーの企画販売等を行

エコモット、シムックスイニシアティブと資本業務提携へ

エコモット株式会社(3987)は、株式会社シムックスイニシアティブ(東京都港区、以下「CMI社」)との間で資本業務提携基本合意書の締結を行うことを決定した。エコモットは、IoTインテグレーション事業を行っている。CMI社は、IoT・DXサービス開発を行っている。資本業務提携の目的本資本業務提携を通じ協業を深め、エコモットグループが注力領域と位置付けるGX分野で、企業価値向上を図っていく。資本提携の

トランスコスモスがクボタの中国システム子会社を買収

トランスコスモス株式会社(9715)は、株式会社クボタ(6326)の中国システム子会社である久保田信息系統(蘇州)有限公司(中国江蘇省、英語表記:KubotaSystems&Information(CHINA)Co.,Ltd.)の株式100%の取得する。トランスコスモスは、ITアウトソーシングサービスを展開している。デジタルマーケティングリサーチや、インターネット広告およびECサイト戦略の立案、運

米投資会社、サン電子へのTOBを発表

ヘバラ・ホールドコ・ツー・エル・ピー(米国デラウェア州、HebaraHoldcoⅡ,L.P.、以下「公開買付者」)は、サン電子株式会社(6736、以下「対象者」)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。本公開買付け後も対象者株式の上場は維持される予定。本公開買付けに関するサン電子の意見表明は決定次第お知らせするとしている。サン電子は、テレビ共同受信システム機器及び、情報通信シ

アズビル、スペイン子会社で凍結乾燥装置開発のアズビルテルスターを同国Falcon Acquisitionに譲渡

アズビル株式会社(6845)は、同社の連結子会社であるアズビルテルスター有限会社(スペイン・カタルーニャ州)の出資持分全てを、SyntegonTechnologyGmbH(ドイツ・ヴァイブリンゲン、以下「Syntegon社」)の100%子会社FalconAcquisition,S.L.U.(スペイン・マドリード州)に譲渡することに合意、2024年6月6日(中央ヨーロッパ時間)に決定・調印した。本件

横河電機、再生可能エネルギー監視ソリューション提供の独BaxEnergyを買収

横河電機株式会社(6841)は、BaxEnergy(ドイツ・ハノーバー)を買収した。横河電機は、主力の制御事業、現場から経営レベルまでの顧客価値を最大化する総合的ソリューション、生産性向上のための各種ソフトウエア、生産制御システム、流量計、差圧・圧力伝送器、プロセス分析計、プログラマブルコントローラ、工業用記録計等を提供している。BaxEnergyは、再生可能エネルギー監視ソリューション(Rene

三菱化工機、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)製品製造・販売の東総を買収

三菱化工機株式会社(6331)は、三菱マテリアルテクノ株式会社(東京都台東区)との間で、三菱マテリアルテクノが保有する株式会社東総(秋田県秋田市)の全株式を取得するための株式譲渡契約を締結することを決議した。三菱化工機は、各種プラント・環境設備及び各種単体機械等の設計、製作、据付、販売を行う。三菱マテリアルテクノは、エンジニアリング・メンテナンス業、機器製造業、資源・地質・環境に関わる調査・分析・

日機装、CRRT事業子会社Nikkiso Europeなど2社の全株式をシンガポールTYHC Internationalに譲渡

日機装株式会社(6376)は、日機装連結子会社NikkisoEuropeGmbH(ドイツ・ランゲンハーゲン)および日機装(上海)実業有限公司(中国・上海市、以下「日機装(上海)実業」)の全株式をTYHCInternationalPTE.LTD(シンガポール)に譲渡することを目的とした基本契約を締結した。日機装は、産業用特殊ポンプ・システムなどを手掛ける「インダストリアル事業」、CFRP(炭素繊維強

ダイキン工業、三浦工業と資本業務提携

ダイキン工業株式会社(6367)と三浦工業株式会社(6005)は、資本業務提携することを決定した。今回の提携で、ダイキンが三浦工業に出資し発行済株式の4.67%を取得、三浦工業はダイキンの100%子会社である株式会社ダイキンアプライドシステムズ(東京都港区)への出資を行い、発行済株式の49%を取得する。三浦工業は、産業用ボイラメーカー。小型貫流ボイラ・舶用補助ボイラ・排ガス(廃熱)ボイラ・水処理機

住友重機械工業、子会社の住重特機サービスから防衛装備品及び海上保安用装備品の製造事業などを承継

住友重機械工業株式会社(6302)は、住友重機械工業100%子会社である住重特機サービス株式会社(東京都西東京市)の防衛装備品及び海上保安用装備品の製造、修理、保全及び販売並びに在庫物品の管理、輸送及び梱包に関する受託業務に関する事業を吸収分割し、住友重機械工業へ承継することを決議した。住重特機サービス株式会社を分割会社とし、住友重機械工業を承継会社とする吸収分割方式。住友重機械工業は、一般産業機

THK、直線運動案内機器(リニアシステム)総合メーカー日本ベアリングの子会社の日本ベアリング桐生を買収

THK株式会社(6481)は、2024年5月24日開催の取締役会において、日本ベアリング桐生株式会社(群馬県桐生市)の株式100%を日本ベアリング株式会社(新潟県小千谷市)から取得し、子会社化することを決議した。THKは、LMガイド、ボールスプライン、ボールねじ、LMガイドアクチュエータ等の機械要素部品の開発・製造・販売、その他、精密XYステージやリニアモータアクチュエータをはじめとするメカトロ関

岡本工作機械製作所、三井物産と資本業務提携

株式会社岡本工作機械製作所(6125)は、2024年5月22日開催の取締役会において、三井物産株式会社(8031、以下「割当予定先」又は「三井物産」)との間で資本業務提携を行うこと及び割当予定先に対する第三者割当による新株式の発行を決議し、本資本業務提携についての契約を締結した。また、本第三者割当に伴い、岡本工作機械製作所の主要株主である筆頭株主の異動及びその他の関係会社の異動が見込まれる。岡本工

三井E&S、持分法適用関連会社の三井海洋開発の保有株式の一部を売却

株式会社三井E&S(7003)は、このたび、三井E&Sが保有する三井海洋開発株式会社(6269)の株式の一部を、売出しの方法により売却することを2024年5月14日の取締役会にて決定し、特別利益を計上する見込みとなることを発表した。本件売出しに伴い、三井海洋開発は三井E&Sの持分法適用関連会社から除外される。三井E&Sは、舶用ディーゼル機関、圧縮機、ガスタービンなどの各種産業機械、コンテナクレーン

鶴見製作所、伊ポンプメーカーZENIT INTERNATIONAL S.P. A.を連結子会社化へ

株式会社鶴見製作所(6351)は、2024年5月13日開催の取締役会において、ポンプメーカーであるZENITINTERNATIONALS.P.A.(イタリア、以下「ZENIT社」)が鶴見製作所に発行済みの転換社債型新株予約権付社債(以下「本社債」)について、2024年7月(予定)にZENIT社株式への新株予約権を行使することを決議した。本社債の新株予約権行使によるZENIT社株式の追加取得により、

オリエンタルチエン工業、ローラチェーン用スプロケットなど各種歯車製造の寺田精工を買収

オリエンタルチエン工業株式会社(6380)は、2024年5月9日開催の取締役会において、寺田精工株式会社(奈良県橿原市)の株式を取得し、子会社化することについて決議した。オリエンタルチエン工業は、産業機械用チェーン、コンベヤチェーン、スプロケット類及び金属射出成形関連製品の製造・販売を主とした事業活動を展開する。寺田精工は、ローラチェーン用スプロケットを主力とした、各種歯車の製造を行う。株式の取得

三浦工業、ドイツの蒸気発生器販売・アフターサービスのCERTUSSを買収

三浦工業株式会社(6005)は、2024年4月30日付でドイツにおいて60年以上にわたり事業展開を進め、顧客と強い信頼関係を築いてきたCERTUSSDampfautomatenGmbH&Co.KG(ドイツ・ノルトライン‐ウェストファーレン州、以下「CERTUSS」)の全株式を取得した。三浦工業は、産業用ボイラのトップメーカーとして、小型貫流ボイラ・舶用補助ボイラ・排ガス(廃熱)ボイラ・水処理機器・

業務用・産業用機械製造業界を含む機械・金属・電子部品業界のM&A売却・事業承継案件一覧

業務用・産業用機械製造業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード