M&Aニュース

業務用・産業用機械製造業界のM&Aニュース一覧

ホシザキの米子会社、パナマの業務用冷蔵庫メーカーFogel社を持分法適用関連会社化

ホシザキ株式会社(6465)は、連結子会社であるHOSHIZAKIUSAHOLDINS,INC.(米国ジョージア州)が、パナマ共和国の業務用冷蔵庫メーカーである、FogelCompanyInc.(以下、Fogel社)の株式の一部を取得し、持分法適用関連会社化することを決議した。Fogel社は、グアテマラ共和国の製造子会社(FogelDeCentroamérica,S.A.社)をはじめ、他中南米諸国

シンフォニアテクノロジー、子会社のシンフォニアエンジニアリングとS&Sエンジニアリングを合併へ

シンフォニアテクノロジー株式会社(6507)は、2024年4月1日に、連結子会社のシンフォニアエンジニアリング株式会社(三重県伊勢市)と株式会社S&Sエンジニアリング(東京都港区)が合併し、シンフォニアエンジニアリング株式会社となることを発表した。シンフォニアエンジニアリング株式会社を存続会社、株式会社S&Sエンジニアリングを消滅会社とする吸収合併方式。シンフォニアエンジニアリングは、電気機械器具

日立造船、子会社の日立造船プラント技術サービスを吸収合併

日立造船株式会社(7004)は、2024年2月5日開催の取締役会において、2024年4月1日を効力発生日として、100%子会社である日立造船プラント技術サービス株式会社(大阪府大阪市、以下HPT)を吸収合併することを決議した。日立造船を存続会社とする吸収合併方式で、HPTは解散する。日立造船は、環境事業、機械・インフラ事業、脱炭素化事業を行う。HPTは、各種プラントのアフターサービス部品販売、機器

日本精工、子会社で給与計算・福利厚生業務のNSK人事サービスを吸収合併

日本精工株式会社(6471)は、2024年4月1日を効力発生日(予定)として、完全子会社であるNSK人事サービス株式会社(東京都品川区)を吸収合併することを決定した。日本精工を吸収合併存続会社、人事サービスを吸収合併消滅会社とする吸収合併。日本精工は、産業機械軸受、自動車関連製品、精密機器関連製品等の製造販売を行う。NSK人事サービスは、給与計算・福利厚生業務を行う。・吸収合併の目的日本精工は、2

日本精工、子会社でコンピューターシステム等設計・開発のNSKネットアンドシステムを吸収合併

日本精工株式会社(6471)は、2024年4月1日を効力発生日(予定)として、完全子会社であるNSKネットアンドシステム株式会社(東京都品川区)を吸収合併することを決定した。日本精工を吸収合併存続会社、NNSを吸収合併消滅会社とする吸収合併。日本精工は、産業機械軸受、自動車関連製品、精密機器関連製品等の製造販売を行う。NSKネットアンドシステムは、コンピューターシステム等の設計・開発を行う。・吸収

フクダ電子、子会社のフクダ物流センターを吸収合併

フクダ電子株式会社(6960)は、2024年1月31日開催の取締役会において、2024年4月1日を効力発生日として、完全子会社である株式会社フクダ物流センター(千葉県白井市)を吸収合併することを決議した。フクダ電子を存続会社とする吸収合併方式とし、物流センターは解散する。フクダ電子は、医療機器の研究・開発・製造・販売を行う。フクダ物流センターは、物品の梱包、発送、倉庫管理を行う。【合併の目的】昨今

芝浦機械、ポッカマシンを買収

芝浦機械株式会社(6104)は、2024年1月31日付で、ポッカマシン株式会社(愛知県岩倉市)の全株式を取得し、子会社化することについて決定した。芝浦機械は、射出成形機、ダイカストマシン、押出成形機、工作機械、超精密加工機、微細転写装置、高精度光学ガラス素子成形装置、産業用ロボット、電子制御装置、鋳物などの製造・販売およびレトロフィット・アフターサービス等を行う。ポッカマシンは、生産プラント(食品

瑞光の子会社COTEX、テイメンからコットン製品製造事業を譲受け

株式会社瑞光(6279)は、2024年1月30日開催の取締役会において、子会社である株式会社COTEX(岡山県倉敷市)がテイメン株式会社(岡山県倉敷市)のコットン製品製造事業を譲り受けることを決議した。瑞光は、衛生用品の製造機械メーカーとして、最終製品である紙おむつや生理用ナプキン等の付加価値向上を実現する機械の設計や加工技術の開発に取り組んできた。子会社であるCOTEXは、コットン製品の製造・販

アズビル、北米アズビルボルテックを米Sierra社に譲渡

アズビル株式会社(6845)は、北米の現地法人であるアズビルノースアメリカ株式会社(米国アリゾナ州)の100%子会社であるアズビルボルテック有限会社(米国コロラド州)をSierraInstruments,Inc.(米国カリフォルニア州、以下「Sierra社」)に譲渡することを決定、契約を締結した。アズビルボルテックは、温度圧力補正型渦流量計などの開発・製造・販売およびエンジニアリングを行う。Sie

グローリー、英・小売向けソフトウェア開発のフルイド社を買収

グローリー株式会社(6457)の連結子会社であるGloryGlobalSolutions(International)Ltd.(英国ベイジングストーク市)が、クラウドベースの小売業向けソフトウェアを提供するFlooidTopcoLimited(英国コベントリー市、以下フルイド社)の全発行済株式を取得、買収する契約を締結することを決めた。取得金額は148百万英ポンド(約274億円)グローリーは、通貨

ニレコ、子会社のミヨタ精密を吸収合併

株式会社ニレコ(6863)は、2023年12月25日開催の取締役会において、2024年4月1日を合併効力発生日として完全子会社であるミヨタ精密株式会社(神奈川県相模原市)を吸収合併することを決議した。ニレコを存続会社とし、ミヨタ精密を消滅会社とする吸収合併方式。本合併に伴い消滅するミヨタ精密株式会社は特定子会社に該当する。ニレコは、制御および計測装置の開発、製造、販売ならびに保守サービスを行う。ミ

東芝テック、同社と子会社のインクジェットヘッド事業を理想科学工業が新設する子会社に承継

東芝テック株式会社(6588)は、完全子会社である株式会社テックプレシジョン(静岡県三島市、以下「TPI」)のインクジェットヘッド事業を、東芝テック及びTPIからそれぞれ理想科学工業株式会社(6413)が新たに設立する子会社(以下「本吸収分割承継会社」)に会社分割(東芝テックについては簡易吸収分割)の方法で承継させる(以下、総称して「本吸収分割」)ことを内容とする契約を理想科学工業と締結することを

富士電機、富士電機ITセンターを吸収合併

富士電機株式会社(6504)は、100%子会社である富士電機ITセンター株式会社(東京都品川区)の富士電機への吸収合併の契約締結について決議し、合併契約を締結した。富士電機を存続会社、富士電機ITセンターを消滅会社とする吸収合併方式。富士電機は、今後の更なる成長に向けて、パワエレ事業、パワー半導体事業の拡大を中核とする「成長戦略の推進」、グローバルでのものつくり力強化による「収益力の更なる強化」、

クボタ、バッテリーシステム開発企業に出資

株式会社クボタ(6326)は、EV等の電動製品の性能向上に欠かせないバッテリーシステムの開発に強みを持つ台湾のスタートアップ企業、XINGMobilityInc.(台湾台北市、以下「XING社」)を傘下にもつ持株会社XINGTechnologyInc.(ケイマン諸島)に出資することを決定した。XINGTechnologyInc.傘下のXING社は、2015年設立。バッテリーシステムの開発、設計、製

ミネベアミツミ子会社、オーストリアRO-RA Aviation Systems GmbHを買収

ミネベアミツミ株式会社(6479)の子会社であるNMB-MinebeaUKLtd.(イングランド、以下「NMBUK」)は、2023年12月19日(オーストリア現地時間)、RO-RAAviationSystemsGmbH(オーストリア、以下「RORA」)の株式取得に係る株式譲渡契約を締結することを決定し、同契約を締結した。NMBUKは、ロッドエンド&スフェリカル・ベアリング製品の設計・製造・販売を行

タダノ、長野工業を買収

株式会社タダノ(6395)は、長野工業株式会社(長野県千曲市)の全株式を取得し、子会社化することについて決定した。タダノは、建設用クレーン、車両搭載型クレーン及び高所作業車等の製造販売を行う。長野工業は、建設機械・特殊車両、無線・電装装置の開発設計・製造・販売を行う。高所作業車の製造会社であり、「自走式のクローラ高所作業車」において日本国内のトップメーカー。タダノグループは「トラック架装式の高所作

岡本工作機械製作所、ニッコーから平面研削盤製造・販売事業を譲受け

株式会社岡本工作機械製作所(6125)は2023年11月30日開催の取締役会において、2023年10月2日に新潟地方裁判所に自己破産を申請し、破産手続き中のニッコー株式会社より同社の主力事業である「平面研削盤製造・販売事業」を譲受けること、およびその受け皿となる100%出資子会社(株式会社NICCO)を設立することについて決定した。また、12月12日開催の取締役会において、ニッコーの破産管財人弁護

ユニバーサルエンターテインメント、フィリピンの統合型リゾート会社を買収へ

株式会社ユニバーサルエンターテインメント(6425)の連結子会社TIGERRESORT,LEISUREANDENTERTAINMENT,INC.(以下「TRLEI」)は、フィリピン証券取引所に上場しているPHRESORTSGROUPHOLDINGS,INC.(以下「PHR」)の子会社であるPHTRAVELANDLEISUREHOLDINGSCOR.と、その子会社で、フィリピン・セブで統合型リゾート

メディキット、自己株式の取得及び自己株式の公開買付けへ

メディキット株式会社(7749)は、2023年12月5日開催の取締役会において、自己株式の取得を行うこと、及びその具体的な取得方法として、以下の通り、自己株式の公開買付け([TOB](columns/glossary/takeoverbid/)を行うことを決定した。【買付け等の概要】・日程等①取締役会決議日2023年12月5日(火曜日)②公開買付開始公告日2023年12月6日(水曜日)③公開買付届

三精テクノロジーズ、カナダのLaird Holdingsを子会社化

三精テクノロジーズ(6357)は、LairdHoldingsInc.(カナダ、Laird社)の株式の70%を取得し子会社化することについて決議し、株式譲渡契約を締結した。取得価格は1,714,489千円三精テクノロジーズは、遊戯機械や舞台機構及び昇降機等の企画・設計・製作・施工・保守・改修まで手掛ける。Liard社は、テーマパーク、観光施設等に対するコンセプト提案、デザイン及び設計コンサルティング

コマツ、建設・鉱山機械運行管理システムプロバイダーの豪iVolve Holdingsを買収

株式会社小松製作所(6301、以下「コマツ」)は、豪州の100%子会社を通じて、建設・鉱山機械運行管理システム(以下FMS※)のプロバイダーであるiVolveHoldingsPtyLtd(オーストラリアクイーンズランド州、以下「iVolve社」)を買収した。コマツは、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。iVolve社は、中小規模の露天掘り鉱山・砕

共和電業、タイ子会社の一部株式を譲渡

株式会社共和電業は、連結子会社であるKYOWADENGYO(THAILAND)CO.,LTD.(以下、「KYT社」)の株式の一部を譲渡する事を決定した。本件株式譲渡に伴い、2024年12月期決算より、KYT社は共和電業の連結子会社から除外されることとなる。共和電業は、官公庁、企業、大学等の実験研究分野における応力測定機器の製造販売、産業機器・FA分野における工業用計装機器の製造販売、ダム、橋梁、ト

ミナトホールディングス、台湾のDediProg Technologyと資本業務提携へ

ミナトホールディングス株式会社(6862)は、DediProgTechnologyCo.,LTD(台湾、以下Dediprog社)が発行する第三者割当増資による新株式を取得する資本提携の締結を決定した。併せて、グループ会社のミナト・アドバンスト・テクノロジーズ株式会社(神奈川県横浜市、以下MAT)とDediprog社が合弁会社を設立し、Dediprog社製品の国内と技術連携を行う業務提携に合意した。

コマツ、米バッテリーメーカーAmerican Battery Solutionsを買収へ

コマツ(6301)は、完全子会社であるコマツアメリカ株式会社(米国)を通じて、AmericanBatterySolutions,Inc(米国ミシガン州、以下ABS社)を買収することを決定した。買収完了予定は2023年12月1日。連結業績への影響は軽微としている。コマツは、グループにて主に、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。ABS社は、商用車・産

日東工器、新工場に向け連結子会社間で合併へ

日東工器株式会社(6151)は、連結子会社である白河日東工器株式会社(福島県白河市)を存続会社とし、同じく日東工器の連結子会社である株式会社メドテック(山形県山形市)を消滅会社とする吸収合併の実施を決定した。また、存続会社である白河日東工器の商号を「東北日東工器株式会社」に変更。あわせて、同社へ増資することを決定した。白河日東工器は、各種機器(健康機器、医療機器、建築機器、工作機器等)およびそのシ

コンバム、中国子会社である妙徳空覇睦機械設備を譲渡へ

コンバム株式会社(6265)は、連結子会社である妙徳空覇睦機械設備(上海)有限公司(中国上海市、以下「上海妙徳」)の全保有出資持分の譲渡を決定した。コンバムは、真空機器、空気圧機器、電子機器の製造販売等を行う。上海妙徳は、空気圧機器、空気圧装置および部品等の販売を行う。コンバムは、中国市場における需要が低迷していること等により、中長期にわたる安定的な事業継続が難しいと判断。2023年10月に28万

東京衡機、子会社の業務提携および孫会社の株式譲渡を発表

株式会社東京衡機(7719)は、子会社である株式会社東京衡機試験機(神奈川県相模原市)が株式会社ツビックローエル(神奈川県横浜市)と業務提携関係を強化し、孫会社である株式会社東京衡機試験機サービス(神奈川県相模原市)の株式51%を譲渡することについて基本合意を決定した。東京衡機グループは、1923年に創業した日本の試験・計測機器メーカー。東京衡機試験機は、各種材料試験機、構造物試験機、性能試験機、

アマダ、完全子会社アマダウエルドテックを吸収合併へ

株式会社アマダ(6113)は、完全子会社である株式会社アマダウエルドテック(神奈川県伊勢原市)を吸収合併することを決定した。アマダを存続会社とする吸収合併方式で、アマダウエルドテックは解散する。アマダは、金属加工機械(板金商品)の開発・製造・販売・サービスの提供を行っている。アマダウエルドテックは、金属加工機械(微細溶接商品)の開発・製造・販売・サービスの提供を行っている。アマダは、グループ内のレ

ミネベアミツミ、日立パワーデバイスを買収へ

ミネベアミツミ株式会社(6479)は、株式会社日立製作所(6501)から株式会社日立パワーデバイス(茨城県日立市)の全株式を取得し子会社化すること、および日立製作所グループのパワーデバイス事業に関する海外販売事業を譲り受けることを決定し、日立製作所と株式譲渡契約を締結した。ミネベアミツミは、ベアリングなどの機械加工品事業、電子デバイス、半導体、小型モーターなどの電子機器事業、自動車部品・産業機械・

富士変速機、東光高岳からサーボモータ事業を譲受へ

富士変速機株式会社(6295)は、株式会社東光高岳(6617)から、サーボモータ事業を譲り受けることを決定した。【譲受対象事業】・バッテリー駆動のACサーボモータ、およびドライバの設計開発・製造販売富士変速機は、歯車伝導技術を使用した変速機・減速機や、駆動回転技術に係るシステム製品の設計開発・製造販売を行っている。東光高岳は、電力機器事業/計量事業/GXソリューション事業/光応用検査機器事業等を行

業務用・産業用機械製造業界を含む機械・金属・電子部品業界のM&A売却・事業承継案件一覧

業務用・産業用機械製造業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード