M&Aニュース

業務用・産業用機械製造業界のM&Aニュース一覧

ナガオカ、水処理プラント工事を行う矢澤フェロマイトの株式取得、子会社化へ

株式会社ナガオカ(6239)は、矢澤フェロマイト株式会社(埼玉県川口市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ナガオカは、大阪に本社を置く機械メーカー。浄水装置や取水装置の製造販売する水関連事業、石油精製装置を製造販売するエネルギー関連事業を展開している。矢澤フェロマイトは、水処理プラント工事、製缶品製造、各種メンテナンス事業を行っている。本件M&Aにより、ナガオカは、矢澤フェロマイトが持

クボタ、重量式フィーダの販売を行う独Brabender Technologieを買収

株式会社クボタ(6326)は、欧州機械統括子会社のクボタホールディングスヨーロッパB.V.を通じて、BrabenderTechnologieGmbH&Co.KG(ドイツ・ヴェストファーレン州、ブラベンダーテクノロジー)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。クボタは、農業機械などの農業ソリューション、水道用鉄管などの水環境ソリューション、環境ソリューションを提供している。日本、中国、韓国を中

小松製作所、植林用アタッチメントメーカーのスウェーデンBracke Forestを買収へ

株式会社小松製作所(6301、コマツ)は、スウェーデンの完全子会社であるコマツフォレストを通じて、BrackeForestAB(スウェーデン、ブラッケ)を買収することを決定した。コマツは、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。ブラッケは、植林の工程(植林地整備、植栽)に使用される各種アタッチメントの開発・製造・販売などを行っている。2014年より、

フェローテックHD、大泉製作所の株式を公開買付けにより取得、子会社化へ

株式会社フェローテックホールディングス(6890)は、株式会社大泉製作所(6618)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。また、第三者割当増資を行い、連結子会社とすることを目指す。フェローテックHDは、半導体等装置関連事業、電子デバイス事業、その他関連事業を展開している。大泉製作所は、熱・温度変化によって電気抵抗値が変化する半導体セラミックスのサーミスタを利用した各種電子部

フェローテックHD、東洋刄物の株式を公開買付けにより取得へ

株式会社フェローテックホールディングス(6890)は、東洋刄物株式会社(5964)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。フェローテックHDは、東洋刄物の株式を33.24%所有しているが、今回発行済株式の全てを取得し完全子会社化を目指す。買付代金は、2,157百万円(普通株式1株につき、2,254円)。フェローテックHDは、半導体等装置関連事業、電子デバイス事業、その他関連事

ダイヘン、独ロボットシステムインテグレータのFemitec(フェミテック)を買収

株式会社ダイヘン(6622)は、FemitecGmbH(ドイツ・バイエルン、フェミテック)の買収を行った。ダイヘンは、変圧器をはじめとする電力機器、産業用ロボット、溶接機、高周波電源、ワイヤレス給電システムなどを提供している。現在、世界中の顧客の⽤途に応じた機器やシステムをトータルで提案するため、システムインテグレータ機能を拡充し、ロボットシステム事業の強化を進めている。フェミテックは、ロボットを

島津製作所、日水製薬の株式を公開買付けにより取得へ

株式会社島津製作所(7701)は、日水製薬株式会社(4550)の普通株式を、公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付代金は17,633,724,556円(買付予定数10,288,054株に公開買付価格1,714円を乗じた金額)。買付け等後における株券等所有割合は45.94%となる。残りの54.06%については、日水製薬が親会社である日本水産より自社株公開買付けを行う予定。島津製作所は

松屋アールアンドディ、オムロンヘルスケアとの資本業務提携を強化

株式会社松屋アールアンドディ(7317)は、オムロンヘルスケア株式会社(京都府向日市)との間で、資本業務提携を強化する契約を締結した。オムロンヘルスケアは、松屋アールアンドディの株式の9.48%を既に保有しているが、2022年6月2日付けで株式30,000株を相対取得する。また、2022年6月6日より1年間の期間において、買付け後の株式保有割合が15%を超えない範囲で買付けを行う予定。アールアンド

グローリー、金融機関向けシェアードサービス提供の英OneBanks Hubに追加出資実施

グローリー株式会社(6457)は、UnifiedFinancialLimited(イギリス・スコットランド、「OneBanksHub」として事業展開している)に追加出資を実施した。グローリーは、通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守、電子決済サービス、生体認証ソリューション、ロボットSI等の提供を行っている。OneBanksHubは、金融機関向けの「シェアードサービス※」事業を行っ

キトー、リフティング・セキュアメント装置メーカーのCrosbyグループと経営統合へ

株式会社キトー(6409)は、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(アメリカ・ニューヨーク州、KKR)傘下のCrosbyグループと経営統合することで合意した。LiftingHoldingsBidCo株式会社(東京都千代田区、公開買付者)を通じてキトーの株式を公開買付(TOB)する。買付代金(予定)は56,478,401,775円。買付予定数に本公開買付価格(2,725円)を乗じた金額。キトーは、チェー

アテクト、プラスチック製品の製造・販売を行う三甲と資本業務提携

株式会社アテクト(4241)は、三甲株式会社(岐阜県瑞穂市)との間で資本業務提携を行うことを決定した。アテクトは、半導体資材事業、衛生検査器材事業、PIM事業を柱に事業を展開している。三甲は、プラスチック製品の開発・製造・販売を行っている。2022年3月16日付でアテクトの株式32.99%を取得しており筆頭株主。本件によりアテクトは、三甲の販売ネットワークおよび大量生産による高度な製造ノウハウ等を

シスメックス、薬剤感受性に関する体外診断用製品を開発するAstregoの株式を追加取得、完全子会社化

シスメックス株式会社(6869)は、AstregoDiagnosticsAB(スウェーデン・ウプサラ、Astrego)の株式を追加取得し、完全子会社化した。これに伴い、社名をSysmexAstregoABに変更した。シスメックスは、臨床検査機器、検査用試薬ならびに関連ソフトウェアなどの開発・製造・販売・輸出入を行っている。Astregoは、薬剤感受性に関する体外診断用製品の開発を行っている。本件M

エコモット、北海道大学発ベンチャーのティ・アイ・エルへ出資、資本業務提携契約締結

エコモット株式会社(北海道札幌市)は、ティ・アイ・エル株式会社(東京都千代田区、TIL)へ出資し、資本業務提携契約を締結した。エコモットは、IoTソリューションの企画、およびこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発、クラウドサービスの運用・保守に関する業務を行っている。TILは、北海道大学発ベンチャーとして設立され、IoT・AIを用いたソリューション研究・企画・開発を行っている。

SANEI、高級バスタブ事業を行う連結子会社FLUSSOを吸収合併へ

SANEI株式会社(6230)は、連結子会社であるFLUSSO株式会社(東京都渋谷区)を吸収合併することを決定した。SANEIを存続会社とする吸収合併方式で、FLUSSOは解散する。SANEIは、給排水器具等の製造・販売を行っている。FLUSSOは、バスタブおよびバスルーム製品のデザイン開発・製造・販売を行っている。本件により、SANEIは、両社事業の連携強化、経営資源の集約、業務効率化および意思

オーイズミは、バブルスターの全株式を取得、完全子会社へ

株式会社オーイズミ(6428)は、バブルスター株式会社(神奈川県大和市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。オーイズミグループは、遊技場設備機器、太陽光発電、不動産賃貸、ゲームソフト、酒類醸造、農産物加工食品などの事業を行っている。バブルスターは、健康食品などの製造およびEコマース、食品輸入および卸販売を行っている。本件M&Aにより、オーイズミは、事業分野を拡充し、一体的にグループで

ミマキエンジニアリング、ソフトウェア開発企業のマイクロテックを完全子会社化

株式会社ミマキエンジニアリング(6638)は、ソフトウェア開発企業の株式会社マイクロテック(東京都品川区)の株式を取得し、完全子会社化した。ミマキエンジニアリングは、コンピュータ周辺機器およびソフトウェアの開発・製造・販売を行っている。独自のインクジェット技術とカッティング技術を駆使した革新的な製品を開発している。マイクロテックは、ソフトウェア開発、アプリケーション開発を行っている。ミマキエンジニ

グリーンクロス、山行舎およびマクテックの全株式取得、連結子会社化へ

株式会社グリーンクロス(7533)は、有限会社山行舎(愛知県名古屋市)およびマクテック株式会社(大阪府大阪市)の発行済全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。グリーンクロスは、道路安全資材・建築防災用品・保安用品・保護具等の安全機材用品の販売およびレンタルならびに各種サインメディアの製作・販売を行っている。山行舎は、安全機材用品および測量器具などの製造販売業を行っている。マクテックは、関西

マミヤ・オーピー、連結子会社キャスコの全株式をKSTに譲渡

マミヤ・オーピー株式会社(7991)の連結子会社であるキャスコ株式会社(香川県さぬき市)の全株式を株式会社KST(埼玉県児玉郡)に譲渡することを決定した。本件伴い、キャスコは連結対象から除外される。譲渡価額は、500百万円。マミヤ・オーピーは、電子機器事業、スポーツ事業、不動産事業を行っている。連結子会社キャスコは、ゴルフ用品の製造・販売を行っている。KSTは、ゴルフ場経営および管理請負業、ゴルフ

ズーム、ドイツの音響機器販売代理店Sound Service社を連結子会社化へ

株式会社ズーム(6694)は、ound-ServiceMusikanlagen-VertriebsgesellschaftmbH(ドイツ、SoundService社)の持分を取得し、連結子会社とすることを決定した。ズームは、音楽用電子機器の開発および販売事業を展開。約30年にわたって、SoundService社を通じて自社製品を中央ヨーロッパに販売している。SoundService社は、ドイツを中

朝日インテック、ODM・OEM事業を完全連結子会社フィルメックへ承継

朝日インテック株式会社(7747)は、医療機器分野のODM・OEM事業を、会社分割(簡易吸収分割)により、完全連結子会社であるフィルメック株式会社(愛知県名古屋市)に承継させることを決定した。本件は、朝日インテックを分割会社とし、フィルメックを承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)で行われる。会社分割に際しては、株式その他金銭などの割当てはない。朝日インテックは、医療機器の開発・製造・販売、極細ス

鶴見製作所グループのアロイテクノロジー、アロイ金属工業より一部事業を譲受けへ

株式会社鶴見製作所(6351)のグループ会社である株式会社アロイテクノロジー(大阪府大阪市)は、アロイ金属工業株式会社(大阪府八尾市)の各種ポンプ部材を主としたステンレス鋼・高クロム鋳鉄の製造・販売事業を譲り受けた。総投資額は、約1,000百万円。鶴見製作所およびグループは、水中ポンプを主力とした各種ポンプ、環境装置および関連機器の製造、仕入および販売(輸出入を含む)ならびに賃貸を行っている。グル

IHI回転機械エンジニアリング、近藤鉄工の全株式取得、完全子会社化へ

IHIグループ(7013)の株式会社IHI回転機械エンジニアリング(東京都江東区、IRM)は、IRMの関連会社である近藤鉄工株式会社(東京都中央区、KTK)の全株式を取得した。IHIは、総合重工業グループとして、資源・エネルギー、社会インフラ、産業機械、航空・宇宙の4つの事業分野を中心に事業を展開している。IHIグループのIRMは、分離機および濾過機に関する開発・設計・販売を行っている。KTKは、

アルチザネットワークス、シー・ツー・エムの全株式取得、子会社化へ

株式会社アルチザネットワークス(6778)は、株式会社シー・ツー・エム(東京都豊島区、C2M)の全株式を取得、子会社化した。アルチザネットワークスは、通信インフラ構築に使用される通信計測機および通信インフラの保守、運用管理を行うネットワーク・マネジメント・システムの開発・販売ならびに各種通信機器の開発・販売事業を展開している。C2Mは、情報通信システムおよびネットワークにおける保守・運用・監視サー

椿本チエイン、マテハン事業拡大に向けインドの合弁会社を完全子会社化

株式会社椿本チエイン(6371)は、連結子会社である株式会社椿本バルクシステム(大阪府豊中市)の子会社として、「TsubakiConveyorSystemsIndiaPrivateLimited」(社名登録申請中)(インド・マハラシュトラ州)を発足した。椿本チエインは、産業用チェーンの製造事業を行っている。機械部品から自動化システムへと事業領域を拡大し、グローバルにビジネスを展開している。連結子会

オムロン、ノーリツ鋼機の連結子会社JMDCと資本業務提携へ

オムロン株式会社(6645)は、ノーリツ鋼機株式会社(7744)の連結子会社株式会社JMDC(4483)と資本業務提携の締結および株式の取得を決定した。本株式取得の総額は、111,864百万円。取得割合は、33.0%。オムロンは、電気機械器具の製造および販売など事業を展開している。世界約120の国と地域にて、最先端の制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケアなどを通じて社会の発展に貢献するグロー

東京衡機、無錫三和塑料製品有限公司の全出資持分をFPKナカタケに譲渡

株式会社東京衡機(7719)は、連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司(中国・江蘇省)の全出資持分をFPKナカタケ株式会社(静岡県焼津市)に譲渡することを決定した。譲渡価額は、15,000,000円。本件に伴い、無錫三和塑料製品有限公司の完全子会社である無錫特可思衡機貿易有限公司も連結対象から外れる。東京衡機は、株式保有によるグループ全社の経営・管理および商事事業を行っている。連結子会社の無錫三

ダイフク、コンテックの全株式取得、完全子会社へ(TOB)

株式会社ダイフク(6383)は、株式会社コンテック(6639)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。本公開買付価格は、普通株式1株につき2,700円。ダイフクは、株式60.73%を所有しており、コンテックを連結子会社としているが、本件に伴い、全株式を取得し、完全子会社とする。ダイフクは、物流システムに関するコンサルティングとエンジニアリングおよび設計・製造・据付・サービス、マテリアル

ニッコンHD、安川電機の孫会社安川トランスポートの株式取得、連結子会社化へ

ニッコンホールディングス株式会社(9072)は、株式会社安川電機(6506)の子会社である株式会社安川ロジステック(福岡県北九州市、YL)が所有する株式会社安川トランスポート(福岡県北九州市、YT)の株式を取得する契約をYLと締結した。取得割合は、86%となる。本件に伴い、YTは社名を株式会社ニッコン北九へ変更するとともに連結子会社となる。ニッコンHDは、持株会社。グループにおいて、物流サービス事

ブイ・テクノロジー、アイテックの全株式取得、完全子会社化へ

株式会社ブイ・テクノロジー(7717)は、株式会社アイテック(東京都港)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。ブイ・テクノロジーは、FPD(フラットパネルディスプレイ)製品、半導体製品の製造に用いられる各種装置の開発、設計、製作、販売およびサービスなど事業を展開している。アイテックは、国内の金融・製造・流通などの幅広い業種に対応するエンベデッドシステムソリューション、オープンシステムソ

ホシザキ、イタリアBrema Group S.p.A.の全株式及びFinimma S.r.l.の全持分取得、子会社化へ

ホシザキ株式会社(6465)は、連結子会社であるHoshizakiEuropeHoldingsB.V.(オランダ)を通じて、イタリア共和国の業務用製氷機メーカーBremaGroupS.p.A.(イタリア、Brema社)の全株式およびFinimmaS.r.l.(イタリア、Finimma社)の全持分を取得し、子会社化(孫会社化)することを決定した。ホシザキは、製氷機、冷蔵庫、食器洗浄機をはじめとする各

業務用・産業用機械製造業界を含む機械・金属・電子部品業界のM&A売却・事業承継案件一覧

業務用・産業用機械製造業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード