M&Aニュース

事業承継セミナー

ファイズホールディングス、連結子会社間で吸収合併へ

更新日:

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、連結子会社間の吸収合併を決定した。

ファイズトランスポートサービス株式会社(大阪府大阪市)を存続会社、株式会社中央運輸(神奈川県厚木市)を消滅会社とする吸収合併方式。

ファイズホールディングスは、オペレーションサービス、トランスポートサービス、人材紹介サービス、システムコンサルティングサービス、国際物流サービス等の事業を行う。

ファイズトランスポートサービスおよび中央運輸は、両社ともに一般貨物自動車運送事業を行っている。

ファイズホールディングスは、グループにおいて、トラックドライバーの残業時間上限が規制される「2024年問題」に備えるべく、吸収合併を行うとした。

本合併により、経営資源を集中し業務の効率化を図る。また、配車プラットフォーム事業による輸送ルートの効率化と組み合わせ、労働時間の短縮に取組み、トラックドライバーの労働環境を整備していく。

・今後の予定 合併効力発生日(合併期日) 2023年10月1日

ファイズホールディングスに関連するM&Aニュース

ファイズホールディングス、登録型一般労働者派遣事業のファインドオンを買収

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、2024年2月1日開催の取締役会において、株式会社ファインドオン(東京都千代田区)の株式を取得し、子会社化することを決議した。ファイズグループは、サードパーティーロジスティクス(荷主が第三者であるロジスティクス業者に対し、物流業務全般を一括して委託すること)をはじめとするECソリューションを包括的に提供する企業グループ。ファインドオンは、主に登録型の

丸和運輸機関、ファイズHDへ対しTOB

株式会社丸和運輸機関(9090)は、ファイズホールディングス株式会社(9325)の株式公開買い付けと、資本業務提携契約を決定した。買付け等の価格は、普通株式1株につき670円。丸和運輸機関は、サードパーティ・ロジスティクス(3PL)事業、ロジスティクスコンサルティング事業、運輸事業、オンデマンド、文書保管事業など事業を展開している。ファイズHDは、グループおいて、ECソリューションサービス事業を展

ファイズHD、システム開発事業の日本システムクリエイト株式取得、子会社化へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、日本システムクリエイト株式会社(東京都大田区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、178百万円。議決権所有割合は、60.0%となる。ファイズHDは、サードパーティーロジスティクスをはじめとするECソリューションを包括的に提供する企業グループ。日本システムクリエイトは、情報通信・金融分野を中心としたコンピュータシステムの開発などを行

ファイズHD、物流事業を展開するブリリアントトランスポートの株式取得、子会社化へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、ブリリアントトランスポート株式会社(東京都渋谷区)による第三者割当増資引き受けにより株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、18百万円。議決権所有割合は、51.0%となる。ファイズHD、ホールディングスカンパニー業務および人材紹介業を行っている。ブリリアントトランスポートは、日中間ネットワーク、通関取扱業務、配送業務、物流提案を事業とし

ファイズHD、貨物自動車運送業等を行う中央運輸の全株式取得へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、中央運輸株式会社(神奈川県厚木市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、90百万円。ファイズHDは、ホールディングスカンパニー業務(グループ管理本部)および人材紹介業を展開している。中央運輸は、一般貨物自動車運送業、特別積合せ貨物自動車運送業、倉庫業、産業廃棄物収集運搬業を行っている。本件M&Aにより、ファイズHDは、グループのロ

この記事に関連するタグ

「吸収合併・合併・子会社・連結・物流業界」に関連するコラム

合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A全般
合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A(MergersandAcquisitions)は企業の合併・買収のことであり、「Mergers」が今回ご紹介する合併を指します。本記事では合併の概要や買収との違い、メリット・デメリット、必要な手続きなどについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合併とは合併とは

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年5月の公表M&A件数は10件2024年5月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年5月(8件)と2件の増加になった。戦略の中心が「企業買収」へ先月に続きセンコーホールディングスが単月で2件の買収を実施。(2024年1月~5月で5件目)独特の戦略で同業の買収に限らず異業種の譲り受けを加速させている印象だ。今後も既存事業の拡充、新規事業の開拓

2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年4月の公表M&A件数は11件2024年4月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は11件であった。2023年4月(10件)と昨年比では1件の増加になった。2024年問題からみる物流・運送業界M&A4月からトラックドライバーの時間外労働時間上限規制が開始となり、2019年の法改正以降、数年かけて取り組んできた荷主企業との運賃交渉やドライバーの確保、中継拠点の新設など

2024年3月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年3月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年3月の公表M&A件数は10件2024年3月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年3月(7件)と昨年比では3件の増加になった。物流M&Aトピックを考察3月で大きく印象に残っているのはAZ-COM丸和ホールディングスが、C&FホールディングスにTOB(株式公開買い付け)を実施し子会社化を目指すと発表した事例ではないだろうか。アマゾンジャパン

「吸収合併・合併・子会社・連結・物流業界」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード