グローバルインフォメーションの100%子会社、LPWA 通信規格「ZETA」関連製品を取り扱うテクサーと資本業務提携へ

株式会社グローバルインフォメーション(4171)の100%子会社である株式会社ギブテック(神奈川県川崎市)は、株式会社テクサー(東京都港区)とテクサーを割当先とする第三者割当による新株の発行を含む資本業務提携契約を締結した。
ギブテックは、テクサーを割当先とする第三者割当による譲渡制限株式30株(増資後の発行済株式総数に対する所有割合 4.76%)を1,500,000円にて発行する予定。

グローバルインフォメーションは、市場調査レポートの販売、委託調査の受託、年間契約型情報サービスの販売、会議展示会の代理販売を行っている。

ギブテックは、LPWA通信規格の一つである「ZETA」を用いたLPWAネットワーク機器の製造・販売ならびにIoTシステムの導入・運用支援を行っている。

テクサーは、インドア・ナビゲーション応用システムの開発と販売、低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)応用システムの開発と販売、スマート・センサエッジ・システムの開発と販売事業を展開している。

本提携により、ギブテックは、テクサーとギブテックが開発および製造を行う基地局、中継器、センサー類をはじめとする「ZETA」関連製品の販売活動を行う。

・今後のスケジュール
払込日 2021年7月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。