M&Aニュース

不二製油グループ本社のシンガポール子会社、マレーシアのJohor Plantations Group Berhadと合弁会社を設立

更新日:

不二製油グループ本社(2607)は、2024年1月25日、会社法第370条及び当社定款第26条(2)による決議(取締役会の決議に代わる書面決議)によって、連結子会社であるFUJI OIL ASIA PTE. LTD.(シンガポール:以下、「FOA」)において、マレーシアのパーム油・パーム核の製造会社Johor Plantations Group Berhad(マレーシア ジョホール州:以下、「JPG」)と持続可能なパーム油を原料とした高付加価値のパーム油製品を製造・販売する合弁会社を設立することを決議した。

不二製油グループは、植物性油脂や大豆を原料とした食品素材を世界で展開する。不二製油グループ本社は、グループ戦略立案および各事業会社の統括管理を行う。

Johor Plantations Group Berhadは、パーム油・パーム核の製造を行う。

不二製油グループは中期経営計画「Reborn 2024」の基本方針として「事業基盤の強化(収益力復元と新しい価値創造) 」を掲げ、既存ビジネス領域における高付加価値製品へのポートフォリオの入れ替え、及び成長・戦略分野への経営資源の集中を進めている。

パーム油はグループの事業における基幹原料のひとつであり、その持続可能な調達を目指すことはグループの社会的責任と認識しております。2016年3月には「責任あるパーム油調達方針」を策定し、人々と地球環境を尊重するサプライヤー(原料供給者)から責任ある方法で生産されたパーム油を調達することを約束しております。

今回設立の合弁会社は、JPGが保有する十分に管理された農園から、高品質かつトレーサブル(生産者から消費者に届くまでの生産、加工、流通経路が追跡可能であること)で持続可能な原料パーム油を確保し、高付加価値のパーム油製品を製造・販売する。

当該合弁会社の工場は、バイオマスと排水からのエネルギーを利用した分別・精製工場であり、農園内に新たに建設を予定している。

当該合弁会社は、必要な手続き及び対応が完了すること等、一定の事項を前提条件として、不二製油グループ本社の子会社であるFOAがJPGの設立した会社の株式の49%を金銭にて取得する形となる。

トレーサブルで持続可能なパーム油の需要は昨今欧州市場を中心に拡大しているが、日本市場においても徐々に関心が高まってきており、今後の需要増加が予想される。不二製油グループはトレーサブルで持続可能なパーム油の提供を通して、世界の食と健康の課題解決に取り組み、社会に貢献していく。

・合弁会社の概要
(1) 名称         JPG Fuji Sdn Bhd(予定)
(2) 本店所在地      Ladang Pasir Logok, KB 504, 81900, Kota Tinggi, Johor, Malaysia(予定)
(3) 代表者の役職・氏名  Johor Plantations Group Berhad社から選任予定
(4) 事業内容       RSPO SG/IPグレード及びプレミアム品質製品の製造・販売
(5) 資本金        最大180百万マレーシアリンギット(段階的に増資を予定)
(6) 出資比率       Johor Plantations Group Berhad:51%
              FUJI OIL ASIA PTE. LTD. :49%
             ※JPG Fuji Sdn Bhdは、グループの持分法適用会社
(7) 払込期日 2024年3月1日(予定)
(8) 事業開始日 2026年4月1日(予定)

食品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

食品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、食品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

不二製油グループ本社に関連するM&Aニュース

不二製油グループ本社、インド子会社3F FUJI FOODS PRIVATE LIMITEDの株式を譲渡

不二製油グループ本社株式会社(2607)は、非連結子会社である3FFUJIFOODSPRIVATELIMITED(インド・テランガーナ州)の発行済み株式のうち、不二製油グループ本社及び完全子会社のFUJIOILASIAPTE.LTD.の保有する全株式について、IFFCOSINGAPOREPTE.LTD.(シンガポール)及びIFFCO(S.E.A)SDNBHD.(マレーシア・クアラルンプール)に譲渡

丸大食品(2288)、不二製油グループ本社(2607)の子会社で「神戸プリン」や「らくらくホイップ」販売のトーラクの全株式取得

丸大食品株式会社(2288)は、不二製油グループ本社株式会社(2607)との間で、不二製油グループの連結子会社であるトーラク株式会社(兵庫県神戸市)の発行済株式の全てを取得する株式譲渡契約を締結した。取得価額は1,200百万円、トーラクは不二製油グループ本社の連結子会社に該当しなくなる。丸大食品は、ハム・ソーセージ、調理加工食品の製造・販売、食肉の加工・販売、保険代行事業等を行っている。トーラクは

不二製油グループ本社(2607)、米国の業務用チョコレートメーカーBlommer社を買収

不二製油グループ本社(2607)は、BlommerChocolateCompany(米国・イリノイ州、Blommer社)を存続会社として、不二製油グループ本社子会社AztecSubInc.(米国・デラウェア州)との合併を行うことで、Blommer社を完全子会社化することを決定した。取得価額は約848億円。本件では現金を対価とする逆三角合併方式を活用する。不二製油グループは、中期経営計画において、チ

不二製油グループ本社(2607)、業務用チョコレート製造販売するマレーシア企業の株式取得へ

不二製油グループ本社(2607)の子会社であるFUJIOILASIAPTE.LTD.(シンガポール)はGUANCHONGBHD.社(マレーシア)と、同社子会社のGCBSPECIALTYCHOCOLATESSDN.BHD.社(同国)の発行済株式の70%を取得することに合意した。不二製油グループは、アジア市場を重点にチョコレート用油脂事業とチョコレート用油脂を使用したコンパウンドチョコレート事業で世界

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・合弁企業の設立」に関連するコラム

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード