M&Aニュース

ダイヤモンドダイニング(3073)、ゼットン(3057)株式を公開買付け

ダイヤモンドダイニング(3073)取締役会は、ゼットン(3057)の普通株式を公開買付け(TOB)により新たに取得すること、およびダイヤモンドダイニングとゼットンとの間で資本業務提携契約を締結することを決定した。ダイヤモンドダイニングは、ゼットンを持分法適用関連会社化することを企図しているが、本公開買付け後もゼットンの名証セントレックス市場における上場は維持される予定。買付け比率は下限を40.00%、上限を42.00%に設けている。

ゼットン取締役会は本公開買付けに賛同の意見を表明している。

ゼットンは、「アロハテーブル」などのレストランの経営、開発及びコンサルティングを行っている。
本件によりダイヤモンドダイニングは、ブランドポートフォリオの拡充、営業基盤の補完、海外進出ノウハウの獲得、国内ブライダル事業における運営ノウハウおよび人材の獲得、季節的な変動要因の緩和などのシナジーの創出を図る。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成28年7月19日から平成28年8月25日

飲食店業界のM&A・事業承継の動向はこちら

DDホールディングス・ゼットンに関連するM&Aニュース

アダストリア、ゼットンを連結子会社化

株式会社アダストリア(2685)は、株式会社ゼットン(3057)が実施する第三者割当増資の引受けを行うこと、ならびに本取引に係る諸条件について定めた資本業務提携契約を締結することを決定した。本件に伴い、アダストリアは、ゼットンの議決権の40%から過半数を取得、ゼットンを連結子会社とする。本第三者割当増資において、払込価格は1株につき797円。本公開買付価格は、普通株式1株あたり950円。応募株券等

DDホールディングス(3073)の連結子会社ゼットン(3057)、エルフラットより結婚式場「YOKKAICHI HARBOR尾上別荘」を事業譲受

株式会社DDホールディングス(3073)の連結子会社である株式会社ゼットン(3057)は、株式会社エルフラットの事業のうち、結婚式場「YOKKAICHIHARBOR尾上別荘」における事業を譲り受けることを決議し、事業譲渡契約を締結した。DDホールディングスグループは、居酒屋・レストラン・ウエディング事業等の飲食事業およびアミューズメント事業の経営・企画・運営を行っている。ゼットンは、DDホールディ

DDホールディングス(3073)、「8HOTEL」ホテル運営の湘南レーベルの株式取得、子会社化

DDホールディングス(3073)は、湘南レーベル株式会社(神奈川県藤沢市)の株式取得について決定した。議決権所有割合は、90.1%となる。DDホールディングスは、湘南レーベル社が運営する資産を保有する合同会社サニーサイドインの全持分取得による両社の連結子会社化、並びに湘南ファンド第1号特定目的会社の優先出資証券取得についても決定した。DDホールディングスは、国内飲食事業を主力事業と位置付け、様々な

DDホールディングス(3073)、エスエルディー(3223)株式を公開買付け(TOB)

DDホールディングス(3073)は、エスエルディー(3223)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得すること及び両社間で資本業務提携契約を締結することを決定した。エスエルディー取締役会は本件TOBに賛同の意見を表明している。買付価格は1株1,130円。DDHDは、買付予定数の下限を576,000株としてとしており、応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、

ダイヤモンドダイニング(3073)、飲食店、ブライダル施設運営の商業藝術を完全子会社化

ダイヤモンドダイニング(3073)は、株式会社商業藝術(東京都渋谷区)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は1,800百万円。商業藝術は、カフェ「chano-ma」や和食店「茶茶」など様々な業態の飲食店やゲストハウスウェディング「CASAFELIZ」等のを全国で展開している。現在、国内において、飲食直営店舗80店舗、結婚式場1店舗、美容室2店舗の合計83店舗を運営してい

この記事に関連するタグ

「TOB・資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

M&A全般
TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

近年、ニトリホールディングスの島忠に対するTOB(2020年)、NTTのNTTドコモに対するTOB(2020年)など企業買収のニュースで「TOB」という言葉を耳にする機会が増えています。本記事では「TOBとは一体何か」「どういう時に用いられるのか」というTOBの概要から、買収側、対象企業側それぞれの視点によるメリット・デメリット、国内で行われた事例をわかりやすく解説していきます。(記事最終更新日:

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード