GFA、不動産投資事業を展開し「WARASHIBE」を開発・運用するSATASと資本業務提携へ

GFA株式会社(8783)は、株式会社SATAS(東京都港区)との間で資本・業務提携契約の締結を決定した。

證券・投資・その他金融業界のM&A

GFAは、ファイナンシャルアドバイザリー事業、不動産投融資事業を展開している。

SATASは、創業以来、不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開し、オリジナルブランド「ゆうゆう倶楽部」の販売・運用を行っている。また、インターネットを活用した不動産小口化投資商品を再設計し、不動産投資をより多くの顧客に向けた『WARASHIBE』の運用を開始、提供している。

本提携により、GFAは、更なる不動産投融資事業の拡大とグループ各社の事業拡大を図る。

・今後のスケジュール
資本業務提携契約締結日 2020年10月末日
株式譲渡実行日 2020年10月末日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。