M&Aニュース

大和ハウス工業(1925)、米国の戸建住宅開発 スタンレー・マーチン社を子会社化

大和ハウス工業(1925)の完全子会社であるDaiwa House USA Inc.は、米国において戸建住宅事業を行うStanley-Martin Communities, LLC(バージニア州、スタンレー・マーチン社)の持分を取得し、子会社化することを決定し、持分譲渡契約を締結した。
取得価額は約263億円(フィー込)。議決権所有割合は82.0%となる。
本件により、スタンレー・マーチン社の完全子会社であるNeighborhoods Capital, LLC(ネイバーフッド社)は大和ハウス工業の特定子会社となる。

戸建住宅建設業界のM&A

大和ハウス工業グループは、戸建住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業施設、事業施設といった生活基盤産業への総合的な事業を展開している。

スタンレー・マーチン社は、バージニア州を中心に米国東部地域を主な拠点として、戸建住宅の開発・販売を50年にわたり手掛けている。
ネイバーフッド社は、戸建住宅の設計、マーケティング、建設および販売事業を行っている。

本件により、大和ハウス工業グループは、スタンレー・マーチン社の現地事業のさらなる発展を目指すとともに、スタンレー・マーチン社の米国での戸建住宅事業のノウハウを習得し、米国における事業拡大の加速化を図る。

●今後のスケジュール
持分譲渡実行日 平成28年12月

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

大和ハウス工業グループ若松梱包運輸倉庫、飛高運送より運送事業承継に関する吸収分割契約を締結

大和ハウス工業株式会社(1925)のグループ若松梱包運輸倉庫株式会社(石川県白山市)の完全子会社である若松運送株式会社(石川県白山市)は、飛高運送株式会社(岐阜県高山市)と運送事業の承継に関する吸収分割契約を締結した。本件において、若松運送は「飛高運送株式会社」に、飛高運送は「株式会社ヒダカ」に商号変更を行う。大和ハウス工業は、建築事業、都市開発事業、海外事業(不動産開発事業)、環境エネルギー事業

大和ハウス工業(1925)、米国で戸建住宅事業を行うEssex Homes Southeast, Inc.から事業を譲受け

大和ハウス工業株式会社(1925)傘下のStanley-MartinCommunities,LLC(米国バージニア州、スタンレー・マーチン社)は、米国で戸建住宅事業を行うEssexHomesSoutheast,Inc.及びその関係会社(米国サウスカロライナ州、エセックス社)と事業譲渡契約を締結し、エセックス社のノースカロライナ州、サウスカロライナ州における事業を譲り受けることを決定した。大和ハウス

大和ハウス工業(1925)グループの大和リビングケア、ライフコンプリートの介護事業を承継

大和ハウス工業株式会社(1925)グループの大和リビングマネジメントの子会社である大和リビングケア株式会社は、株式会社ライフコンプリート(佐賀県佐賀市)及び株式会社ライフコンプリート東京(東京都立川市)と介護事業を承継する吸収分割契約を締結し、2020年1月1日より介護事業を開始した。事業開始後も現在ライフコンプリート及びライフコンプリート東京と契約している利用者・入居者・取引先との契約内容に変更

大和ハウス工業(1925)、4温度帯共同配送システム保有の北陸物流会社・若松梱包グループの株式取得、連結子会社化

大和ハウス工業(1925)は、若松梱包運輸倉庫株式会社、株式会社ジャストロジスティクス、日本物流マネジメント株式会社および若松運輸株式会社(4社を総称して、若松梱包グループ)の株式を取得し、連結子会社化した。大和ハウス工業は、物流施設を3,000棟以上開発してきた。2002年以降は、設計・施工にとどまらず、物流最適地の提案から維持管理に至るまで、顧客の事業スキームにあわせた専用の物流施設をコーディ

⼤和ハウス⼯業(1925)グループ、現地企業よりジョージア州並びにサウスカロライナ州における⼾建住宅事業を譲り受け

⼤和ハウス⼯業(1925)は、グループ会社であるStanley-MartinCommunities,LLC(米国・バージニア州、スタンレー・マーチン社)が、⽶国のFDCommunities,LLC(米国・ジョージア州、フロントドア社)と事業譲渡契約を締結し、フロントドア社のジョージア州アトランタ並びにサウスカロライナ州チャールストンにおける事業を譲り受けることを決定した。⼤和ハウス⼯業グループは、

大和ハウス工業(1925)、豪州の戸建住宅建設会社Rawson Group Pty Ltd.の全株式取得

大和ハウス工業(1925)は、完全子会社であるダイワハウスオーストラリアを通じて、RawsonGroupPtyLtd.(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、ローソングループ)の全株式を取得することを決定した。大和ハウス工業グループは、安定成長が見込める米国や豪州等や、中長期的な成長が見込めるASEANを重点投資エリアとして海外事業を推進している。ローソングループは、戸建住宅建設及び土地開発事

大和ハウス工業(1925)、グループのSCS ホールディングスがアッカ・インターナショナルの株式を取得

大和ハウス工業(1925)は、グループ会社であるSCSホールディングス株式会社を通じて株式会社アッカ・インターナショナルの発行済株式の全てを取得し、グループ会社(孫会社)とすることを決定した。大和ハウスグループは、全国各地に物流拠点を有する。アッカ・インターナショナルは、eコマースサイトのフルフィルメントサポート事業を行っている。SCS社は、アッカ社とシナジーが見込まれる物流システム構築及び物流コ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード