新日鐵住金(5401)、日鉄住金テックスエンジ(1819)および鈴木金属工業(5657)を株式交換により完全子会社化

新日鐵住金株式会社(5401)と日鉄住金テックスエンジ株式会社(1819)は、新日鐵住金を株式交換完全親会社、日鉄住金テックスエンジを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式交換契約を締結することを決定した。

鉄鋼・金属製品製造業界のM&A


本株式交換の効力発生日に先立ち、日鉄住金テックスエンジの普通株式は株式会社東京証券取引所市場第一部において平成27年7月29日に上場廃止(最終売買日は平成27年7月28日)となる予定。日鉄住金テックスエンジの普通株式1株に対して、新日鐵住金の普通株式2.10株を割当て交付する。

新日鐵住金は、設備技術・保全分野における中核子会社である日鉄住金テックスエンジとの関係を、技術と人の両面で一層強固にする。
また新日鐵住金と鈴木金属工業株式会社(5657)は、新日鐵住金を株式交換完全親会社、鈴木金属工業を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定した。
本株式交換の効力発生日に先立ち、鈴木金属工業の普通株式は株式会社東京証券取引所市場第二部において平成27年8月27日に上場廃止(最終売買日は平成27年8月26日)となる予定。鈴木金属工業の普通株式1株に対して、新日鐵住金の普通株式1.10株を割当て交付する。

新日鐵住金は、鈴木金属工業との連携による一貫した技術・商品開発、品質の造込み、コスト削減や両社にまたがる安定したサプライチェーンの強化・拡充等の取り組みを加速する。

●今後のスケジュール
(新日鐵住金と日鉄住金テックスエンジ)
本株式交換契約締結日 平成27年5月1日
本株式交換の予定日(効力発生日) 平成27年8月1日

(新日鐵住金と鈴木金属工業)
本株式交換契約締結日 平成27年5月1日
本株式交換の予定日(効力発生日) 平成27年9月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。