M&Aニュース

メディア工房(3815)、連結子会社ルイスファクトリーが、エクスクウェイドよりソーシャルゲームのセカンダリー事業を譲受け

メディア工房(3815)は、連結子会社である株式会社ルイスファクトリー(東京都港区)が、株式会社エクスクウェイド(東京都豊島区)よりソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受けることを決定した。譲受価額は、1億1千万円。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

メディア工房はゲーム事業部において、OBOKAID’EMブランドのもと、グローバル向けにカジュアルゲームを展開するとともに、子会社である株式会社ブルークエストにおいて海外ゲームの輸入および国内パブリッシングを行ってきた。

エクスクウェイドは、主にソーシャルゲーム市場におけるセカンダリー事業を主に展開しており、「百神」や「Dragon’s Shadow」など、国内課金型ゲームでヒットしたゲームを受託運営している。

本件により、メディア工房は、エクスクウェイドのセカンダリー事業をルイスファクトリーにおいて展開し、ゲーム事業の収益基盤の安定化を図る。

●今後のスケジュール
事業譲受日 平成28年9月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。