M&Aニュース

ALBERT(3906)、エヴィクサーと業務・資本提携

株式会社ALBERT(3906)は、ACR(自動コンテンツ認識)技術を活用した各種ソリューションを提供するエヴィクサー株式会社(東京都中央区)との間で、業務・資本提携契約の締結を行うことを決定した。取得価額は5,000万円で、所有議決権割合は6.0%となる。

ALBERTは、ビッグデータ分析によるマーケティングソリューション事業等を行っている。

ALBERTは、テレビやラジオの放送データ及び、映画、デジタルサイネージなどのオフラインコンテンツと、スマートフォンを中心とするモバイルデバイスの接触データを統合するエヴィクサーの技術と、ALBERTのプライベートDMP構築を請負う統合的サービス「smarticA!DMP」を連携し、企業と消費者のオムニチャネルコミュニケーションの最適化を実現する。

●今後のスケジュール
払込期日:平成27年3月31日
事業開始日:平成27年4月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。