DIC(4631)と太陽ホールディングス(4626)、資本・業務提携

DIC(4631)は、太陽ホールディングス(4626)との間で資本業務提携契約を締結した。
DICは、太陽HDが発行する新株式1,312,600株と処分する自己株式4,304,700株を合算した、普通株式5,617,300株を第三者割当により引き受ける。取得価額は24,873百万円。
議決権所有割合は19.50%となり、太陽HDはDICの持分法適用会社となる。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

DICは、エレクトロニクス市場における既存製品の拡販と製品の効率的な開発を実現するため、市場ニーズの把握やマーケティング力の強化を目的に、川下の加工分野に強みを有する企業との提携を検討してきた。

太陽HDは、プリント配線板用部材を始めとする電子部品・半導体用化学品関連の事業を行っている。

本件M&Aにより、DICおよび太陽HDは、DICが培った基盤技術をベースとした素材開発力と、太陽HDが有するプリント配線板およびソルダーレジストのサプライチェーンを活用したマーケティング力を結集し、グローバル規模での両社事業の更なる発展を図る。

●今後のスケジュール
第三者割当の払込期日 平成29年2月10日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。